曽根です。

オイルラインナップにWAKO'S 4CT-S を追加しました。

粘度は5W40と10W50で、ブレンドもOKです。 

IMG_8795

10W50という粘度は超ワイドレンジでオールシーズンで使えます。

動粘度  40℃・・116㎟/s (143㎟/s)
      100℃・・17.9㎟/s (19.6㎟/s)
粘度指数 173 (157)
流動点  -42.5℃ (-35℃)

★かっこ内は定番オイルのプロステージ15W50のデータです。


そしてこの4CT-Sのイチオシの特徴は高レスポンスのスポーツオイル。

動粘度だけの比較ではこの違いは分かりません。



これは2年前にワコーズの技術センターへ研修に行った時の資料。。

BlogPaint

ストライベック曲線。

速度が上がると油膜が厚くなる度合いを表してます。

雨の中で速度が上がるとハイドロプレーニング現象で車が浮き上がってしまうように、

ピストンスピードやクランクの回転速度が高いほど油膜が厚くなります。

厚い油膜は安心・・なんですが必要以上の厚さは抵抗になってしまいます。

4CT-Sはこのストライベック曲線の立ち上がりを低く抑えることで高回転では厚くなりすぎない固い油膜で潤滑してくれるのでピストンスピードが上がりやすくなります。


IMG_8995

4CT-S 安心点検付きオイル交換の料金(税込)です。

MT車 オイルのみ交換17280円  エレメント交換時19660円
AT車 オイルのみ交換18580円  エレメント交換時23660円





早速、4CT-S 10W50の 味見します。

CIMG1124

実は曽根号とワークスATで、この4CT-S 5W40は使ったことがあってそのハイレスポンスは体感済みなんですけどね・・。

今回は10W50の味見です。

BlogPaint

さすがワイドレンジの10W50.。 常温での流動性はイイですね

スルスルと飲み込んでくれます。

IMG_8830

そして2日間乗った感想。

1000ccの曽根号は非力なので回転抵抗には敏感です(笑)

通勤で6000回転まで使ってみましたが、50番オイルとはとても思えないほど軽いです。

それが高回転になればなるほど感じられますね。

ストライベック曲線って、こういうことなんですね。

オートマ車でももちろんOK。。

ぜひ皆さまも一度味見してみてください。






にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています




 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002