メカ山田です。

お出かけ途中に、水漏れで緊急入院したMTM様のミニ 

を点検します。


CIMG4889

目視で点検しましたが、漏れている

場所が特定出来ません。

そこに市川師匠から、秘密兵器?の差し入れです。


CIMG4892

チューブの先端の映像が、


CIMG4891

このモニターに映し出されます。

おお、これはスゴイ !

期待して使用してみましたが、何が映って

いるのかよく解りませんでした。

ガッカリ・・・

再び目視で点検していると、


P1020880

ん? コンプレッサーとファンカウルが

接触しているぞ !


P1020889

さらにクーリングファンもファンカウルと

接触しています。

市川師匠と話した結果、エンジンが下がって

いるのではという疑いがでてきました。


BlogPaint

そこで、エンジンを持ち上げてみると、


P1020886

コンプレッサーとファンカウルに、隙間が出来ました。

もちろん、クーリングファンとファンカウルも

接触していません。

エンジンマウントの劣化により、エンジンが

下がっていました。

ファンの接触により、ウォーターポンプに過大な

負荷がかかり、ウォーターポンプが損傷

している可能性があります。

明日、ラジエーターを外し、漏れている場所を

特定する予定です。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

10/15

メカ山田です。

今日は、ラジエーターを外し、漏れている場所

を見つけます。


P1020895

始めます。


P1020897

ラジエーターのアッパーステーを外し、


P1020899

ロアーステーも外します。


P1020901

ロアーホースを外し、ラジエーターを

取り外します。


P1020904

ロアーホースをバイスプライヤーで塞ぎ、

水を入れて漏れを探します。

どこから漏れているのかな?


P1020905

漏れている場所は、ウォーターポンプの下に

ある小さな穴からでした。

ミニに限らず、ここから漏れている車って

結構あるんですよ !


CIMG8581

ここからは、エンジンマウントの交換です。


P1020927

フロントタイヤを外し、サブフレームから

マウントを止めているネジを外します。


P1020928

ウォッシャータンクを外し、


P1020929

そこから手を入れて、エンジン側の

マウントボルトを外します。

ボルトが見えず、手探りです。


P1020930

マウントを外します。

結構、簡単に外れたぞ !


BlogPaint

オイルパンにジャッキを当て、高さを調整しながら、


P1020933

新しいマウントを取り付けます。


P1020934

サブフレーム側のボルトを付け、


DSCF0004

エンジン側のボルトを付ける・・・ んですが、

全然穴位置が合わないよ !

ジャッキを上げ下げしながら、

見るんじゃない。感じるんだ !  と、自分に

言い聞かせ、穴位置を探します。

2本のボルトが付いた頃には、かるく2時間

が過ぎていました・・・


CIMG8617

よし、今度は左側だ !

始めようとしたら、何とエンジンにマウント

を付けるブラケットが割れていました !

これじゃマウントの交換が出来ないよ・・・

マウントを外しちゃうと、エンジンが宙ぶらりんに

なってしまうので、今日は、ここまで。

部品が来てからの交換になります。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

10/17

メカ山田です。

ブラケットも入荷したので、作業再開です !


P1020974

マウントとブラケットを外します。

ラジエーターが外れているので、とっても楽チン !

元のブラッケットは、バキバキに割れてました。


P1020976

純正のブラケットは、もう部品が無く、

代わりに強化品になります。

どこが強化されているのか見てみると、

鉄板の厚みが厚くなっているよ !


P1020975

ブラケットにマウントを取り付け、


P1020977

車両に取り付けます。

これでやっとジャッキを使わなくてすむよ !


P1020978

つづいてサーモの交換です。

ボルトを抜く時は、ドキドキでした。

1本折れそうだったからね。


P1020979

取り付け面と、


P1020980

ハウジングを清掃して、


P1020981

新しいサーモを取り付けます。

ボルトは、もちろんステンレス製に交換 !

これで安心です。


P1020982

サーモの次は、ウォーターポンプの交換です。


P1020983

取り付け面を清掃します。


P1020984

バイパスホースも交換します。

青くてカッコいい !


P1020988

ウォーターポンプを取り付けます。


P1020991

つづいてロアーホースを交換します。


P1020992

元のホースには、ファンスイッチが付いて

いますが、今回は、ラジエーターにファンスイッチ

が付くので問題無し !


P1020993

ロアーホースを取り付けます。

もっと青くなってカッコいい !


P1020995

さらにヒーターホースです。


P1020997

このホースは二分割です。


P1020999

ヒーターバルブも交換します。


P1030001

新しいヒーターバルブを付け、


P1030002

ヒーターバルブとさきほどのホースを

もう1本のホースで繋ぎ、ホース交換終了 !

明日は、いよいよラジエーターの取り付けかなぁ?



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

10/20

メカ山田です。

中二日空いてしまいましたが、今日は

ラジエーター取り付けますよ !


P1030107

ラジエーターをエンジンルームに入れ、


P1030113

ロアーホースを付けます。

今回から新たな工具を導入しました。

その為、ホースバンドだけは、以前より

締めやすくなったかな。


P1030115

ラジエーターを固定し、


P1030121

アッパーホースを取り付けます。


P1030125

ファンスイッチの場所が変わったので、

ハーネスを延長します。

元のは、ロアーホースに付いていたからね。

場所が変わったので、ロアーホースをカット

しないですむし、いい感じです !


P1030126

いよいよ水路洗浄の始まりです。

抜いた冷却水は、キレイなタダの水でした。

水漏れのため、何度も水を補充したのかな?


P1030129

洗浄剤を入れて、洗浄開始 !


P1030131

洗浄後に抜き取った水も、たいした汚れ

も無く、


P1030132

すぐにキレイになりました !


P1030133

クーラントと、


P1030134

クーラントブースターを入れ、

エアー抜き開始です。


P1030136

エアー抜きが終わったら、ETCの取り付け

を行います。

取り付け場所がウッドパネルの裏なので、

ウッドパネルを外します。


P1030138

メーター横からハーネスを引き込み、


P1030141

ステレオから電源を取ります。


P1030142

配線をタイラップでまとめて、


P1030143

アンテナの取り付けです。


P1030145

Aピラーから、


P1030146

メーター裏を通して、ウッドパネル裏側へ・・・

本体を付けて、作動を確認します。

ちゃんと作動しましたよ !

OKの合図は、「OKです」ではなく、

「カードが入っていません」でした・・・


P1030153

本体をウッドパネルに取り付けます。

まず取り付けブラケットを付けて、


P1030154

本体を取り付けます。


P1030155

ハーネスを付けて、


P1030156

ウッドパネルを取り付けます。


P1030158

仕上がりは、こんな感じ。


P1030159

フタを閉めれば、スッキリです。

本体が見えないので、車上荒らし対策?

にもなったりして・・・

今日は、ここまで。

残すは、オイル交換だけです。



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

10/21

メカ山田です。

本日は、オイル交換を行います。

レッカー入庫から結構経ちましたが、本日で

終了予定です。


P1030166

では、始めます。

オイルがかなり汚れているように見えるけど、

最後に交換したのはいつかなぁ?


P1030168

グリスアップも行います。

これはミニにも、とってもいいですね。

ミニも生産から月日が経ち、ご老体になって

いますから、いたわりながら末永く付き合って

いってくださいね !


P1030169

オイルフィルターも交換します。


P1030171

新しいフィルターを付け、ベルト調整です。

ベルトを外さないと、フィルターが外れませんから・・・


P1030173

オイルを入れて、


P1030174

量を確認します。


P1030175

グリルを付ければ、全て終了です。


P1030176

オイルステッカーを貼っておきましたので、

次回の交換の目安にしてください。





s-20130625b

10月24日追記

今日、納車でご来店です。

CIMG9369

いらっしゃいませ。

入庫編 で、保険会社から借りたレンタカーはキャメルで乗り捨てOK。

故障してもほんとに安心な保険ですね。


CIMG9376

店内で、修理のようすをパソコンでご覧いただいた後、

MTM様、自分のカメラでもきれいになった、冷却系を写真に収めてました。

facebookにアップするそうです。

CIMG9379

元気に復活した、久しぶりの愛車で笑顔のMTM様。。

CIMG9382

お気をつけて。。。

今後の定期的なメンテナンスでもご利用ください。。。

ありがとうございました。














クラシックMINI専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
 にほんブログ村 クリッククリック