曽根です。



KKC様ファミリーでご来店。。

こんにちわ、車検ですね。。

BlogPaint

大好きで手に入れたMINIでしたが、今まで専門店での整備はしたことがないようす。。

BlogPaint

少し前に、オーバーヒートで一般工場にレッカーされて、ラジエター交換したようですが、再びオーバーヒートの形跡が・・・。

DSC01965

飛び出してる水も、ちょっと・・・・。

水温が上がるので不安だったようですが、そうでしょ。。


DSC01966

下回りをざっと見た感じですが、左側の上下のボールジョイントのガタが大きいですね。
ステアリングラックブーツの破れなど、いくつか出てきそうなんで、ご相談しながら整備していきましょう。

DSC01968

この子が生まれる前から、二人の思い出が詰まったMINI。。

一生大事に乗っていきたいという、想いを市川がしっかりと受け止めております

お任せください。。(市川)



DSC01967

では、お預かりさせていただきます。   じゃ、入庫記念ショット。パチリ。







では、インジェクション車の車検はECUチェックから始めます。

IMG_2079

電動ファンが回りませんね。。これではオーバーヒートの直接の原因はコレです。

エアコンも作動しないです。

ECUチェックは途中で中断してまずは修理。


IMG_2069

左フロントフェンダーの中から覗いたところ。 見えてるのが電動ファン。

IMG_2075

ECUのコネクターを含めて、周辺の配線もチェック。


DSC01978

イエローリレーの動作不良で交換。

DSC01995

電動ファンスイッチのコントロール側のアクセサリー電源のヒューズも切れてました。

これで、電動ファンは回るようになったんで、水路洗浄やりましょう。

IMG_2066



まったーマン1ss
いつも言ってますが、あまり冷却水が汚れてると、既に開いてしまってる穴も汚れが詰まってとりあえずは塞がって水漏れしてない・・・というケースもあり、洗浄後に水漏れが発生する場合があります。

でも、このまま何もしないで寿命を待つ・・・・なんてことはMINIにはできないので、ここは思い切って洗浄して、漏れてしまったら対処しましょう。  



じゃ、水路洗浄はじめー!

DSC01998

かなり汚れてます。



何回も何回も繰り返し、循環させてきれいになりました。 洗浄直後の漏れは今のところないようですね。






10/4追記

エアコンのコンプレッサーが入らず、風は出るのですが温風のまま。。。


IMG_2107

左のエアダクトの奥に見えるコネクターに繋がってるエアコンのサーモアンプを交換します。


IMG_2106

配線が長ければ引っ張り出して、ウッドパネルを外さないでも交換できる場合もありますが、一般的にはウッドパネルをずらして交換します。



今回はそれだけではなく、

IMG_2105

インパネの右奥に潜んでる、エアコンコントロールリレーもNGでした。 
テスト用のリレーをつないで動作確認OK。

在庫ないので、部品届いたら交換しておきます。

PS. その後、このコントロールリレーは何回か脱着してたら作動したので、そのまま使用することにしました。内部の接点不良の可能性ありますので、次回同様な症状がでたら、再度チェックですね。(10/11追記)




じゃ次は、足回りの整備。  はじめの一歩です。

DSC03753

パッドは残り4mm以下でしたので交換します。


DSC03754

みごとにバラバラな、ステアリングラックブーツ。。。

こうなる前に交換しましょう(笑)


DSC03755

DSC03760

これが、ラックブーツ本来の姿です。

DSC03756

新旧交代の儀式。。  お疲れさまでした。




ガタのあった左側のボールジョイントだけでなく、今回は左右共に交換することにしました。

DSC03761

ボールジョイントも新旧交代  

DSC03763

新しいボールジョイントのシム調整中です。  


DSC03757

作業中に、タイロッドエンドのガタも発見したので交換させていただきました。


DSC03765

エンジンを揺すって前後にグラグラ動いてしまうのは、
エンジン右側に付いている、振れ止めのステディロッドが効いてません。。

ここのブッシュ交換はMINIの整備のはじめの一歩です。 


DSC03764

いつもの新旧交代の儀。

かなりクタビレたブッシュでした。。

キャメルでは、1mmオーバーサイズの26mmのブッシュを使用しています。






左のタイロッドにガタがありました。

DSC03759

左のタイロッドを前後に揺すってガタがあるのは、ステアリングラック左側にの内側のこのナイロンブッシュが擦り減ってるのが原因のひとつです。

この症状がひどくなると、アクセルのオンオフで、ガチャンガチャンと音を立てて左タイヤが前後に動いてしまい危険です。




10/12追記



ダウンパイプの蛇腹から排気漏れしてたので、ダウンパイプ交換です。

IMG_2380

マニュアル車だと 『LCBつけちゃいませんかぁ』 なんていう提案もあるんですが、低速トルク重視のオートマ車は普通にダウンパイプ交換にしました。

ただ、純正より蛇腹の部分が高く曲げてある、JMSAさんのステンレス製をチョイス。。 HKS製です。

IMG_2421

ステンレスだけど、塗装してあります。




バキュームパイプのトラップボックス内を洗浄。。

CIMG1121


CIMG1123

バキュームホースは交換です。


IMG_2648

すでにもろくなってる純正で樹脂製のヒータージョイントパイプを亜鉛コートしたスチール製に交換しておきます。



IMG_2647

サーモスタットは88℃の日本製を使います。

ハウジングボルトはステンレス製をチョイス。

IMG_2666

市川がサーモスタット交換作業中です。

IMG_2650

サーモハウジングのパイプはかなり錆が進んでました。。
エンジンの他の部分も同様の状況のところが多いでしょうから、できるだけ錆の進行を遅らせる努力を今後も続ける必要がありますね。
クーラントブースターが有効です。






最後の試運転で、 フロントガラスの左側の内側が曇るのを発見。

IMG_2686

ヒーターから漏れ始めてるようです。。。

IMG_2691

漏れ止め入れときますが漏れている場所によっては効果ないので、状況観察ということでお願いします。



10/18追記

本日、お引き取りでご来店していただきました。


IMG_2722

MINIを入れて4人家族のKKT様ファミリー。。の素敵な笑顔ショット。。

今回の修理内容を交換部品をご覧いただきながら説明させていただきました。

IMG_2723

次回、3000Kmのオイル交換で、状況観察部分の再点検しましょう。。

お気をつけて・・






official HPはコチラから
mini_red_shttp://www.camel-auto.co.jp/mini_red_s

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ  ←クリック1つでやる気に
にほんブログ村  なります(笑)
 

夏の支度キャンペーン