曽根です。




『ワークスATが運動会で勝てないのはドライバーのせいじゃない、MINIのせいにしてしまおう』 という企画

でスタートしたワークスATリニューアル作戦。。


DSCF6795

いきなりですが、木箱との別れのシーンから。。。。





今さら当たり前ですが、ワークスATはオートマです(笑)

オートマで存分にMINIらしい楽しい走りを楽しむためには、まずは信頼できる快適なオートマが必須。。

だいたい、オートマでサーキットなんか走ったら壊れちゃうだろ・・・

という皆さまの暖かい声援(笑) に応えて 壊れないオートマ で表彰台を目指します。


DSCF6638

ワークスATは走行は13万キロ。。

キャメルに入庫したときから、発進時に少しジャダーが出てたので

そろそろオーバーホールの時期かな・・って。

DSCF6654

ご存知のようにエンジンとオートマは一体になってます。

今まではここで、オートマを分離させてオートマだけを送るのですが、

今回からはこの状態で送ります。

DSCF6677

今回からオートマ修理をお願いする九州のIWS自動車の社長いわく、

『エンジンとオートマが合体しているMINIの特性から、オートマだけではなく全体としてメンテナンスする必要があるし、直ったオートマを実際に走らせて確認してから送り返す』

という職人魂。。 

すでに何百台もの 壊れないオートマ修理の実績。。

CIMG1326

オイルと水は抜きますが、底には残ってる状態なのでビニールカバーして

DSCF6789

専用の通い箱に収まります。。

DSCF6791

蓋して出来上がり。。(笑)

DSCF6861

九州へ旅立ちました。


壊れないオートマへのリフレッシュのようすは、実況中継されますのでお楽しみに。。



7/17 追記分・・ ここまでやる、オートマ分解前の事前チェック







クラシックMINI専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
 にほんブログ村 クリッククリック