スタッフブログ|ローバーミニ専門店キャメルオート

東京都八王子市にあるローバーミニ専門店のスタッフブログ。ほぼ毎日更新。記事数6,000超え。お客様のミニの整備状況を担当スタッフが丁寧に説明。キャメルならではのパーツ・グッズ情報もアップデート。さらに「Super Battle of MINI」や「MINIの運動会」の模様もお伝えします。

32fes(8/27)キャメルオートが参加します。

ワークスAT 富士のチャレンジオイルは超低粘度『0W30』 & カチカチ君で剛性アップ

曽根です。


前回のスタッフミニディが1週間遅れだったんで、連チャンのミニディなわたし。。

CIMG0155

富士スピードウェイで開催の32Fesが5日後。。

ワークスATはインジェクションのレースクラスに参戦します。

CIMG0693

なので今日のメニューは 点検のおさらいと

まだやってなかったオイル交換

タイヤをR7から勝負タイヤ!の048へ。。。

カチカチ君取り付け・・・

CIMG0683

隣はオイルクーラー取り付けの ジョン山田号。。

今日もリフト使わせていただきます。

なので石川号は今日も露天ガレージ

CIMG0684

先週やったリヤスタビ周り の再点検や 

CIMG0694

その前に付けたストックマンプラスさんのマフラー周りも再点検。。




オイル交換します。

CIMG0685

今入ってるオイルは、5月末に交換した三和アッシュ100%エステルの黒缶15W50で

6月18日のTBCC  と 7月12日の本庄サーキット

通勤も含めて約2000㎞走行しました。


CIMG0167

何か異物が出てこないか茶こしで受けます。


CIMG0175

よかった。。何も引っかかりませんでした。。。




しかし・・・

CIMG0169

摩耗粉は多め。。

超過酷な中でオートマをテストするのが目的でサーキット走行してますから

まぁこのくらいは納得です。


CIMG0692

ドレンボルトに付着する鉄粉は1次摩耗粉で、この摩耗粉が混じったオイル全量がPECSを通過します。

そこですべての鉄粉を吸着してきれいなオイルがオートマやエンジンに供給されるので2次摩耗は防いでくれてます。


ということはPECSには多めな摩耗粉が付いてそうなのでPECSの掃除もします。


BlogPaint

フィルターを取り外しました。

赤丸のプラスネジは本来リリーフバルブが付いてるところですが

PECSの通過抵抗が少ないという証明するために2年前からリリーフバルブを塞いで

すべてのオイルをPECSに通すようにしてテスト中です。


まったーマン1ss

ノーマルの紙フィルターで、硬いオイルを使用したり暖気が足りなかったりすると

紙フィルターの通過抵抗の大きさに負けてリリーフバルブを開いて

フィルターを通らない摩耗粉だらけのオイルがエンジンに回ることになりますが

いつリリーフバルブが開いたのかは誰も気づくことはできません・・・

PECSは通過抵抗が少なくリリーフバルブが開くことはなく、それでほぼ100%の鉄粉を吸着することができます


BlogPaint

フィルターケースからPECSを取り出しました。

CIMG0187

PECSに入る前のメッシュを通らない大きさの金属粉が引っかかってました。

オイルポンプの吸い口にもメッシュフィルターがあるので、このように大き目な破片や摩擦材などは

そこで堰き止められます。

BlogPaint

前回掃除してから約3000㎞でこのくらいの摩耗粉が付着するので

ワークスATのようなハードな使い方だと、6000㎞~10000㎞ごとの清掃が必要です。



PECS装着されてる皆様へ・・・

このようにドレンに付着する摩耗粉の量でPECSの清掃時期がわかります。

ドレンボルトのチェックは必ず行ってください。

標準的なドレンの摩耗粉だったら2万km位で清掃すれば大丈夫です。

CIMG0191

清掃は分解しないで大まかに拭き取ります。

BlogPaint

このくらいになればOK。。

BlogPaint

硬度82hsのオリジナルフィルターパッキンを組んで・・・


CIMG0194

規定トルクの19Nmで締め付け、取り付け完了。。。


PECSの説明に熱が入りすぎて話が長くなってすみません。。




CIMG0199

さて、今日の本題はこのオイル。。。

BlogPaint

おそらくオートマMINIでは初の 0W30かなぁ・・

ワコーズの4CR レーシングスペックオイル。

プロステージやトリプルRが厚くて柔らかい油膜なのに対して、

4CRは薄くて硬い油膜で特に低フリクションを目指してるオイルです。

CIMG0259

4種類のバリエーションで一番柔らかいヤツです。。

今年3月から使用したCDXの10W30は100%エステルのレーシングスペックでしたが

サーキットを4回走りましたが油温、油圧ともに良好でした。

油温が上がると粘度が下がる → 高粘度のオイルにというのが一般的なんですが

粘度が上がるとフリクションも増えてオイル自ら発熱してしまうので

粘度を下げて油温を抑えるという考え方の究極です。

何も真夏のFISCOで 『0W30』 にしなくても・・・・・ というご意見はごもっともです(笑)

実験は極端な例の方がわかり易いと思ってのチョイスです。


※ 30番オイルは最近主流の省エネ型と、4輪専用は選んじゃダメですよ。

CIMG0204

エステルによる清浄作用と電着被膜と摩擦軽減のSOD-1は10%濃度で入れます。

ブレーキバンドやクラッチ板の密着力も高めてくれるのでオートマにもイイ。

7月からバージョンアップしたSOD-1は柔らかくなって低粘度オイルにも対応してくれてます。







CIMG0212

で、早速試乗しました。。

CIMG0213

今までのオイルが硬めな15W50だったこともあって、

柔らかくなってフリクションが少ない分軽く回ります。



CIMG0217

走行後 ギヤはニュートラル 

油温85℃でエンジン油圧1.9kg   



CIMG0215

ギヤをドライブに入れると、オートマ機構に油圧をもっていかれます・・

CIMG0214

オートマに掛かってる油圧は右の大きなメーターで約6kg

ここの基準油圧は1000rpmで5.3kg以上なのでOK。

エンジン油圧は1.3kgに下がりました

高温時はギヤを入れてのアイドリングでは注意が必要ですね。










さて、本日の次のメニューは

CIMG0220

これ。

CIMG0238

カチカチ君

『0.5mm厚のSUSバネ鋼に熱処理を施すことで強力な圧着力を実現

ドア開口部やハッチ開口部の周囲を挟み込むことで、スポット増しやリベット打ちと同等のボディー剛性を得られる・・・・ 』

らしいです。


先日、オイル交換に来たTRI様はすでに試してて、『すごく硬くなったよ』 って言ってました。

CIMG0219

早速 取り付けてみます。

CIMG0225

何枚もの紙を綴じる時に使う文具のガチャ玉を大きく、強力にしたような感じ・・

CIMG0719

プラスチックハンマーで軽く叩いて打ち込みます。


CIMG0223

スポット溶接の間を埋めるように挟んでみました。

CIMG0237

片側で約130個使いました。 

前側と上に入れるときに身体の体勢がきついけど作業そのものは簡単です。




すでにシャシブレースでフロアの強度アップしてるので剛性は高いほうなのですが

更に硬くしようとしたのは・・・・・

CIMG0726

先月の本庄サーキットから履き始めたSタイヤ

CIMG0250

今までのR7からグリップのいいA048に替えると剛性が必要だ・・・・・って

BlogPaint

今月号のストミニの59ページに

BlogPaint

SBoM2戦で、R7からA048に替えて3秒も縮めちゃった廣江さんが書いてました。

カチカチ君で剛性アップするのか・・・・   

そしてSタイヤの性能を更に活かす事ができるのか。

そりゃぁ、ドライバーの腕でしょ って声が聞こえてきそうですが・・。


CIMG0251

Sタイヤの仕上げはもちろん 窒素+セラミックエアー

一度入れたら止められません。。


CIMG0254

これで今日のスタッフミニディのメニューおしまい。



そして、

CIMG0263

真夜中の首都高速環状線を1周してきました。。


CIMG0265

カチカチ君! 効いてます。 

先月の本庄サーキットではアンダー強めでSタイヤって乗りにくいかも・・って思いましたが、

運転しやすくなりました。

アクセルのON OFFでの前後の荷重移動がスムーズになったって感じなんでしょうかねぇ・・。

8月27日の32Fes インジェクションレースクラス どうなるか・・お楽しみに。




にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002


8月第4火曜日のジョン、早くしないと涼しくなりそう、今日こそは付けたいなぁ・・・


CIMG0688

8月2回目のミニデイがやってきました。

今日もオイルクーラーの続きです。

取り付けに苦戦中のオイルクーラー、本当に付けられるのだろうか・・・


DSCN8714

もう8月も終盤でしょう。

早くしないと、付いた頃には涼しくなってしまいますよ !

何か焦ってしまうけど、恒例のグリスアップは忘れないようにしないと。


DSCN8715

DSCN8716

さて、前回開けたホースを通すための穴、これでは小さくてうまくホースが

通せませんでした。 もっと穴を広げなければなりません !


DSCN8717

邪魔になりそうなバンパー、外します・・・


DSCN8718

どうやって穴を広げようか考えたけど、やっぱりベルトサンダーでですかねぇ。

これしか方法が思い浮かびませんでした・・・


DSCN8722

DSCN8720

通してみては、削っての繰り返し・・・


CIMG0165

付けられるか分からないのに、どんどん穴が大きくなってしまって・・・

だんだん不安になってきました・・・


CIMG0240

おっ、ついにホースが通る? これならコアが付きそうだぞ !


DSCN8719

コアが付きそうになった頃には、穴もこんなに大きくなってしまって・・・


CIMG0241

ここまできて、ようやくホースの長さが足りるか点検できるようになるなんて。

足りなかったら、穴まで開けてしまったのに全てが終わります・・・


DSCN8728

予定では足りるはずのホース、右と左のホースを入れ替えたり

取り回しを変えたりして、とりあえず足りることが分かりました。

足りるなら、コアは固定してしまおうかな !


DSCN8729

一時はどうなることかと思いましたが、何とか付きそうなので一安心。


DSCN8730

再びこの位置に、コアが付きました。  うーん、満足 !


DSCN8731

DSCN8732

このホースなら、オイルが漏れてしまうことも無いでしょう。


DSCN8733

エンジンを始動し、しばらくアイドリングさせたけどオイルは漏れてきませんね。


DSCN8734

DSCN8735

それでは、外したバンパーとナンバーを戻しますか !


DSCN8736

横から見ると、ナンバーにオイルクーラーが隠れて良い感じ !

思わずニヤケちゃいそうです。


CIMG0253

後は試乗かぁ。

試乗で漏れてしまったら、今日は乗って帰れませんからね。

あの時の悪夢が甦り、ちょっとドキドキ・・・


DSCN8737

試乗後も、今のところはオイルは漏れてませんでした !


DSCN8738

ただやっぱり不安で、あまりエンジンを回せなかったんですよねぇ・・・


DSCN8739

サーキットを走るみたいにエンジンを回さないと、大丈夫とは言えませんよね。

今日の帰りに、家の近くまで行ったら回してみようかな !

家の近くなら何とかなりそうだし。


DSCN8740

オイルが漏れないことが分かるまではとりあえずですが、

ついにオイルクーラーが付きました !  長かった・・・



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002



8月の第4火曜日 いしかわ号 ドライブの時は会話も大事。

( ´ー‘)ゞ 今年の残暑はどうざんしょ?暑いの苦手な石川です。

今年の夏はお陰様で何十年かぶりに九十九里行ってハマグリ食べて岩下の新生姜ミュージアムで遊んでとなかなかの満喫ぶりでした♪

その楽しいドライブの為に前回メンテに終始したいしかわ号ですが、夏のドライブで思いもよらない緊急課題発生っっ!


BlogPaint


「ドライブは楽しいけど・・・あのミニうるさすぎね?」

へっ?そうですか?


CIMG0650


「俺の歌を聴いてくれっ!」


CIMG0654


「じゃー十八番のアレを。」


CIMG0656


「魂の叫びぃぃぃー」


CIMG0657


webさとー君1等賞。
車検不適合(笑)

っと久しぶりにデジタル騒音計を引っ張り出してきました。

音の単位はデシベル(dB)
難しい事は各自で調べてください(笑)

目安としてはこんな感じ。
db


さとー君は聴力機能に障害が出るレベル。
ちなみに車検での排気音は103dB以下。
表によると「会話はほどんど不可能できわめてうるさく感じる」レベルの中くらいです。


CIMG0658


ではいしかわ号を計ってみましょう。


CIMG0661


まずはアイドリング。


CIMG0662


ギリギリ大声で1mの範囲で会話は出来るがうるさく感じるレベル。
まぁミニの車内なら300mm位なので会話は大丈夫・・・のはず。


CIMG0664


次は車検さながら4200rpmまで回して5秒間キープ。
その後アクセルオフ。

A特性FASTで測ります。


CIMG0665


「会話はほどんど不可能できわめてうるさく感じる」レベルの中(汗)
車検には通るけど騒々しいのには変わりないですね・・・

まぁしかしそれは排気音の話。
今回問題になったのは「60km/hで流して走っている時に会話が出来ない」とクレームが・・・


CIMG0676


っと言う訳でこんな感じにセットして走ってみます(`・ω・´)ゞ


CIMG0677


前回付けた肘掛けが楽チン。けど若干邪魔(´;ω;`)


CIMG0678


いつもの走り方を忠実に再現。


CIMG0681


97.9dB
会話はほどんど不可能できわめてうるさく感じるレベルの人の声だと怒鳴り声レベル。

普段は一人で乗っているので気にしませんでしたが、そりゃうるさいと言われますよね(汗)


CIMG0683


では、何か対策を。。。
ワークスにーさんは32fesの準備。
ジョンにーさんはいよいよのオイルクーラー取付。。。ピットは埋まっていますね~


CIMG0689


本館(旧ピット)の方はTK様の赤いミニコーティング真っ最中。
綺麗にしてくださいねー♪


CIMG0690


っと言う訳でリフトを使わないで車内の防音をするぞ!


CIMG0691


これはその名も「フロアー消音材」
今いしかわ号が直面している問題を解決してくれるに違いないですヽ( ´ー`)ノ


CIMG0695


外は暑いですがペンキ屋さんも頑張っているので石川も頑張ります。


CIMG0696


今こんな感じ・・・
シートとかも付けた方が静かになりそうですね^^


CIMG0698


倉庫の奥にツッコミっぱなしになっていたシートを引っ張り出してきます。


CIMG0700


シャーシブレースと運転席のシートレールが固定されているのがアレですがリア何となく敷けました^^


CIMG0720


リアシェルフ付ける時についでにスピーカーも増設しちゃいました(笑)
完全に重量化です♪


CIMG0721


写真を見て多分100人中100人が分かるでしょう。
そうです。カーペットは剥がした時に捨てちゃいました(汗)

これは近々なんとかしないと見た目に惨めです(´;ω;`)


CIMG0733


しかーし。この中途半端な状態でどれだけの効果があるのか知りたいのも人の常。
早速走ってみます♪


CIMG0734


ぬぅ~すんだぶぁ~いくではぁ~しりだす~♪
盗んでないですしバイクでも無いですけど。

夜の帳の中走っちゃいます。


CIMG0732


92.8dB
会話はほどんど不可能できわめてうるさく感じるレベルの人の声だと怒鳴り声レベルの下の方♪

数値で見ると-5.1dBと大した事ないようにも見えますが明らかに静かになっていますヽ( ´ー`)ノ

とあるデシベル計算だと。。。
音圧の倍率だと約0.56倍
音響パワーの倍率だと約0.32倍

だそうです。
感覚的にもかなり静かになりました(*´ー`*)b

これでカーペット敷いて天張りも何とかして。。。
静音って案外楽しい?(笑)


CIMG0738


今日は満足なので綺麗に洗車♪


CIMG0740


今週末は待ちに待った32fesですね♪
いしかわ号は不参加ですが石川は今回初参加です。

知っている人も知らない人もよろしくお願いします(`・ω・´)ゞ


あ。表には走行中の車内60dBとありますが。。。
車も色々あるので無理だとは思いますが・・・目指してみたいものですね~


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002


TMT様 前回は車検下見・・ 今回は車検本番ですy。

曽根です。


TMT様 今日は車検本番ですね。

いらっしゃいませ。


DSC09140

いきなり至近距離からのデジカメ攻撃にちょっとビックリのTMT様 (笑)

CIMG0589

このくらいの距離から撮ってよ

と、今日はちょっとオスマシのTMT様

DSC09143

そうそう、これプレゼント。。  ダイ〇ーで買ってきたよ。



欲しかったんだコレ。。!!

DSC09147

常設されたミニモニMINIの夜間照明にピッタリなのです。。

ありがとうございます。


先月、車検の下見とオイル交換終わってるので今日は即お預かりです。

CIMG0592

そうそう、前回入れたパワーエアコンレボリューション効いたよ。

体感温度 2℃ダウンって本当だね。

喜んでいただけてうれしいです。。


では、お預かりします。


では早速、車検の定番メニューの水路洗浄から始まりぃ~

BlogPaint

はい、本日も水路洗浄担当は曽根です。


DSC09185

ラジエターフラッシュ入れます。

DSC09211

セル回してエンジンスタート

DSC09212

ヒーターコック開けてヒーターコアも洗浄します。

DSC09214

ヒーターを下から覗いて漏れチェック  OKですね。


DSC09183

ミニモニとラジエターに挿す温度計で、水温の推移をチェックして

スリーチェック行います。


DSC09190

ミニモニチェック。。 前回の下見からもフォルトは拾ってませんね


DSC09195

エンジン側の水温はグングン上昇した77℃ですが、

ラジエターは36℃

サーモスタットの密閉度は優秀です。


DSC09197

88℃のサーモスタットの定格どおり 開きだしたようで

ラジエターの水温が上昇を始めました。


DSC09198

ラジエターに水が流れ込んだ分、エンジン側が87℃に下がりました。

DSC09203

ラジエターアッパータンクに勢いよく流れ込むのが見えます。。

サーモスタットの開き具合も良さそうですね。


DSC09201

ミニモニ92℃  ラジエターアッパー88℃

水温センサーの温度精度も良好でした。

* 数度エンジン側の温度が高く表示されるのが普通です。



DSC09204

96℃まで上昇したところで・・・

DSC09205

電動ファンスタート


DSC09206

そのまま回り続けて 85℃まで下がったところで

DSC09207

ストップ。

サーモスタットの開弁温度  水温センサーの温度精度 電動ファンの動作

すべてOK



DSC09220

排水しました。

水路の状態はイイですね。  

これからも定期的な洗浄で水路の健康を維持してってください。



DSC09221

ラジエター口から逆流で吸い出し

DSC09223

バイパスホースをクリップで止めてヒーターコアだけから逆流で吸いだします。



DSC09224

右がラジエター  左がヒーターコア

わずかにヒーターコアからは汚れが出てきました。

スッキリ♪(^^♪


DSC09225

クーラント入れて

DSC09226

MINIの水路には定番のクーラントブースター。。


DSC09232

リザーブタンク補充して

DSC09234

まずは水路洗浄 完了です。








つづく




にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002


KMM様、納車から二回目のOIL交換とセラミックエアーで来店です、


KMM様、親子三人で来店です、メカ 仁担当します

BlogPaint

BlogPaint

初めに灯火装置の点検、OKです、

DSCF6760

入っていたOIL量、アッパーレベルまで入っています、

DSCF6762

ガソリンの匂いほとんどないです、

DSCF6765

タペットカバーパッキンからの漏れもあるのですが、ヘッドガスケットからの
漏れも疑いたくなるようなOIL漏れの状態なので、

DSC09174

ちょっとヘッドボルトの締まり具合見てみました、しまってます、

DSCF6766

LLC補充

DSCF6776

ベルトの状態、OK、

DSCF6775

冷却水の漏れ無しです、



DSCF6785

タペットカバーパッキン交換して、まず上から垂れるのを止めてから

ヘッドからの漏れを確認することにします。

DSCF6787

タペットカバー外して、

DSCF6788

DSCF6789

新品に交換

CIMG0606

ついでにバルブクリアランスの調整と、

DSCF6791


ヘッドボルトの増し締め、

DSCF6790


DSCF6793

取り付け後エンジンパーツ、クリーナーでキレイにして、OIL交換します、


DSCF6797

DSCF6818

異物混入はありませんでした、

DSCF6820

前回PECS取り付けた効果もあり、ドレンボルトの磁石に鉄粉の付着量は少ないです、

DSCF6809

DSCF6814

各部グリスアップ、

DSCF6780

フロント右側、OK

DSCF6782

フロント左側、ドライブシャフトブーツに亀裂が入り始めてます下廻り点検

それ以外は異常無しです、

DSCF6826

ECUのチェック、NO FAULTです、各センサー数値、異常無しでした、

DSCF6846

冷却水の温度95度で

DSCF6845

電動ファン回り始めました、

DSCF6851

ヘッドガスケットからの漏れ無い様です、

DSC09256

KMM様も一緒に確認、経過観察してください、

DSCF6842

前回、セラミックエアーを充填して効果を絶賛しているKMM様、今回は、

窒素+セラミックエアーで充填をご要望、

DSC09258

ベビーカーにも入れてみたいですよね~、

KMM奥様はストミニ10月号で

DSCF6889

ガールズ オーナーとして取材されています、

BlogPaint

素敵です・・・


DSC09260

KMM様、またのご来店をお待ちしております。

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002








ブログ村ランキング
バナーをクリックして下さい。
応援宜しくお願い致します。m(__)m
にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村 MINI(ミニ)へ
32fes参加するよ!
キャメルも富士に行きます
セラミックスエアー
なぜだか上手く言えないけど、 なんか違う。 施工料:2,000円(税別)
SOD-1 plus
sod-1
レビューも次々と!
キャメルで施工できます。

SOD-1 plusのブログカテゴリ
こわれない安心オートマ
格安の陸送料で
安心オートマは全国OK!
安心オートマらくらく便
らくらく便のHPへ


らくらく便でhappyになった
MINIオーナーの記事




「安心オートマ」のHPへ


安心オートマに交換一式
498,000円(税別)
3年または3万km保証付き
※工賃込み。エンジン側の親子メタル交換・オイル・エアコンガス含む。
※保証適用には条件があります。
フリーダイヤル・お問い合わせフォーム
気軽にご相談下さい。

安心オートマの
ブログ関連記事へ


安心オートマの作業レポート
PECS絶賛発売中
効果を実感できる
磁力型オイルフィルター


画像をクリックすると
オンラインショップに移動します。

MT用PECS 96年式まで
MT用96年式まで
23,800円(税別)

MT用PECS 97年式以降
MT用97年式以降
23,800円(税別)

AT用PECS
AT用PECS
29,800円(税別)

AT用PECS コア増し大容量
AT用PECS コア増し大容量
36,800円(税別)

記事検索
店舗案内

キャメルのHPに移動します。


オートマ車は
安心オートマ」標準搭載!
オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ 合計金額30,000円以上で送料無料 このバナーをクリック
整備進行中のブログ(^^♪
カテゴリー一覧
トップに
戻る