曽根です。


10月の第二火曜日です。。。

他の皆さんが、『リフトを使わないメニュー』 だそうで、

 
CIMG4566

またまた、リフトを使わせていただきました。。


CIMG4597

さぁ、今日のメニューは何にしようかなー。。。。


CIMG4571

先月、車高を落としたのでフロントのフェンダーの淵までは51cmくらい。。。


CIMG4568

この状態で アッパーアームのあたりを覗いてみると・・・・

しまった。 バンプストッパーがノーマルのままなんでほとんどクリアランスが無いじゃないですか。

第二のラバコン状態ですね。

CIMG4575

三和HDの硬質ゴムでショートタイプもありますが、今回はノーマルをカットしてみようと思います。

どのくらいカットできるのか・・・・・・

CIMG4681

カヤバAGXチューブダンパー。。。

地面に足が着いた状態でのショックの長さが約25cm

フロントショックが一番縮んだ状態が 21.5cm。。

そうか、このショックはあと、3.5cm縮むんだね。

CIMG4577

アッパーアームに当たってからゴムの伸縮を考慮して、最大切っても15mm以下かな。。。

だいたい見当つけて切っちゃいました。

CIMG4579

切り取った先端。。。ちょっと大きさが違うなぁ


CIMG4694

大きい方で14mm。。  まぁ、こんなもんかな。


CIMG4580

かなり強く当たってた形跡です。 

完全にラバコンのお助けマンになってますね。



CIMG4582

スパッと切られたバンプストッパー。。。



そのまま地面に着地させたら

CIMG4693

この隙間 18mmくらい + ゴムに当たってから10mm位は縮むかな、、で、

28mmくらいのストローク確保かな。

Image4

ボンネットの上から押して、ちゃんと車が沈み込むようになりました。

これで、サスペンションとして機能するようになりました。。

変化がわかりやすいようにショックアブソーバの調整も一番柔らかくしました。

これで1秒短縮だぁ~ ・・・・・・だといいんだけど。




10月9日追記

フロントサスのストロークが復活して改めて感じたこと。

● フルブレーキングの特に最後の方で急にフロントタイヤがロックする減少が無くなった。

● 90度以上のコーナリングで回り込む力を感じるようになった・・・ っていうか車高を下げた時からアンダーステアが強くなってたんですね。

● ブレーキ残してコーナリングに入るときのフロントの粘りが増えた。。 これは上の2つことが合わさった現象ですね。





つづく・・・・かも。








クラシックMINI専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
 にほんブログ村 クリッククリック