40周年車。
ミッション編に続き
エンジンオーバーホール編です。

長編なので、先にトイレ行っといてね。
そういえば、最近トイレが近くてのぅ~。

CIMG0630
人間も40周年を過ぎるとオーバーホールしたいところ。
とりあえず、首のストレッチから。


CIMG0631
初めてイジッたエンジンってなんだったかな。
スーパーカブいや、パッソル?
いんや、えんや、ENYAだよ。 思い出した。
ENYAっていっても、歌手じゃないぞ。


BlogPaint
ピストンリングの合口隙間を測定中です。

IMG_0250
おじいさんの柱時計。
ボアゲージでシリンダー内寸を測定中。
左右に振るところは一緒なんだけどな。
3時40分です。

IMG_0252
外したピストンも測定中です。



IMG_3837
燃焼室の状態です。
カーボン溜まってますよね。
オーバーホールし甲斐があります。

IMG_0261
バルブを抜きます。
左側がインテークポートで
右側がエキゾーストポートです。
エキゾーストはカーボンススが堆積してます。


IMG_0270
バルブも点検します。
いっそのこと、
ナトリウム封入バルブに交換したい妄想に。


IMG_3831
トロコイド式オイルポンプです。
インナーとアウターのローターの隙間が
回転で縮まったり広がったりでオイルを圧送します。
気密性が大事。



IMG_3845


IMG_3846


IMG_3847
クリアランスを測っときます。

IMG_3854



IMG_3859
スラスト方向の点検します。

BlogPaint
クランクメタルは表層がハゲかけております。


BlogPaint


IMG_3955
ストレートエッジで歪み測定です。
2番、3番間も歪みなしです。
優秀。

IMG_3965


6月14日
追記分です。


IMG_4897

シリンダーボーリング加工から
戻ってきた部品です。




IMG_4899
ウォータージャケットを覗きます。
洞窟探検みたい。
洞窟は鍾乳洞だけどエンジンは内壁に錆びが発生するんですね。


IMG_4900
コアプラグを交換します。
フリーズプラグとも言われ冷却水が凍って体積がふえたときにヒューズの
役目をするとか、しないとか。←どっちなんじゃい。。
製造時に鋳型の砂を抜くとか抜かないとか。。←どっちなんじゃい。
とにかく
交換します。

BlogPaint
コアプラグの裏側は結構錆びています。


BlogPaint
オイル
リリーフスプリングも外します。



BlogPaint

よく研摩します。

IMG_4932
ガリガリっとリブを削るぐらいの勢いで
汚れ落とし作業です。

IMG_4933
ガリガリのあとは
やさしく、ナデナデ。
砥石で表面を均します。

IMG_4935


IMG_4936
ネジ穴をタッピングします。

IMG_4937


BlogPaint


IMG_4940
エンジンスタンドにセットして
あとは洗浄です。


6月16日
です。


DSCF9595
大きくなれよ。


DSCF9594
こっちもな。
ガーデニング中。




IMG_4943
切削で、でた汚れをよ~く洗浄します。
金属片が残っていたりすると、悪影響でますから。

IMG_4950
ピストン測定。
ワンサイズオーバーです。
ピストンに合わせてシリンダーボアもボーリングしとります。

IMG_4951


IMG_4953
ボアを測定してピストンとの差がクリアランスです。


IMG_5185
クランク径を測定します。


IMG_5198

プラスチゲージで測定です。




IMG_5205



IMG_5207


BlogPaint






IMG_5214


BlogPaint
クランクシャフトとブロック間の
スラストワッシャの厚みを測定中。

BlogPaint
用意しました、新品のコアプラグ。


IMG_5238
コアプラグを打ち込みます。





IMG_6972
ブロックをペイントします。


IMG_7154
キャップボルトを規定トルクで
締め付けます。


IMG_7161 (2)
ピストンを組み付けていきます。

IMG_7245
カムフォロワーを組み込みです。

IMG_7420
タイミングチェーンを張ります。

IMG_7422
プライマリーギヤを仮付けし
クリアランスを測定調整です。

IMG_8160
バルブタイミングを測定します。
ノーマルカムなので調整できませんけど。
確認の参考値です。

IMG_8210
エンジンヘッドもペイント致します。

10月23日
追記分です。


IMG_2292
カバーケースにベアリングを打ち込んで行きます。



IMG_2294
カムスプロケナットを規定トルクで
締め付けて、ロックワッシャーを折り曲げます。

IMG_2296
レッドポイントのオイルポンプを取り付けます。
空回しした感じが引っかかりもなくスムーズに回ります。

IMG_2298
取付けボルトを規定トルクで
締め付けます。
ここ大事。

11月6日
追記分です。


IMG_3170
エンジンとミッションを合体させる前に
ハウジングカバーを仮付けして
アイドラーギヤのクリアランスを測定します。


IMG_3171
シムを選択して入れます。
このシムがどっかに行ってしまい探すのに、えらい時間かかりました。
なんせ、分解したのが、かなり前だったので。
ほとんど部品探しの時間のような気が。

IMG_3173
スタッドを打ち込んで
合体準備いたします。


IMG_3176
タイミングチェーンカバーのオイルシールを
打ち込んでおきます。


IMG_3195
良く脱脂しておきましょう。

IMG_3347
エンジンとミッションの合わせ面に
半月シールを取付けます。

IMG_3350
ミッションを裏返してブロックに載せます。
合わせ面のボルトとナットを締め付けていきます。



12月1日
追記分です。


IMG_3598

タイミングカバーを取付します。



IMG_4112

アイドラーギヤをセットして

IMG_4114
ハウジングケースを取付けます。





IMG_4293
クラッチシールをSSTで取付けします。




IMG_4296
カバーのプランジャのスライドする箇所を
磨きます。

BlogPaint
シルバーでペイントします。

IMG_4384


IMG_4389
フライホイールのスタティックバランスを
取ります。

IMG_4391
アンバランスな箇所を削ります。

IMG_4393

何度も回転させて
バランスを詰めていきます。

12月16日
追記分です。


IMG_4712

バランス取りの完了したフライホイールとクラッチを組み付けて
行きます。



IMG_4717
カバーを付けると
カタチになってきました。


IMG_5299
ブラケット類も塗装し直します。


IMG_5720
クーラーコンプレッサーと
オルタネーターを取付け



IMG_5717
テンションプーリーは
新品に。

IMG_5723


IMG_5727
試走が終わったら
ベルトは再調整します。

12月26日
追記分です。


IMG_6294
スターターモーターを
取付けます。



IMG_6296

ラジエータを
取付けです。



IMG_6310
ラジエータホースと
サーモスタットを取付けます。
ほぼ、完成です。
あとは、細かい補機類を装着します。











クラシックMINI専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
 にほんブログ村 クリッククリック