曽根です。


第二火曜日は自分のMINIの為に使う日です。。。  

なので定休日とさせていただいてます。。(^^ゞ


CIMG6004

さて、本日のメニューは何にしようかな・・・。





やらなきゃならないところはたくさんあります。。

DSC07865

触媒の後ろの亀裂はそろそろ限界かな、と言ってからだいぶ使ってます・・・・

DSC07869

ゴム切れてる・・・    すぐ替えりゃいいじゃん。


DSC07866

1個のサポートゴムで留まってるので早めに交換しなきゃね。。

DSC07867

フロントのラバコンとショックは交換しましたが、リヤはまだそのまま・・。

DSC07868

ということはショックアブソーバもそのまま・・・。




やりたいことはたくさんある中で、ここ 2、3日ですが、アクセルのオンオフでコツンコツンと床やハンドルにも響く振動を伴う音が出始めました。。


こういう症状で、まず疑うのはエンジンの振れを止めるステディロッドのボディ側の取り付け部です


DSC07908

音を再現しながら、取り付け部を見ても動きは見えません・・・・





ここじゃないのかな、と思いながら他に考えられるところから手を付けていくことにしました。

CIMG6008

ステアリングシャフトにガタが出てきてたので、シャフトの上下についてる樹脂製のブッシュを交換します。


DSC07872

シャフトを抜いて、

DSC07871

スリーブとシャフトの間のブッシュを交換。

CIMG6015

何をしてるのか、石川の厳しいチェックが入ります (笑)



ステアリングをいじるなら、ついでにドライビングポジション改善もやっちゃいましょ。

DSC07877

モトリタのボスとモトリタの延長スペーサーだけだとサイズが限られてるので、ボスを一般の共通ボスに変更して

DSC07878

モトリタに変換する作戦です。 これなら、モモなどに使う延長スペーサーも使えるようになりドライビングポジションを作るのにだいぶ許容幅が広がります。

DSC07880

モトリタボス + 1インチ延長より 長くなりました。


CIMG6018

うーん、いいかも。。  もう少しステアリングを下げられればもっといいかも



次はステアリングラックの左側のナイロンベアリングを替えてみることにしました。

DSC07886


DSC07890

タイロッドから外して分解します。

DSC07889

ステアリングラックの中にある、ナイロンベアリングを交換します。

このベアリングが擦り減っても、アクセルオンオフで同じような症状が出ます。 


DSC07891

外すときに傷つけてしまいましたが、そんな傷んでないベアリングが出て来ました。
これは今回の原因ではなかったようです。

CIMG6019

本日最後の作戦。。。

追加のステディロッド取り付け・・です。


DSC07894

前後方向の力を強く受け止めミッションケースに負担をかけない キャメルオリジナルの追加ステディ用強化プレートを使って、右側にステディを追加します。

強化プレートの詳細はこちらから・・・・


DSC07898

機能美です。。

で、コレだけやったのに、例のアクセルオンオフでのコツンという例の異音は消えませんでした。。。

ということは・・・・ 



やっぱり

DSC07907

ステディロッドのボディ側の付け根が剥がれ始めてる兆候かな。。



7/20追記

ま、その前にもう少し回り道をして、タワーマウントの交換もしちゃいました。
サブフレームとボディの間のラバーマウントです。 エンジンの動きだけでなく操縦性にも大きく影響する大事なマウントです。

CIMG6560

こんなになるまで使っちゃダメ という見本でした。。 

詳細はこちらから・・・・



7/21追記

本命のステディロッドを見る前に、まだ他にできることはないか・・・・。

なんで本命に直接行かずに遠回りするのか。

子供の頃、大好きな女の子に断られるのが怖くて直接気持ちを伝えることができずに、その子の回りにいる友達から仲良くなっていって、そのおかげで仲良しの女の子が増えていくというのに似てるかも・・・ 。。(笑)
 
  
で、その回りのお友達としての、追加ステディロッド。。。

DSC08701

アルミで美しいですねぇ。。

DSC08703

ボディ側の取り付けは、室内からインパネを外す大仕事なんで、
今日のところはサーモハウジングだけを取り付けて終了。。。 
続きは来月の第二火曜かな・・。



で、次の回り道は

CIMG6684

フロントのサブフレームマウント交換。。

ココはアクセルのオンオフとはあまり関係ないな・・と思いつつもMINIのためには良いことなのでやっておきましょう。。

DSC08704

マウントとサブフレームの間の隙間にはコの字型のスペーサーをいれて調整します。

DSC08706

フロアにヒビが入ってることもあるので、フロントサブフレームのリヤ側のマウントのボルトを室内側から点検。

で、これが寄り道の最終コーナー。。


で、最後に本命のステディロッドですね。。

DSC08708

エンジンとステディブッシュの間のワッシャーが入ってません。。。
組む時に落としてしまったようです。。。

で、ワッシャーを入れて組みなおしたら、見事に音は消えました。。 で、一件落着



今回は、いろんな寄り道 修理 のおかげでフロントの足回りはほぼ完璧。。。

うふふ。。    








official HPはコチラから
mini_red_s
http://www.camel-auto.co.jp/mini_red_s

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村  ←クリックいただけると元気になれます