曽根です。


昨夜の献立は思い出せないくせに、30年以上前のことを思い出す・・・・

それって、老○○痴○症・・・ かも。


で、昔やってたことを思い出しました 

DSCF7092

プラグの電極が開いてる方をインテイクバルブに向けて取り付けてました。

プラグのインデクシングです。


DSCF7068

アイドリングが制御されてしまうインジェクションだと結果が分かりにくいので、

1000ccキャブの曽根号で実験します。


DSCF7076

十分暖気した状態でのアイドリング。。  

実際には800回転強ですがタコメーターでは750回転くらいを指してます。




BlogPaint

バルブの方に向いてる方向に黒マジックで印をつけてから外します。

BlogPaint

今までついていたプラグの方向です。

BlogPaint

2番は吸気側に向かってますが、1番は吸気側に背を向けてます。


BlogPaint

4番も背を向けてます。  3番は両バルブに向かってるので良しです。

1番と4番が要調整です。





ヘッドにプラグを付けて燃焼室側から見てみると・・・

DSCF7090

手前の大きなバルブが吸気バルブです。

自分が混合気になったつもりで見てみると、バルブから飛び出したらすぐ目の前にプラグの電極が見える感じ。



DSCF7091

電極に背を向けられると、遠回りして火花を見に行く感じ。。

なんとなく着火しにくそうでしょ。 




そこで、着火しやすいようにプラグの電極を吸気バルブ側に向けて取り付けます。


BlogPaint

電極が開いてる方に赤いマジックで印を付けてから取り付けてみます。

BlogPaint

ちょうど良いところに来るように調整用のワッシャーを入れて取付。。

BlogPaint

ワッシャー調整とプラグの順番を入れ替えたりしながら、地道な作業です。

BlogPaint

とにかく、バルブに背を向けないでセットできればOK。。

BlogPaint

右側が1番プラグ、 吸気バルブ側に向いてます。

BlogPaint

4番もバルブの方を向きました。





そして、試運転。。。。

DSCF7109

低回転での振動が減った感じがします。

滑らかになった分、トルク感が少なくなったような感じがしますが、もちろん錯覚です。

DSCF7110

プラグのインデクシングする前と比較して、体感でもわかるくらいにアイドリングは上がってます。

30回転くらいかな・・・・。




Image14

プラグのインデクシング。。 MINIには効果ありです。



(※ECUで制御されてるインジェクション車は滑らかになりますがアイドリングは上がりません。)


インデクシングの次はセンタリング・・




7月14日追記

プラグインデクシングのことを検索してたら『青に聞け!』 にも書いてありました。

トヨタ車は、だれがプラグ入れても吸気側に向くように、プラグ穴のネジの切り方が設計されてるらしいですね。









クラシックMINI専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
 にほんブログ村 クリッククリック