曽根です。



毎月第二火曜日は自分のMINIをいじくる日・・・・でしたが、

今回は、分かっていそうで分かってない 『オイルのことを勉強する日』 にしました。

Image1a

現地集合で、小田原パーキングに9時ころからピンクの軍団がそろい始めます。


CIMG3157

観光ガイドを見たり、風景の写真を撮ったり、この時点ではお休みモード全開。


CIMG3160

MINIのツーリングっぽい(笑)



ココが、今回の目的地。

Image1

ワコーズでお馴染みの 株式会社 和光ケミカルの小田原本社

CIMG5710

キャメルスタッフのMINIが並びます。


BlogPaint

サーキットなんかで、レーシングカーのオイル分析を現地でやってしまう、『モバイル・ラボ』

数千万円の測定器が何台も入ってるそうです・・・・。




CIMG3210

増築された、技術センター新館へ。



CIMG3164

入り口に並んでるワコーズカラーのレーシングバイク。。。


おっ、コレいいじゃん。。

CIMG3212

おいおい。 

ここまでは、何となく社員旅行ムード・・・・。




・・・~☆・・・・・・~☆・・・・・・~☆・・・・・・~☆・・・・・・~☆・・・・・・~☆・・・




しかし、ここからはガラッと本気研修モード


CIMG3171

40℃と100℃の動粘度試験 

測定温度の管理も厳しいんですねぇ

CIMG3173

オイルの漏れやすさは、鉱物油とか化学合成油ではなく、動粘度で決まります。

石川の黄色いサンダルが目立つな。。







湿式クラッチを使った摩擦試験・・  SAE No.2 試験っていうそうです。

CIMG3179

二輪に使える規格試験だそうですが、MINIのオートマはこの規格にクリアしてるものを使います。

MA規格の中にも範囲があるそうなので、詳細なテスト結果も後日教えてもらうことにしました。

油圧と共に、オートマにとっては重要なファクターなので興味深いところです。




極圧試験・・・

CIMG3180

溶けてくっつくまでグイグイ押し付けて回転させたパチンコ玉??


CIMG3181

となりでは、他の方法で極圧試験やってました。

ミッションンの入り方、シンクロの効き方に影響ありそうなところですね。


CIMG3186

他にもいろんな試験機が・・・

写真ないけど、せん断試験なども。

せん断で破壊されてしまうと言われてるポリマーも、実は百種類以上もあって、その耐せん断性能もいろいろあるんです・・・とのこと。


CIMG3189

なにコレ?


CIMG3188

廃油に入ってる金属片の分析だそうです。

釣り針みたいな形の部分は、切削されて削れた金属なんだそうです。

出てきた金属片から、エンジンやミッションのどの部位か、おおよそ見当つけるのに役立つとのこと。


CIMG3190

出てきた金属片の分析中の画面。

キャメルオートからも、何回も廃油の分析お願いしましたが、こういう過程を経てるんですねぇ。。


CIMG3184

へぇ~。。  スゲー。

石川号のオイルドレンには、肉眼で見える鉄粉がいっぱいついてるんだけど (笑)




高温でオイルを酸化させて劣化させる試験・・

CIMG3193

オイルって、劣化すると粘度が下がっていくけど、そのままどんどん劣化させると

オイルの役目は果たさない状態になってドロドロになっていく。(油圧だけは出る状態)

CIMG3196

最後には、こんなふうに固まって液体じゃなくなっちゃうくらいに・・・・(人間だったら心筋梗塞ですよ)


酸化して劣化したオイルの油圧が上がりだしたら危険だってことですね。



写真では紹介しきれないほどの試験やってました。

午前の部、たっぷり2時間かけて見せていただきました。。。





腹へったぁ~。。。

近くの 『牛たん・・・』 の看板に誘われて ランチ。。

CIMG3205

美味かった~。。




午後の部は、研修室での勉強です。。

CIMG3165

技術部の柴田さんと和田さん。

よろしくお願いします。


CIMG3215

この一冊が理解できれば、ワコーズの営業マンになれる。。。くらいの教科書。



質疑応答も交えながら楽しく進んでいきます

CIMG3220

ふんふん。。

CIMG3222

なるほど・・。

CIMG3224

ストライベック曲線・・・?

BlogPaint

ちゃんと赤ペンや青ペン使って書きこんで勉強してるようでしょ(笑)


高回転を使うなら粘度を落としても大丈夫。。 

同じ仕様のMINIでも、その使い方で最適粘度が違うってことですね。




巷で聞くオイルの話題って、けっこう都市伝説っぽいものもたくさんありますねぇ。。

ワコーズ研修1

MINIに最適なオイル選びにも大きく影響するたいへん内容の濃い勉強会でした。

興味のある面白い内容だったんで、あっという間に時間が経ってました。。

学生の時もこのくらい熱心に授業受けてたら人生変わってたかも・・・(笑)

CIMG3227

鉱物油  化学合成油  シールの攻撃性  オイル漏れ  ポリマーとノンポリマー 
劣化と油圧・・・・・・・・


疑問だったいろんなキーワードが、少しだけどクリアーになりました。

キャメルのスタッフ全員、『オイルマイスター』 目指してもっともっと勉強していきます。

あなたのMINIに最適なオイルを一緒にお選びしましょう。









クラシックMINI専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
 にほんブログ村 クリッククリック