スタッフブログ|ローバーミニ専門店キャメルオート

東京都八王子市にあるローバーミニ専門店のスタッフブログ。ほぼ毎日更新。記事数6,000超え。お客様のミニの整備状況を担当スタッフが丁寧に説明。キャメルならではのパーツ・グッズ情報もアップデート。さらに「Super Battle of MINI」や「MINIの運動会」の模様もお伝えします。

8/6 冷却経路の洗浄とLLC入れ替え ・・・・・など

曽根です。


暑いです
展示場で水遊び・・・・いや、汚れを水で流してる社長。。。

DSC06108

暑い中、ごくろうさまです。。

DSC06105








2日前に、エアコンガス漏れのチェック用蛍光剤を入れたAB様のMINIです。

DSC06109

すでにガスが漏れてコンプレッサーは入らない状態です。。
松尾が、紫外線ランプと黄色いメガネでエンジンルーム内をチェックしてます。

エンジンルーム内には漏れはないようです。。


DSC06111

とすると、室内ユニットが原因ですね。 排水から若干の蛍光剤を発見しました。
蛍光剤と一緒にいれたガスが少なかったんで、もれる蛍光剤も少なく分かりにくかったですが、室内ユニットから漏れてることは確かですね。

DSC06112

ABさんもメガネをかけて、一緒にチェック。。。

走り重視の硬派のABさん、暑い日もほとんどエアコンを使わずにその分のパワーを走りに投入!とのこと。。
エアコンの修理代はマフラーや足回りに回したいのでエアコンの修理は保留となりました。








昨日、ECUチェック&リセットしたNJ様の赤クーパー。。

DSC06113

今日は、冷却経路の洗浄とLLC入れ替えです。 ヒーターホースやマニホールドなどにつながるホースから強制的に水を入れて循環させます。

DSC06114

中から出てきた汚れた冷却水。。。 

DSC06118

もちろん、ラジエターからも入れて循環させます。

DSC06121

何回か繰り返し洗浄して、きれいになってきました。。

DSC06124

LLCを入れて、 『あーいい湯だな。。』 って感じ。。
NJさんのMINIも気持ち良さそうですねぇ。。

冷却能力も確実にアップしました。。。

一度の洗浄ではすべてきれいに落としきれないので、車検ごとくらいにやると効果的ですね。






ピットではメカニック松尾が、展示車の点検整備してました。

DSC06125

低回転時に若干のバラつきと、小さな振動が気になるとのこと。。。

DSC06126

圧縮やプラグをチェックしてました。

DSC06127

まだ新しいプラグはすべて焼け具合はGOODです。
小さな振動の原因は今後の整備に持ち越し。。。

手が空いた時は、展示車の点検整備と、忙しい松尾でした。





mini_red_sofficial HPはコチラから→→http://www.camel-auto.co.jp/mini_red_s


8/5 納車 エアコンカットとECU・・・など

曽根です


NJ様の赤いクーパー4速です。

DSC06064


● 信号待ちのアイドル時に、エンジンが3000回転くらい上がって、数秒後に戻った。。
● その前の前兆で、カチカチとウインカーみたいな音がして、エアコンが効かなくなった・・

という症状があったというご依頼。
去年に何回か、今年になって始めての発症とのこと。

DSC06065

うん、今はエアコンはガンガンに効いてますね。 
温度計で13℃まで冷えてます。。。(かなり優秀です)

DSC06080

試運転を兼ねて、自宅までの往復30km走行しましたが、アイドル不良やエアコン不調の症状はでませんでした。

インジェクションのMINIはエアコン使用時のアイドルアップの指示や、水温上昇時のコンプレッサーカットなどもECUの仕事です。

現況で症状をだせないので、ECUをチェックしてみることに。。

DSC06086

旧ローバーのディーラーにあるテスターを使わせていただきました。

DSC06087

各、センサー類は正常に作動しています。 
過去に修理が終わってるバキュームパイプ系のトラブルの記録だけが残ってたので、リセットしておきます。

実際の稼動でもエアコン作動時のアイドルアップ、サーモアンプなども正常に動いてるので、ECUはOKです。

水温上昇時やガス圧上昇で、エアコンをカットする境界点あたりで、センサーがどっちつかずの状態になって、機械的にカットするタイミングと、ECUがアイドルアップを止めるタイミングが一時的にずれてしまったのではないかと思います。

間接的な修理になりますが、冷却水の経路がだいぶ汚れているのできれいに洗浄して、オーバーヒート対策も兼ねて行わせていただくことにしました。。 洗浄は明日やります。





お待たせしました。  KS様のタヒチブルー 4速のクーパー 納車です。

DSC06082

大変楽しみにされて、納車まで何度もキャメルにいらっしゃっていただきました。
今までマニュアル車ばかり乗ってこられた奥様と、久しぶりのマニュアル車のご主人です。

DSC06083

まずは最初は奥様から運転していくことに。

DSC06084

ありがとうございました。
これからが本当のお付き合いの始まりですので、よろしくお願いします。


official HPはコチラから→→http://www.camel-auto.co.jp/mini_red_s


ローバーミニにWAKO'S RECS 施工。。

曽根です。

HK様のミニメイフェアです。

アイドル不良での入庫です。 燃調が濃く、排気は黒煙が出てます。
燃焼室内もすでにカーボンだらけでしょう。。

DSC05905

ローバーミニはこのような症状が多いので、まずは燃調を正常にしてから、RECS施工します。




まずは、バキュームパイプ点検します。

DSC05904

亀裂を発見したのですぐに交換です。。 念のため3本すべて交換しておきます。

DSC05903

だいぶ改善しましたが、温間時に全体的に濃いので、水温センサーも交換しました。

DSC05945

これで、エンジンは完全に復調しました。
正常な燃調になったところで、ワコーズのレックスを施工します。


MINIは、濃い目の燃料になってしまうトラブルの方が多く、燃焼室やバルブにカーボンが溜まりやすいので、『吸気系・燃焼室の洗浄』は特に効果を体感できます

DSC06013



実際の施工はこんな感じです。。。



レックス施工後に白煙がでる車もありますが、ローバーミニは白煙が出ない場合が多いです。
この白煙はインテークマニホールドの形状により出る車種と出ない車種があります。
マニーホールドに溜まったRECSの薬剤が燃える際にでる白煙ですので、効果には一切関係ありません。


レックス施工後にオイル交換をします。

DSC06021






その後、山梨からオイル交換と点検でご来店の、フロントラジエターのラストMINIもRECS施工させていただきました。
DSC06050

RECS施工前に、現在のエンジンのチェックはMINIの場合、特に重要ですね。

DSC06055

毎日40kmも通勤で走ってるSTさん。。プラグもきれいに焼けて燃焼状態は良好です。
燃焼室内のカーボンは固く乾いた状態なので、ワコーズのレックスで柔らかくして燃えて外に出やすくしてあげます。


DSC06056


施工の様子です。




DSC06061

施工後にオイル交換します。

フロントラジエターのラストMINIの方が、施工後に若干白煙が出ます。
インテークマニホールドの形状で、薬剤がマニホールド内に溜まりやすいようです。



RECS施工で湿って柔らかくなったカーボンや汚れが、300kmほど走行しながら徐々に燃えて排気されてきれいになっていきます。



エンジンが軽くなります   是非お試しを。。


mini_red_sofficial HPはコチラから→→http://www.camel-auto.co.jp/mini_red_s


 エアコンガスに蛍光剤  雨漏れチェック・・など

曽根です

一昨日メーター交換まで終わったHK様のメイフェアです。

DSC06015’s

今日は、WAKO'SのRECS と オイル交換です。

DSC06013

先にワコーズのレックスで、吸気系、燃焼室の洗浄して

DSC06021

オイル交換です。 オイルは鉱物油の15W50。
もちろん、20項目の目視チェックも。。。

DSC06022

外したアンダーガードはパーツクリーナーできれいにしてから取り付けます。





車検でお預かりのKK様のタヒチブルーのクーパーです。

DSC06032

左ドアから雨漏りするようなのでチェックします。

DSC06034

ドアとボディのゴムモールも当たりが弱そうなので、ドアキャッチャーを調整してみます。

DSC06017

前側からも少し漏れてきます。 ドアのゴムモールを交換してみましょう。。




AB様はエアコンが効かなくなってしまうのでガス漏れチェックでご来店です。

DSC06036

ガスが入っているときは冷えるので、おそらくガス漏れでしょう。。。

DSC06038

エアコンシステム内をポンプで真空にします。

DSC06041

気泡が出なくなるまでポンプで吸います。。。

この後、エアコンガスと蛍光剤を入れて、漏れてる場所をチェックします。

DSC06054

紫外線ランプを当てて黄色いメガネで見ると、緑に光ります。(リキッドタンクの窓)
エンジンルーム内からはすぐに漏れを発見できませんでした。
2~3日後に再チェックしましょう。。。










mini_red_sofficial HPはコチラから→→http://www.camel-auto.co.jp/mini_red_s


ペコちゃん と アメリカンバイク・・ ヒータジョイントパイプ交換

曽根です。


ST様はオイル交換 と チェックで山梨からご来店です。

DSC06042

フロントラジエター、左ハンドル4速のセブンです。

DSC06043

運転席前のダッシュパネルに並んでる、ペコちゃん11人。。。
思わず目に入ってきます。。

DSC06047

右側の助手席側には、アメリカンバイクの模型が2台。。
それもかなりマニアックに改造されてるバイクです。。。

DSC06046

リヤのボードに、MINIもありました。
その昔(笑) アメリカンバイクに乗ってたんだそうです。。。 

さて、MINIの方は、ワコーズのレックスの説明したらすぐにやってみることになりました。

DSC06056

吸気系と燃焼室のカーボンや汚れをきれいします。

DSC06059

暑い中、点検中の愛車を一緒にのぞきこんでるST様。。

DSC06061


DSC06062
まったーマン1ss今、整備キャンペーン中の、ヒータージョイントパイプが未交換でしてので、ご提案して、亜鉛コートされたスチールパイプに交換させていただきました。

97年式以降は2本使用で、工賃込み5000円です。(ホースバンドも交換します)


DSC06063

ノーマルの樹脂製は既に、もろくなって外すときに割れてしまうことが多いです。


DSC06069

長時間お付き合いいただきありがとうございました。
もう暗くなってきました。。。

ありがとうございました。。





official HPはコチラから
mini_red_shttp://www.camel-auto.co.jp/mini_red_s

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村  ←クリックいただけると元気になれます

 
ブログ村ランキング
バナーをクリックして下さい。
応援宜しくお願い致します。m(__)m
にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村 MINI(ミニ)へ
セラミックエアー
なぜだか上手く言えないけど、 なんか違う。 施工料:2,000円(税別)
SOD-1 plus
sod-1
レビューも次々と!
キャメルで施工できます。

SOD-1 plusのブログカテゴリ
こわれない安心オートマ
格安の陸送料で
安心オートマは全国OK!
安心オートマらくらく便
らくらく便のHPへ


らくらく便でhappyになった
MINIオーナーの記事




「安心オートマ」のHPへ


安心オートマに交換一式
498,000円(税別)
3年または3万km保証付き
※工賃込み。エンジン側の親子メタル交換・オイル・エアコンガス含む。
※保証適用には条件があります。
フリーダイヤル・お問い合わせフォーム
気軽にご相談下さい。

安心オートマの
ブログ関連記事へ


安心オートマの作業レポート
PECS絶賛発売中
効果を実感できる
磁力型オイルフィルター


画像をクリックすると
オンラインショップに移動します。

MT用PECS 96年式まで
MT用96年式まで
23,800円(税別)

MT用PECS 97年式以降
MT用97年式以降
23,800円(税別)

AT用PECS
AT用PECS
29,800円(税別)

AT用PECS コア増し大容量
AT用PECS コア増し大容量
36,800円(税別)

夏到来。
オーバーヒートする前に。
ラジエーターキャップを開けてクーラントを確認しましょう。
2年以上交換していないなら、汚れていなくても水路洗浄を!
MINIのクーラー、
今年は大丈夫?
記事検索
店舗案内

キャメルのHPに移動します。


オートマ車は
安心オートマ」標準搭載!
オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ 合計金額30,000円以上で送料無料 このバナーをクリック
整備進行中のブログ(^^♪
カテゴリー一覧
トップに
戻る