スタッフブログ|ローバーミニ専門店キャメルオート

東京都八王子市にあるローバーミニ専門店のスタッフブログ。ほぼ毎日更新。記事数6,000超え。お客様のミニの整備状況を担当スタッフが丁寧に説明。キャメルならではのパーツ・グッズ情報もアップデート。さらに「Super Battle of MINI」や「MINIの運動会」の模様もお伝えします。

2017年02月

ワークスAT 左リヤからの異音からビルシュタインに選手交代


曽根です。


2月の第四火曜・・・、

月末最終日でしたが、そんなこと関係なくスタッフミニディです。。

CIMG9158

これもワークスATの秘策・・・

とりあえず紙で作ってみました

この秘策はこの次のお話しにします。。 

なにぃ、話を引っ張るんだから、ちゃんとした秘策なんだろうな、

と、思った人も、

どうせ、またボツになっちゃう企画じゃないの? と思った人も

ポチッとお願いします。  ← カーセールアオキさん風に・・

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ

 




さて。本日のワークスATの第一話始まります。

CIMG9189

実は、先月のTBCCが終わったあたりから、

左リヤから サスの動きに合わせるようにしてガシャンガシャンという気になる異音が出てました。



思い起こすと・・・・・

1月22日のTBCC決勝で勢い余って最終コーナーでアウトのグラベルに飛び出した時のダメージかも・・・



けっこうな衝撃だったからなぁ・・・・・





CIMG9192

プラハンで叩いてガタついてるところを探してみよう・・


車体の上下で、フロアパネルから響くような音なんだよなぁ・・

CIMG3123

リヤのサブフレームのこのあたりを叩くとトランクフロアから響く音が似てるな。

CIMG3124

サスペンションでどっか緩んでるところがあるのか・・・

山田メカのヘルプカード使って手伝ってもらいます。

CIMG3125

上下に動くところだからスタビも怪しい・・・

でも、すべて増し締めしてもガタはありませんでした。。

CIMG3128

ショックアブソーバー外して点検してみようか・・・

去年の5月に取り付けたスペシャルオーダーのFOXです。

BlogPaint

FOXは汎用品を流用のためリヤショックの上下ともにアイタイプなので、

アッパーをピンタイプに変換しています。


CIMG3131

あぁー、このジョイント部にガタつき発見。。

ピロで遊びがなくカチッとしてる分、強いショックに弱いのでしょうか・・

ショックの上下動でここのガタの振動がフレームに伝わってフロアまで響いていたのかも。

このFOXのおかげでドライビングはだいぶ助けられていたのですが、

難点は、上をアイタイプからピンに変換するのでその分ストロークが減るのと車高をイマイチ下げられないということでした。



CIMG3136

じゃ、次に試したかったコイツ。。ビルシュタインに交換しよう。

ビルシュタインもスペシャルオーダーで減衰力調整もできます。

今回は減衰力はそのままですが、車高を落としても遊ばないようにショートストローク化してあります。

*ショートストローク化工賃・・・・1本6000円






CIMG3139

左リヤはガソリンタンクをずらします。。

CIMG3137

山田メカよろしく。。。






CIMG3141

取り付いたので試運転は私。。。(笑)

CIMG3143

OK!  うん、異音は完全に消えました。

今までのFOXと比較してビルシュタインはだいぶ固めです。

純正ショックと比べても伸び側の減衰力はだいぶ強めのセッティングです。


CIMG3144

FOXもったいないけど、前後のバランス考えて

フロントもビルシュタインに交換することにしました。

CIMG9201

ドイツの名門ビルシュタイン。。。 今シーズンはコイツで勝負します。

CIMG3153

今までのFOXはリヤの車高を落とせなかったんでフロントもそれに合わせてやや高めの車高でしたが、

今度は前後ともに車高少し落としました。

CIMG3169

車高落ちた分、フロントのキャンバーはよりネガ(八の字)になります。

左右共に2.4度前後になりました。

CIMG3198

うーん、車高落ちてカッコ良くなったぞ。。。

固めのビルシュタインで記録更新・・・とイキたいところです。。。





にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002










2月の第4火曜日 石川号 パネル周り?の続き?

( ´ー‘)ゞ 三寒四温、3日お湯割りで4日ハイボールの1週間?どっちも好きな石川です。 


宮城・福島で震度5弱の地震がありましたが皆さん大丈夫でしたか?
いしかわは全然気づきもしませんでしたけど・・・

今回の地震は東日本大震災の余震なんだそうです。
気象庁「余震活動は引き続き活発で、今後も注意が必要」

今日は早めに帰って持ち出し袋のチェックですよ!


DSC_2244


うちの子は震度1でも騒ぎ立てます。
臆病で怖がっているのか喜んでいるのかイマイチ分かりませんけど。。
この子の持ち出し袋もチェックしなければっ

そんな彼女も先日森戸海岸に行った時は分かりやすく喜んでいました(*´ー`*)
ここの解説は劇団長におまかせします♪


Screenshot_2017-02-28-08-29-08


さて、もう一人のうちの子の心電図。
油温53℃でアイドリング状態。油圧が1.5切ってますね。

気になる気になる~


CIMG9167


っと言う事で今月2回目のスタッフミニディ開始。


CIMG9169


今季13インチのスタッドレス履かせようと思ってたけど取り敢えずつけたままになっている12インチスタッドレスも気になる気になる~


BlogPaint


折角カッコイィ!って貼った筑波魂。
レディース総長「それ二輪のヤツだよ?」

まじっすか orz
まぁカッコイイからこれは気にならない気にならない~


CIMG9171


オイルの量 OK♪


CIMG9174


ブレーキフルードの量は良いけど。。。汚れ多し。
気になる気になる~


CIMG9175


クラッチマスターも周りがオイリーです。


CIMG9176


しかもクラッチフルードがばっちぃ(´;ω;`)
今年の初めにマスターも言っていましたね~

気になる気になる~


P1040247


けど、前回の続きから。
ココが一番気になる気になる~


CIMG9197


移動する先に穴を空けたり~


CIMG9198


配線をぶっちぎらないように手繰り寄せてはまとめたりラジバンダリ。


CIMG9200


そしてOKN様も気になるお肉食べたり。


CIMG9204


見やすく。分かりやすく。
もう一日中配線見てると痩せちゃう。 気持ちだけだけど。


CIMG9199


進んでるのか?後退しているのか?
横を通る人みんなに聞かれるくらい景色の変わらないいしかわ号(汗)


CIMG9205


しかーし。戦利品の一部。
何だか片付いているっぽいでしょ?(笑)


P1040266


とは言えまるっきり景色が変わらないのもちょっとさみしい。
そしてヤッタ感もありません。


CIMG9211


だからと言う訳では無いですがいしかわ号センターメーター計画にのっとってナビステー作ってナビ移動&真ん中のパネル仮付けで雰囲気はだいぶ変わった?


毎回作業を終えてパネルを元に戻すとオートライトが最初不機嫌だったりしますがそれも解消♪
次回は仮付けのまま他を触るか・・・そのまま継続か・・・。

悩ましい2週間になりそうです。


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002

 

2月第4火曜日のジョン、サーモ交換・・・


P1040237 - コピー

今月2回目のミニデイです。

前回は、オイル交換を行ったジョン。

今回は、サーモ交換です・・・


P1040238 - コピー

実は、先週の火曜日にオーバーヒートしまして・・・

朝、キャメルに到着すると、いつもより水温が高いなぁと思ったんですよ。

帰る前に冷却水を点検すると特に減ってることも無く、朝の水温は

何だったのかと思いながら帰路につくと、途中でオーバーヒートですよ !


P1040263 - コピー

エンジンを停止し、ボンネットを開けてエンジンを冷ましながら、


P1040264 - コピー

水温が下がると再び走り始めます。

こうして何度もエンジンを冷ましながら、ようやく自宅に到着しました・・・


BlogPaint

エンジンを冷ましてる時にラジエーターを触ってみると、

ラジエーターは全然熱くないんですよね。

これで、サーモが開いてないのではないかと思ったんです。

その時触った手の痕を見ると、その時の悪夢が甦りますね・・・


CIMG9178 - コピー

翌日が休みだったのが不幸中の幸いでしたね。

その日に水温が上がらなくできれば、何とか通勤に乗っていくことが

できますからね !


P1040242 - コピー

ただジョンを動かすことはできないので、その時にできることといえば

サーモを外してしまうことくらい。

これが、その時に外したサーモです。


P1040245 - コピー

サーモは外すとして、サーモハウジングを付ける時にガスケット

はどうしようかと必死に考えましたよ !


P1040246 - コピー

思いついたのは、牛乳パックでガスケットを作ることです。

空いた牛乳パックが無かったので、冷蔵庫に有った牛乳を一気飲み !

こうして作ったガスケットがコレです。

この一週間、漏れずに頑張ってくれました !


P1040248 - コピー

まだまだ寒いこの時期、サーモが無いと水温が上がらないので

ヒーターの効きが悪くて・・・


P1040250 - コピー

この一週間は、なかなかキツかった !

クーラーは無くても耐えられるけど、ヒーターが無いのは耐えられない

のを実感しましたよ。


P1040251 - コピー

それも今日までです。

今日の帰りには、ジョンもまた快適になるのでウキウキ !


P1040252 - コピー

今回のオーバーヒートで、サーモガスケットは車に積んでおいた方が

良いのではないかと考えさせられましたよ。

ガスケットが有れば、その場でサーモを外すことができますしね。

あっ、あと水も積んでおかないと。


P1040253 - コピー

しばらくはサーモを交換することは無いと思いますが、

準備だけはしておこうと思います !


P1040254 - コピー

ガスケットに塗布したシールパッキンを乾かすため、3時間ほど放置しました。


P1040261 - コピー

そろそろ、クーラントを入れても大丈夫かな?!


P1040265 - コピー

試乗では、水温も良い感じに上がり、ヒーターも効くようになりました。

この暖かさ、たまりませんね !


P1040262 - コピー

クーラントの漏れも無し。

一週間振りの復活、嬉しいミニデイになりました !



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます





クラシックMINI専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002



油圧低下は鶏が先か卵が先か・・ドラムもバンドも限界でした。  

曽根です。


香川県のRIZ様から届いたMINIは98年式BSCC メーター距離68000㎞ 

CIMG1939

安心オートマラクラク便パックでのご依頼です。

症状はギヤを入れた時のショックと繋がるまでのタイムラグ。

2⇒3速での滑りが少々。

リバースも負荷をかけずにそーっとバックすれば滑りは無い状態です。

普通に乗る分には使えてるけど何か完調じゃないかな・・・って感じる程度かと思います。

あと、コンバーターからのオイル漏れが多いのも安心オートマにしようと思ったきっかけ・・だったようです。

安心オートマ組みつけ時のオプションは、ハーモニックバランサーと漏れ止め対策済みキックダウンスイッチです。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~


ではここからは九州岩崎自動車からの報告をもとにお伝えします。

DSCF1793

エンジンミッションが作業台に置かれてまずは外側からの点検。


DSCF1794

コーキングで漏れ対策されてたようです。

DSCF1798

純正のキックダウンスイッチは樹脂製でたいてい漏れてますね。

これはアルミ製の三和さんの対策品に更にベアリングを2個追加したキャメルオリジナル品で対策します。

DSCF1802

キャメルでの水路洗浄で作動チェックOKだったサーモスタットは今回再使用します。

DSCF1820

ウォーターポンプとブロックのコアプラグを抜いて高圧洗浄機での水路洗浄では

かなりの錆がでてきました。 コアプラグの裏側からも水路の汚れがうかがえます。

キャメルオートでもエンジンかけて洗浄剤を循環させる水路洗浄行ってますが、一回だけではなかなかきれいになりません。 

DSCF1806

コンバーター側からのオイル漏れ跡です。

DSCF1808

こちらもコンバーター側ですが、メクラ蓋からオイル漏れがあったようでコーキングされてました。

以前からコンバーター側のオイル漏れがあったことを裏付けています。

DSCF1809

コンバーターの6本のボルトもすべて外された形跡がありました。

DSCF1814

ドレンボルトの状況です。 出庫前にキャメルでもチェックしましたが摩耗粉が付いてる量は

多くはありませんでした。


DSCF1822

分解していきます。、

BlogPaint

ミッションとデフケースの刻印が違うことから過去にオートマの修理歴があることは分かりましたが

打刻されたイニシャルから関東圏のリビルトオートマであることがわかりました。

いつ、どんな症状で分解されたのか・・・分解しながらそんなことを推理していくのも楽しいです。


DSCF1826

DSCF1827

接合面にシーリングされてます。。

キャメル/岩崎自動車の安心オートマは、エンジンとオートマは一心同体という考えのもとに

両方を同時にオーバーホールするのですが、一般的なリビルトオートマでの修理は

オートマだけを送ってもらってオーバーホールしたら、再び分解した別の工場で元のエンジンと合体されます。

オイルポンプや親子メタルなどエンジン側にも油圧にかかわる重要なパーツがあるので、このようにオートマだけのオーバーホールでは問題を残してしまうことがあると考えます。


DSCF1828

コンバーターを外します。

DSCF1830

漏れがあったと思われるコンバーターシールです。

リップ部が熱によって変質して気泡ができていました。

シールそのものはNTK製で現在も使用されているものですがこのような症状は少ないと思われます。

組みつけの際のグリスの品質や量に問題があったのかもしれないです。


DSCF1832

DSCF1833

組みつけの際、液体ガスケットがてんこ盛り・・・

剥がすのが大変なのです

ずいぶんと以前に作業されたものですが、どんなメカニックがやったのかなぁ・・・などと

推測しながらコツコツと剥がします・・・・

DSCF1835

フィルターパッキンも切れてました。 

フィルターパッキンはオートマのオイル漏れの原因ナンバーワン。。

因みにキャメルオートではPECSのために長期間弾力を保ち切れにくいオリジナルパッキンを開発しました。


DSCF1839

タペットのクリアランスも広がってましたので調整しておきます。

エンジンが掛かった状態をみてませんがおそらくタペット音が大きかったんじゃないかな・・と

思いながら調整しています。

DSCF1854

オイルポンプは使用限界0.15mmのシックネスがスルスルと入ってしまいました。

油圧の発生段階ですでに問題があったことを裏付けています。

後期型のエンジンではオイルポンプの初期不良が多く、これも最初からクリアランスが広めだった可能性あります。

安心オートマ基準では9/100mm以下です。

DSCF1856

ポンプのブッシュも規定値より広く ブッシュも打ち替えになります。

DSCF1858

オイルポンプは新品部品がないので今までは中古良品を使用していましたが

リビルトポンプが完成し2年のテストを経て問題ないことがわかったので数か月前から

安心オートマに採用してます。  スペック的には新品以上です。。



DSCF1861

プライマリースラストもかなり拡大してます。

DSCF1868

供給パーツでは調整しきれないのでオリジナルスペーサーで調整します。

DSCF1870

OK。




オートマのフロントパネルを開けてチェック

DSCF1872

ブレーキバンドを締めつけるサーボピストンのようすですが、

左からリバース、3速、2速です・・・

3速はかなり垂れ下がっています。 これだと3速はズルズルだったのではないでしょうか・・・

2⇒3速での滑りはコレですね。


DSCF1873

リバースのピストンの動きも大きくなっています。

ブレーキバンドの消耗は大きいです。 リバースだけはこの状態からドラムの傷を見ることができますが、

残念ながら再使用は出来そうもありません。。。

DSCF1874

3速・・・ NG

DSCF1875

2速だけはキチッと締まりました。。

ブレーキバンドの異常摩耗がタイムラグや滑りの原因ではありますが、

ブレーキバンドが減ったことでサーボピストンの動きが大きくなって油圧漏れも起こりやすくなって油圧が不足したのか・・

そもそも、オイルポンプからの油圧に問題があって締め付け力が弱くて滑り出したのか・・・・

鶏が先か卵みたいな問題になってしまいます。  まぁ、どっちもどっちということなんですが・・。



DSCF1877

チェーンテンショナーパッドの減り方からの推定距離は十数万キロでしょうか。。



DSCF1878

DSCF1882

FプレートはATケースに干渉してケースの方に底付きした跡があります。

これは組み付ける際に必ず確認したい箇所です。





DSCF1883

ここでエンジンとオートマを分離です。

DSCF1884

ここにも液体パッキンがたくさん使われていました。

ミッションケース内壁の色から鉱物油を使用していたと思われます。

DSCF1885

3速バンドが変色してます。

おそらく、滑り出したことによる熱の影響で黒い塗装が剥がれ

その後、錆びたのは放置した期間が長かったのでしょうか・・・・。

DSCF1887

滑りのあった3速ドラムはキズが深く再使用できませんでした。。。。

DSCF1888

リバースのギヤキャリアムも、引っ掛かるほどの深さでキズが入っていて

やはり再使用不可です。

DSCF1889

取り外したブレーキバンド。

手前からリバース、3速、2速。  

リバースと3速の摩擦材は剥がれて鉄が剥き出しになってます。


DSCF1891

ほとんど剥がれているものの一部に残っている摩擦材でかろうじて

軽い負荷で走行できていたという感じです。

この状態でもドレンボルトにあまり鉄粉が付いてなかったことから、

かなり優しく運転されていたのでしょう


DSCF1892

DSCF1893

クラッチプレートのスリッドもほとんど無くなってます。

ギリギリだったですね。。

DSCF1895

ブレーキバンドから剥がれた摩擦材はオイルストレーナーのボトムに溜まっていました。

これらの摩擦材は当時の純正品を使用してオーバーホールされています。

推測になりますが、

後期型はオイルポンプのクリアランスが最初から広いものも多かったことから新車の保証期間に

オートマが滑ってしまい保証修理をされた個体も多かったようです。

その際は、メーカーから部品供給されて修理された経緯から

このオートマも新車の保証修理によってオーバーホールされた可能性があります。

当時、ディーラーもこのようにエンジンはそのままでオートマだけをリビルトして対応していたわけです。

油圧の源泉であるオイルポンプはエンジン側にあるので、

先ほどの話に戻れば、鶏だけを直して、卵はそのまま・・(笑) という状態なので、また滑り出してしまったのかもしれませんね。




DSCF1900

次はエンジン側です。。

エンジン側のオイルの通路になるクランクメタルとコンロッドメタルの部分

ここは必ず分解点検。。。そして、必ずメタル交換するお約束です。

DSCF1901

全体にメタルの状態は悪くありませんでしたが、

リヤ側のメインメタルに入り込んだ異物が

DSCF1903

4番コンロッドに飛んだようです。  キズが入ってます。


DSCF1906

親子メタル交換します。


DSCF1908

規定トルクで締めて組みつけていきます。

DSCF1910

DSCF1920

エンジンと安心オートマ 合体!


DSCF1922

入庫時に干渉していた形跡のある部分もキチッとクリアランス確認して組みつけていきます。

DSCF1926

必要最低限のシール材は使用いたします。

使い方に注意です。。。

DSCF1932

オイルポンプはリビルト品に交換ですが

それを駆動するカム側には力が掛かったようで広がってます。

オートマのオイルポンプは汲み上げた量すべてをオイルフィルターに送り込むので

固いオイルで温度が低かったりするとフィルターを通過するだけでもかなりの抵抗になり

それがそのままオイルポンプの作動抵抗になります。。

磁力型フィルターのPECSは、その作動抵抗も軽くなるのでオイルポンプへの負担も減り、

そして何よりエンジンへの負荷も減って軽く回るのです。

DSCF1934

ローターもブッシュも打ち替えられたリビルトオイルポンプが取付けられました。

DSCF1953

PECS取付け。。  循環すればするほどオイルはキレイになります。


DSCF1941

プレートとのクリアランスが確保されているかチェックしながら組みつけます。

DSCF1946

今回のお楽しみパーツのひとつ、、ハーモニックバランサー取付です。

エンジンが降りてる時に取り付けるのがチャンスですね。。

DSCF1954


特に中回転~高回転での振動を吸収してくれます。

快適なのはもちろん、振動が減ることでメタルなどのメカの耐久性アップにも貢献してくれる優れものパーツです。

DSCF1955

キックダウンレバーの長さ調整。。

DSCF1956

補機が取り付けられ、試運転用の車両に積み込まれます。。

DSCF1958

エンジン始動。。 走行前に冷間油圧など入念にチェックした後、

実際の走行テストを行います。

DSCF1965

約30㎞におよぶ走行テストで、シフトの入り方変速の状態、ショックなどを

厳しくチェックします。

ココで少しでも異常を感じた場合はやり直しする覚悟でテストしてます。


DSCF1968

走行テストから戻ってオートマに掛かる温間油圧のチェック

前進 6.8kg  OKです。


DSCF1970

リバースの温間油圧 11.6kg   イイですね。。

DSCF1978

燃焼の状態も良好でした。




乾杯1

今回も良い安心オートマができました。

気持ちのいいシフトをお楽しみください。。


本編に戻ります↓

香川県から安心オートマらくらく便パック! 





にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002



KSI様 今回はヘッドライト消し忘れブザー!

( ´ー‘)ゞ 三寒四温、3日お湯割りで4日ハイボールの1週間?どっちも好きな石川です。 

前回プラスワンバルブを求めてご来店していただいたKSI様が再度ご来店ですヽ( ´ー`)ノ 


BlogPaint
 

相変わらずピッカピカなミニですね^^


CIMG9095

 
それにしてもなぜ夜の蝶的なポーズ?(笑)


CIMG9097
 

今日はどんなパーツをお探しなのかな?

「今回はこれ!」
ヘッドライト消し忘れ警告ブザーヽ( ´ー`)ノ

キャメルで一番このブザーが必要なマスターが後ろで見ていますよ(笑)

このブザーはヘッドライトスイッチONの状態でドアを開けた時にピーっと教えてくれます。
世界中のミニ乗りの為にドックハウスさんが作ってくれました♪

※注意※
カーテシスイッチに割り込ませるので取付前に正常に作動しているか確認をしてください。


CIMG9096
 

ついでにデスビキャップ&ローターもお買上げです^^


CIMG9098
 

「今日は寒いから明日以降で天気が良くて明るい時に作業するのさっ」
そうですね^^
暗くて寒い時に細かい作業するとお酒飲みたくなっちゃいますしね(笑)

ありがとうございました~ヽ( ´ー`)ノ 
次は平日の運動会にいきましょーねー


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002


ブログ村ランキング
バナーをクリックして下さい。
応援宜しくお願い致します。m(__)m
にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村 MINI(ミニ)へ
セラミックエアー
なぜだか上手く言えないけど、 なんか違う。 施工料:2,000円(税別)
SOD-1 plus
sod-1
レビューも次々と!
キャメルで施工できます。

SOD-1 plusのブログカテゴリ
こわれない安心オートマ
格安の陸送料で
安心オートマは全国OK!
安心オートマらくらく便
らくらく便のHPへ


らくらく便でhappyになった
MINIオーナーの記事




「安心オートマ」のHPへ


安心オートマに交換一式
498,000円(税別)
3年または3万km保証付き
※工賃込み。エンジン側の親子メタル交換・オイル・エアコンガス含む。
※保証適用には条件があります。
フリーダイヤル・お問い合わせフォーム
気軽にご相談下さい。

安心オートマの
ブログ関連記事へ


安心オートマの作業レポート
PECS絶賛発売中
効果を実感できる
磁力型オイルフィルター


画像をクリックすると
オンラインショップに移動します。

MT用PECS 96年式まで
MT用96年式まで
23,800円(税別)

MT用PECS 97年式以降
MT用97年式以降
23,800円(税別)

AT用PECS
AT用PECS
29,800円(税別)

AT用PECS コア増し大容量
AT用PECS コア増し大容量
36,800円(税別)

夏到来。
オーバーヒートする前に。
ラジエーターキャップを開けてクーラントを確認しましょう。
2年以上交換していないなら、汚れていなくても水路洗浄を!
MINIのクーラー、
今年は大丈夫?
記事検索
店舗案内

キャメルのHPに移動します。


オートマ車は
安心オートマ」標準搭載!
オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ 合計金額30,000円以上で送料無料 このバナーをクリック
整備進行中のブログ(^^♪
カテゴリー一覧
トップに
戻る