曽根です。


YMD様の 前にも後ろにも動かなくなっちゃって 安心オートマにします 

の オートマ分解作業レポートです。


このオートマの症状は、突然、前にも後ろにも動かなくなってしまいました。

3速だけ僅かに動こうとする素振りを見せます。

これは、TGS様のMINIと同様で、典型的なベベルギヤ剥離の症状です。


Image14 

みなさん、自分のMINIもこんなふうにすぐにベベルギヤが剥離して動かなくなってしまうんじゃないか・・・

と心配されてる方が多いようですが、ローバーオリジナルのオートマは、

動いてる時に反対側へギヤを入れるような手荒なことをしなければ、

これほど頻発する故障ではありません。

当社も今まで扱っていたあるショップのリビルトオートマが抱えるトラブルの特徴です。

これから分解点検するオートマも、そのリビルトオートマの事例ですので、

過度な心配されないようにご覧ください。

ただ、リビルトオートマではかなりの影響力を持ったショップの製品ですのでかなりの量が出回っていますね。





さて、九州工場に届いたYMD様のオートマです。

DSCF1995

オイル汚れもそのままで送るのは、

分解する前の状況をできるだけわかっていただくためです。

DSCF2008

フロント側のオイルシールからオイル漏れがあるようですね。

このような現状把握チェックから始まります。





ウォーターポンプとコアプラグを外して

DSCF2035

究極の水路洗浄開始です。

DSCF2018

ウォーターポンプを外したところ






温水高圧洗浄機の圧水で汚れを強烈に押し出します。

DSCF2026

コアプラグ穴からもガシガシ汚れがでます。

オートマオーバーホール前のこの洗浄だけでも価値がありますねぇ。

このエンジンはキャメルでも何回か水路洗浄したことがあり、

汚れは少ない方だったようです。 

DSCF2032

風呂上がりでさっぱりしたところで、まな板の上に乗っかります。

DSCF2055

各気筒の圧力の保持力テスト。

DSCF2058

あれ、4番がリークダウンしてます。

DSCF2059

排気バルブ側の漏れでしたが、今回はノックすることで回復しました。

移動中のカーボンの噛み込み等が考えられますね。

今回は、ヘッドオーバーホールしないので、キャメルに戻ってからRECSなどで燃焼室をきれいにすることにします。





ミッションのフロントパネルを外したところ。

DSCF2044

ブレーキバンドを締め付けるサーボピストンですが、調整されて組み込まれた時は、

このバック用のサーボは5mm程度の動きですので、かなりブレーキバンドはすり減っているようです。

DSCF2045

このサーボピストンは2速バンド用。 

ここは1mmほどの動きで調整されるところですが、やはりかなり大きな消耗が予想されます。



DSCF2050

オイルポンプは、基準の15/100mmのクリアランスを超えてしまってたので、下の写真の中古良品と交換します。

DSCF2164

新品が無くなってしまった今、キチッとした精度でリビルトされたオイルポンプができることを熱望します。。

油圧の要ですからね。。

DSCF2080

このショップのリビルトオートマは白い液体ガスケットが使用されていることが多いようです。

DSCF2081

こんな感じです。


DSCF2071

では、エンジンと切り離します。


DSCF2076

2速ドラムも、

DSCF2077

3速ドラムも、削れて凹んでました。

ブレーキバンドの材質が強すぎるようです。

DSCF2084

その強すぎるバンドの摩擦材は金属を削りながら自らもかなり消耗していました。、

DSCF2087

バンドの金属部分も出てきてるころもありました。




削れた摩擦材のカスはストレーナーのメッシュで目詰まりしてました。

DSCF2089

ちょっとこれは・・ 多すぎます。。。

DSCF2094

岩崎自動車/キャメルオート の安心オートマで使用している摩擦材では、

このようなことは起こりませんのでご安心を・・・。





今回トラブル起こした問題のギヤキャリアの分解です。

DSCF2100

クラッチプレートもこのリビルトオートマのオリジナル品ですね。 

純正供給が無いのでクラッチ板、ブレーキバンドなど、各ショップが工夫しています。


岩崎自動車が使用するオリジナル品は、純正と同サイズの2.83mm厚で純正以上の品質。

この製品精度も、オートマのタイムラグの大きく影響するところです。


DSCF2103

左右で向かい合ったギヤがベベルギヤです。

DSCF2108

これらは再使用されません。

部品取り用に準備した、もう1基のミッションのものを使用します。

DSCF2110

ベベルギヤの位置合わせも良くなかったようで削れて陥没していました。

DSCF2115

剥離したベベルギヤ。

補強のための溶接が裏目に出てしまいました。

DSCF2118

ギヤの噛み合わせが良くなく刃こぼれしてしまってました。


岩崎自動車/キャメルオート の安心オートマでは、完全分解して点検後、

ギヤキャリア内のギヤはオリジナルの組み合わせで使用します。

他のギヤを流用する場合はそのギヤの合わせ加工をしてからしようするので、

このように削れてしまうようなことはありません。



DSCF2121

エンジンブロック側のメンテナンスに入ります。

DSCF2129

クランクとコンロッドのメタルは必ず交換します。

DSCF2133

コンバーターと反対側のクランクメタル上側がすり減ってしまうのは、

オートマ特有の症状です。

満タンになる前のアンバランスのコンバーターの偏心によるものでしょうか・・。


DSCF2146

オートマの修理にエンジン側のメタルクリアランスが重要なのは

MINIがエンジンとミッションが一心同体だからです


DSCF2162

タイミングカバーのオイルシールは無理なく抜けてきました。

初期点検で見つかったオイル漏れの原因はこれでしょうか。

DSCF2174

組みあがったエンジンが安心オートマと合体。。





そして、完成検査は実際にMINIに積んで動かします。

DSCF2178

サーモスタットが開いたとこで、冷間油圧測定。

DSCF2184

前進側 7.5kg  OKです。

DSCF2185

リバース 13.2kg OKです。



そして、実際に走ります。

試運転画像


走行後の 温間時油圧です。

DSCF2188

前進 7.5kg OK。

DSCF2190

リバース 12.5kg  OKです。


m岩崎さんピース1岩崎さんより・・・

ブログで、このMINIのオーナーのYMDさんを見てるので会ったことがあるような気になります。

試運転してバッチリ確認済みです。 


sone2

ありがとうございます。

あとはキャメルオートで確実に組み込んで納車させていただきます。



本編はこちら・・・前にも後ろにも動かなくなっちゃって 安心オートマにします



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています






 

          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002