曽根です。


最近、何度も話題にしてる低温でのオイル粘度ですが、

今日は、ワークスATでオートマのオイルも考えてみようと思います。



入っているオイルはワコーズの100%化学合成 5W40

一般にMINI向きと言われてるオイルより柔らか目です。

先月の本庄サーキットでの運動会もこれで激走しちゃいました。




さて、では本題の朝の冷間時の実況です。

気温1度でエンジン始動。 

油温6℃から17℃になるまで約4分間の暖気運転でゆっくり出発。

DSCF5674

30分間走行でキャメルオートに着くまでのビデオです。







~*~*~*~*~*~*~

☆注意 : 1週間以上動かしてない場合は、

オートマのコンバーター内のオイルが減ってるので、

コンバーターにオイルが汲み上がって、

そしてオイルの泡立ちが消えるまでのウォーミングアップは必要です。

~*~*~*~*~*~*~




30分走行してキャメルに着いた時の油温63℃

DSCF5678


通勤モードの走りなので、このまま走り続けても水温程度まで上がるかどうかというところですね。


この季節に通勤や近所へのお買いもので使うMINI と

夏に渋滞にハマったり、サーキット攻めるMINI・・・ 

これは極端な例ですが、やっぱり同じオイルじゃない方がよさそうですね。


BlogPaint

40℃と100℃の動粘度を元にいろんなオイルの温度によっての粘度を比較してたりします。


BlogPaint


15W50と5W40で単純に比べて15℃違いで同じ粘度です。

もちろん、粘度だけがオイルの性能じゃないですが、

寒いときの全身に行きわたり易さ、とか

熱いときの油膜の厚さは、ほぼ粘度と比例するのでやっぱり粘度は大事です。


この季節は氷点下の低温で隅々まで素早く潤滑できる性能 から 90℃位までに最適な粘度のオイルが車のためにも良さそうですね。


Image14

12月13日(土)の筑波サーキットでのトラックディ。。には、

ワコーズの定番オイルのプロステージで、今 一番人気のブレンド《8W40》で行こうと思います。






にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています






 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002