曽根です。


HYS様のクーパーです。

DSC02701

DSC02702

クラッチレリーズは交換しましたが、クラッチマスターはまだ交換歴がないようです。

クラッチが切れないとか、フルイド漏れなどはありませんが、前回エア抜きがしにくかったり原因がマスターにありそうだ・・とのことでクラッチマスター交換します。


CIMG2229

今回はデルファイ製の樹脂製タンクを使用。


CIMG2230

クラッチペダルからの力を受ける穴は長穴になってました。
ここが新しくなるだけでもフィーリングはだいぶ良くなりますね。

CIMG2231

クラッチマスターの取り付け穴からも、時々水が入ることがあるので注意して取り付けます。

DSC02703

エア抜きして取り付け完了。




HYS様ご持参のアルミのタペットカバーを取り付けます。

CIMG2241

コルクのパッキンはカバー側に接着剤でつけておきます。




接着剤が乾く間に、ECUチェックしましょう

CIMG2238

水温センサー、O2センサー、吸気温センサー・・・・などの各センサーが出してる信号などがすぐわかります。


DSC02729

タペット調整しておきます。

DSC02730

アルミのカバーに変わるだけで、エンジンルームがだいぶグレードアップした感じですね。
タペット音もだいぶ静かになりました。

CIMG2259

お待たせしました。。 






mini_red_sofficial HPはコチラから → http://www.camel-auto.co.jp/mini_red_s

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ 村

キャメルオートはランキングに参加してます。
応援クリックお願いします