曽根です。


オイルにとってのシビアコンデションとは、

高温、高回転で長時間エンジンを酷使することだけではありません。

むしろ、コールドスタートの多いチョイ乗りの連続の方がエンジンにとってもオイルにとっても厳しいんですね。

キャメルの送迎車、リバースMINIリムジン は、朝晩に展示場と置き場までの150mを移動します。 そして仕事は、八王子駅までの送迎だけなんで、長距離でも往復で数キロ。。

どんなMINIよりもチョイ乗りの連続という、一番のシビアコンディションでしょうね。。

CIMG5677

長いのでジャッキポイントまでジャッキの足が届きません・・・・。

DSC07611


DSC07618

直接フロアにジャッキの足がかかると凹んでしまうので、専用の板を挟んでリフトアップします。

こっちは軽いリヤ側。

DSC07619

こちらはフロント側。  板を挟まないでココでジャッキアップすると、フロアが確実に凹みます。。

MINI専門店以外だと知らずに凹まされちゃうこともあるので注意が必要です。


DSC07615

やっぱり長いですねぇ。。。


CIMG5679

リムジンの場合、下回りを擦るときは中央付近のマフラー辺りで、アンダーガード周辺を擦ることはほとんどないので、放熱性を優先して取り外すことにします。

CIMG5680

アンダーガードが外され、スッキリ爽やか(笑)

DSC07622

シビアコンディションのリムジンには、100%化学合成プロステージ15W50をチョイス。。


また、明日からリムジンには頑張ってもらいます  よろしく。





official HPはコチラから
mini_red_shttp://www.camel-auto.co.jp/mini_red_s

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ  ←クリック1つでやる気に
にほんブログ村  なります(笑)