曽根です。

9月14日に筑波サーキットで開催された、三和TRACK DAY に

キャメルオートから、全員初参加で8台参加してきました。

『行ってきました』の ご報告ブログは こちらです・・・・・




筑波サーキットのコースはこんな感じです。。


筑波サーキットコース図1
(※ 筑波サーキットのHPから引用)




もう一度、今回の登場人物紹介です(笑)

DSC00792

キャメルオートのワークスAT。

ATは『安心オートマ』に換装、

エンジンは、ストックヴィンテージさんの協力でアドバイスいただき、

ハイカム+高圧縮化+S.V.オリジナルSFR(燃料増量システム)までやってあります。

直線で速い!のはS.V.チューンのおかげですね。

今後、スロットルボディやインマニ交換しようと思ってますが、ノーマルECUが使える範囲でのチューンの予定です。 
もっと直線が速くなるってことです(笑)

足回りはギリギリ間に合って調整しました。

標準3度のところ6~7度というハイキャスターは、

直進性が良くて高速道路のクルージングには安心できて良かったんですが、

アクセル踏んだ状態で曲げていくダンロップ下と最終コーナーでは曲がりにくかったかな。。。


DSC01196

オートマの田中さん。 ハイリフトロッカー、タコ足、Sタイヤ で標準的なオートマよりはやや武装気味。

前日取り付けたリヤスタビはどうだったんでしょう。。




DSC01944

オートマの馬場さん、

ほとんどノーマル。 タイヤもノーマル。


DSC01021

7年式の1.3iメイフェアベースでSUツインキャブ化の手塚さん。

タイヤは10インチのHF-D 

峠越えの通勤がトレーニングコース?(笑)



DSC01004

キャブクーパーの成田さん。

新品のラバコンにした以外はほぼノーマル。

タイヤは10インチのSタイヤ。




DSC00997

8年式1.3i クーパー4F

7月にウレタンコーンに交換で足回り強化。。

ブレーキは10インチ4ポッドキャリパー。 ネガキャンにSタイヤ。。

エンジンは、ストックヴィンテージのビッグスロットル+インマニ+SFR+ハイリフトロッカー



DSC01842

キャブクーパーの石灰さん

ミッションは5速ですが、エンジン、足回りはほぼノーマル。

タイヤは12インチVグリッド



DSC00939

スポーツパックの高宮さん。

エンジンはノーマル。 ブレーキは10インチ4ポッド化 

足回りはネガキャン2度 で Sタイヤ




859A3467

S.V.枠からの参加、太田さんは1.3ウェーバーキャブでスペックの詳細は不明ですが90馬力位だそうです。

強めのネガキャンとSタイヤで、今回筑波初走行なのに、1分15秒台だったようです。。。

この先どこまでタイムを縮めるのかが楽しみです。

A組での参加だったので、今回の動画には残念ながら入りませんでした。



 

今回定点ビデオが無く、手持ちのデジカメでの映像です。by佐藤君。



第一ヘアピンからの映像です。






ワークスATの車載カメラ3連発です。

広角なので周りのようすも見えます。




デビューラン1回目です。



馴らし運転中の身であることをすぐに忘れてしまいました。

一応、リミットを6000回転ってことで






ワークスATの車窓から 2本目

 

最終コーナーで目の前で手塚さんがスピンの映像撮れてます。

笑いすぎてゴメンね。。

その後、馬場さんも第二ヘアピンで外に行ってたね。






ワークスATの車窓から 3本目

 

ワークスATのベストラップはこの回の3周目で1分22秒031でした。

前を行くアーモンドグリーンは宮田さんです。





Image14

安心オートマでのマニュアルシフトアップはアクセル全開でガンガン行ってOKですが、

高回転で回転差が大きいシフトダウンは、ブレーキバンドの消耗と、最悪のケースとしてべベルギヤの破損のリスクはあります。 (通常走行の場合は問題ありません。)

今回はサーキット走行ということで、オートマでも積極的なシフトダウンを行っていますが、変速時の回転差を和らげる為にブレーキングしながら行ってます。

最終コーナー入り口あたいでは130km/h くらいは出てますが、間違えて2速までシフトしてしまっても、2速に入ってしまうので特に注意が必要です。
  
(スピードメーター読みで130km/hでしたが、後でラップ表みたら最高118kmでした。)


安心オートマは分解の際、べベルギヤトレインを完全分解して点検します。

べベルギヤを溶接で補強しようとすることは更に破損のリスクを高めてしまうことになり危険です。

シフトダウン時の最大強度は、このべベルギヤの強度でもあります。

通常走行ではそんなに神経質になる必要はありませんが、サーキットのような極限状態では念のために注意しておいてください。






mDSCF0578 シフトゲートでシフトミスを予防したほうがよさそうですね。












次の動画は、手塚さんの3本目の車載です。

 

最終コーナーでスピンした2本目はゴープロのスイッチ入ってなかったそうです。残念。





そして、最後はいつものおバカな反省会。

筑波でも、でっかい声でやってきましたよ。

 

楽しかったな。。。

また機会があればぜひ走りたいと思います。





Image14

ワークスATはポテンシャル感じました。

まだまだ速くなるよー

速く走りたい人はオートマを選ぶ日が来るぞ・・・ウヒヒヒ。


9月20日追記

三和トレーディングさんのHPに結果表がアップされてました。

スポーツ走行Bクラス 1回目  2回目  3回目



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています






 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002