曽根です。


名古屋からご来店いただいたMTM様。。

ギヤ入れてから繋がるまでのタイムラグが気になるオートマ。。。

それから、もう少し元気に坂道登れるように元気にしてね

ラバコン交換で乗り心地改善のご依頼もありますが、ここでは安心オートマとエンジンリフレッシュのご報告をさせていただきます。。

IMG_0177

『じゃ、頼むよぉ~。』 

『はい、かしこまりました』



~*~*~*~*~*~*~*~*~*



ここからは九州岩崎自動車での作業です。。。

DSCF0560

それまでの使用状況が伝わるように

きれいに洗わずお客様が使用していた状態で届けられます。

DSCF0566

キックダウンスイッチなど、オイル漏れの定番ですね。

DSCF0572

どこも、大量に漏れてるわけではありません。


DSCF0580

バルブスプリングの色から見て、オイルメンテナンスは悪くなかったと思われます。

DSCF0582

燃焼も問題はないと思います。

DSCF0583

ウォーターポンプやコアプラグの内側もコンディションは良く、水路の状態は悪くないです。

DSCF0584

ウォーターポンプが外れたところから水路を覗いても、錆は少なくよいコンディションでした。

しかし この後の高圧洗浄機で水路内の錆は追い出してますますキレイになりました。。


DSCF0585

デフにガタがあります。

ガタが大きくなるとインナーブーツのバンドの結束部分がATケースを削事があります。

分解してキチッとスペーサーでクリアランス調整してガタはなくしておきますのでご安心を。


DSCF0589

外からわかる情報を収集してから本格的に分解開始。

DSCF0590


DSCF0591

今回はオイルフィルターの交換時期を超えたようですね。。

DSCF0594

オートマ分解の前に、フロントパネルを外してサーボピストンの状況をチェックします。

DSCF0596

リバースのサーボピストンの動きはやや大きくなっているものの正常の可動域の範囲です。

前期、後期型を問わず、リバースのバンド消耗が大きいのがMINIの特徴です。


DSCF0597

3速バンドの消耗は問題ないレベルです


DSCF0598

2速バンドも状態は良さそうです。





ブレーキバンドやドラムからは顕著な症状は出てきませんでしたが・・。

DSCF0601

ここで出てきました。 

オイルポンプのパッキンがまた千切れてしまってます。

後期型から使用されているこの純正パッキンは伸びてプチッと切れてしまうようです。

最後の組み付けのところで出てきますが、安心オートマは伸びない材質でできたMT用を流用することで解決しています。

DSCF0602

油圧の元のオイルポンプのクリアランスは、安心オートマの使用基準を超えてるので交換です。



DSCF0616

チェーンテンショナーの消耗からの推定ですが走行は10万キロ超えでしょうか・・・

DSCF0617

ここでエンジンとオートマを切り離します。


DSCF0623

ドラムにキズはなく綺麗な状態ですね。 問題なく再使用できます。

DSCF0626

オリジナルのままのブレーキバンドはまだ摩擦材がしっかり残っていてたいへん良い状態でした。

オイルポンプに問題があり油圧上昇に時間がかかって大きなタイムラグを発生するようになってすぐに対処したのが良かったのでしょう。

やはり早期発見、早期治療ですね。

DSCF0631

ストレーナーにも摩擦材のゴミもなく綺麗な状態でした。

DSCF0634

フォアードクラッチもまだ溝が残っていますね。

DSCF0635

トップ&リバースクラッチも大きな損傷はありませんでした。

もちろんクラッチ板は交換しますよ。


まったーマン1ss
チェーンテンショナーからの推測ではありますが10万キロ超えでこの状態は良いですね。

もちろん、シフトした時のタイムラグが出てきた時点で油圧不足なのでオーバーホールのタイミングとしてはベストタイミングかと思います。

このオートマはオイルメンテナンスや暖機運転もキチッとされていたのでしょう。 オイルポンプ本体とパッキン異常がなければ、もっと乗れていたでしょうね。
残念ですが後期型に多い原因と症状です。

ここで、安心オートマになれば、それらの原因はすべてクリアーになります。 『安心』ですね。




DSCF0639

ギヤキャリアも完全分解して点検します。

DSCF0641

2つが向かい合ってるべベルギヤは1つが剥離していても症状が出ないので、このような完全分解による点検が必要です。

他の車の部品の混用もできないたいへんデリケートな部分です。




現場で書き留めたメモ・・。 

岩崎さんはコレが公開されるとは思ってなかったかも・・

BlogPaint

岩崎さんは作業終了後すべてのオートマのオーバーホール記録を詳細にノートに書き込んでいるのですが、
現場での作業のようすが伝わってきますね。。。


オートマは分解点検、洗浄されて、消耗部品(ブレーキバンド、クラッチ板、オイルシール・・・)は交換されて安心オートマに生まれ変わります。

組み込みは下記の過去ブログを参考にご覧ください。

ワークスAT オートマ組み込み ギヤトレイン編

ワークスAT オートマ組み込み ハウジング編





ここからはエンジン編です。 

今回はヘッド、エンジンともにオーバーホールで蘇ります。。。

DSCF0653

取り外されたヘッド

DSCF0656

長年の使用でカーボンはついてますが異常はなさそうです。


DSCF0661

シリンダーブロック側も測定します

DSCF0662

シリンダー上部の内径、

DSCF0664

DSCF0665

下部の内径 

異常摩耗はなくそのまま使用可能ですね。

DSCF0669

ブロック上面の歪みもOK。



DSCF0673

DSCF0675

クランクのスラストも正常値。。 優秀ですね。


DSCF0677

親子メタル分解で、ブロンズまでは出てませんが何か所かにキズが入ってました。

DSCF0678

DSCF0679







DSCF0682

バルブリフターはカムに叩かれ続けて傷だらけですね。。。

ここはOHVのミニの弱点です。 

ここを守るものオイルの使命ですが、厚い油膜だけでなくZDDPなどの添加剤や叩きに強いポリマーなど力を合わせて守っていかなくてはいかない部分です。
(この話題だけでもかなり深くなるでしょうね・・・。興味深いけど難しい話題です)




ピストン取り出しました。

DSCF0685

おぉ~。 カーボンがカッチリついてます。

3番目のオイルリングは固着して動かなくなってました。

これではオイルリングの仕事できてませんでしたね。。。

でもこういうのを見つけると、ちゃんと組み付ければ前より良くなるなぁ。。。と嬉しくなります


DSCF0690

ピストンリングはすべて交換します。


その前にヘッドのOH。。。

DSCF0696


DSCF0699

固着したカーボンをきれいに削りとります。

DSCF0705

オイル下がりやブローバイでカーボンだらけでした。


DSCF0713

ザクッときれいにお掃除した後バルブも分解

シートカットも行います。

DSCF0729

ブルーマイカでヘッドもペイントされました。

DSCF0731

綺麗に磨かれ、バルブ当たりも出します

DSCF0733

ピストンは再使用ですがきれいに洗浄します。

DSCF0734

固着していたリング溝もスッキリぃ。


DSCF0756

新品のピストンリングが入って新品同様です。。

DSCF0728

ブロックもブルーマイカでペイント。。。

DSCF0736

ヘッドも分解する場合はブロックも完全洗浄できるのでこのようにきれいにペイントできます。

(ペイントはヘッドOHされる場合だけのオプションです)

DSCF0741

カムも外されカムメタルも交換。。

2本ラインのメイフェアカムは中低速トルクが太くオートマでは乗りやすいカムです。

ここでワークスATのようにカム交換する手もありますが、カムでエンジン特性が大きく変わるので特にオートマ車では選べるカムは限られてますね。


DSCF0748

キチッと規定値でクリアランスを取りながら組み付けられます。

クランクも手でストレスなく回ります。

DSCF0771

完成した安心オートマと合体の時が来ました。

DSCF0775

十数年連れ添った仲ですが、お互いきれいになって改めて再会で新婚気分です。

DSCF0780

DSCF0785

現時点で他店では手に入らない高品質の純正オリジナルチェーンテンショナーを使います。

(申し訳ありませんがこのチェーンテンショナー単体での販売はしていません・・・)


DSCF0790

オイルポンプは クリアランス7/100mmの中古良品に交換します。

オートマ用のオイルポンプを再生できるようになると良いですねー。

DSCF0804

完全リフレッシュされたヘッドもここで再会。。

DSCF0810

サーモスタットも交換

DSCF0813

ヘッドも合体。



そしてここからが完成試験。

DSCF0816

テスト運転用の補機が取り付けられて、

BlogPaint

テスト車両に積み込まれます。

DSCF0821

サーモスタットが開いたところで油圧測定

DSCF0823

アイドリングでの前進油圧7.2kg  良好です。


DSCF0824

リバース油圧12.5kg   良好ですね。




そして約30kmにおよぶ実走行テスト

DSCF0827

今回はヘッドとエンジンも含めてのフルオーバーホールでしたので、新車のテストのようですね。

オートマの変速も良好です。

MTM様のMINIに積まれるのが楽しみです。




そして走行テストを終えてからの温間油圧測定です。

DSCF0833

既定の1000回転より低い、850回転のアイドリングでの測定値です。


DSCF0834

前進 6.8kg  良好です。


DSCF0836

リバース 11.5kg   良好です。

規定の1000回転ならもう少し高い値がでますがアイドリングで十分な油圧確保されてます。


m握手1

今回もたいへん気持ちのいいオートマができました。

エンジンもリフレッシュしてほとんど新車のようです。



MTM様のお預かりから納車までの本編は こちらから・・・・・・・






にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています







クラシックMINI専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002