曽根です。


1年間ほとんどサーキット全開走行のワークスAT

のオートマ&エンジンの分解点検のご報告です。

IMG_9490

一緒にサーキットを走ってた人達がパドックまで見に来て、『ほんとにオートマだよ。。』 って。。

そして 『ホントに壊れないの?』 って皆さんに心配してもらいながら、応援していただいてました。

密かに壊れちゃうのを予想してた方々もいたようでしたが・・・(笑)


CIMG1960

1年サーキットを走ってみて、オートマはマニュアル車より断然油温が上がるってことを痛感。

5月の筑波では140℃でドクターストップ。 そのまま走れば150℃も突破する勢いでした。

油温を安定させることさえできればオートマ車の戦力はグーンとアップしそうです。


7月から、フロントに取り付けた電動ポンプ式オイルクーラー を真夏のサーキット走行で数回テストしたけど、

もうちょっと冷却能力が必要ってことがわかったので、大型のオイルクーラーの新たな取り付け場所を探してます。



IMG_9492

さて、そろそろ本題の分解はじめます。。 

IMG_9624

エンジンが降りて、

IMG_9626

代わりにエンジンルームに入ってみました・・・(笑)





と、前置きはこの辺で、ここからオートマとエンジンの分解点検の報告です。

いつものように、舞台は九州です。

DSCF4407

では、診察台に乗っかり チェック開始。

DSCF4408

デスビのシャフトからオイル。

今年6月の本庄サーキットでの運動会でもブローバイパイプの詰まりでタペットカバーからもオイル吹いたことがありました。


DSCF4434

その時レベルゲージからも吹いたようです。

その後、8月の32Fes対策で ブローバイはワンウェイバルブで大気解放にして連続高回転でも内圧が上がりすぎないように対策しました。

大気開放への変更は内圧対策というより吸気温対策ですけど・・・。

DSCF4440

分解前にもう一度オイルを切ります。

ワークスATはドレンボルトの穴を利用してオイルクーラーへオイルを取り出してるのでドレンボルトがありません。

しかし1次摩耗の状況を知るうえでドレンボルトに付く摩耗粉は重要なので、今後取り出し口を変更しようと思ってます。


DSCF4445

PECSは5月に分解清掃してるので、それから約2100㎞走行のPECSの状態です。

今後もドレンボルトの摩耗粉をチェックして異常がなければ3万キロ位は清掃無しで十分イケます。 




いよいよオートマ点検です。

フロントパネルを開けてサーボピストンの動き幅チェック。




まず、リバースバンドは

DSCF4451


DSCF4452

組み込み時とほぼ同じ約5mmのままです。






3速バンドは・・・

DSCF4453
DSCF4454

ここも組み込み時とほぼ同じ約1mmのまま。



2速バンドも・・・

DSCF4455

DSCF4456

約1mmで、消耗の兆候は全くありません。

早く、分解してブレーキバンドを見たいな。




チェーンテンショナー

DSCF4459

9000kmだからこんなもんね。。  もちろん再使用します。




エンジンとオートマ切り離します。

DSCF4462

DSCF4467

DSCF4463

キャメルスペシャル電動ポンプ式オイルクーラーのオイル戻し口です。

キックダウンスイッチの穴を利用しています。

回転するギヤに当てないように45度の角度を付けて入れてるのがミソ。。




DSCF4474

手前から、リバースバンド、3速バンド、2速バンドです。

摩擦材は全く剥がれたようすはありません。

ほとんどがサーキット走行のワークスATは、

アクセル全開のまま、マニュアルシフトで 1速→2速→3速 とシフトアップ

シフトダウンはアクセルを一瞬あおって回転を合わせながらですが、高回転で 4速→3速→2速 と

かなり激しいシフティングをしてきたので正直もう少し減ってるかと心配してましたが、

2、3速バンドはようやく全面当たりが出てきたところって感じです。


DSCF4475

リバースバンドは、表面の文字がまだ読めるほどですからほとんど消耗してないです。

まぁ、いくらなんでもバックで全開走行はしてませんから(笑)

ワークスATの使い方でこの消耗ですから、キチッと油圧が掛かってしっかり締め付けてる限り10万キロ以上は楽勝に使えるブレーキバンドです。


☆ このブレーキバンドの摩擦材はソフトとハードと2種類ありますが、

キャメルの安心オートマはすべてハードタイプをチョイスしています。





ギヤドラムが取り出されました。

BlogPaint

2速バンドで締め付けられた2速ドラムにわずかなスジがみられましたが、問題なく再使用できるレベルでした。

サーキットでは3速よりも2速へのシフトダウンの方がどうしてもハードになってしまう・・・・

というのと、次のようにオイルの使い方で限界に挑戦したのも、わずかなスジが入った原因かもしれません。




ワークスATはオイルによる違いもテスト項目にあったのでいろいろなオイルを試させられました。

BlogPaint

特に、2014年秋~2015年春にかけては、

寒い朝でも流動性を確保できるストリート用の低粘度のオイルを使ってみましたが、

冒頭にも書いたように、2月の寒い時期でも120℃、5月には140℃まで上がってしまう油温にはやや力不足なところはあったかもしれません・・。 


使用したオイル粘度
5W40 → 8W40 → 4W35 → 4W35 → 8W40 → 20W40を2回 → 5W40 →(夏)15W50→トリプルR15W50

真夏の FISCOでの32fesと袖ヶ浦のTBCCは WAKO'Sのレーシングオイル トリプルR15W50を使用しましたが、コンバーターのレスポンスも含めて最高のフィーリングでした。 やっぱりレーシングオイルは伊達じゃないな。。。(笑)  





フォワードクラッチのフリクションプレートです。

DSCF4479

ちょうど一皮剥けた感じです。

新品2.83mm → 2.76mm

DSCF4488

当然、溝は充分あります。 





トップ&リバースクラッチのフリクションプレートも同様です。

DSCF4491

新品2.83mm → 2.79mm  

交換の必要はありませんが、せっかく分解したのですべて交換しちゃいます。





3速ドラムのブッシュ点検

DSCF4492


DSCF4496

DSCF4502

2/100mm 内径が広くなっていました。

3速のブレーキバンドに締め付けられる時、偏芯する方向に強く引っ張られるので、強い油膜が必要になる部分です。

オートマ車の排油分析の際、検出される摩耗金属のうち銅が多いのは、これらギヤドラムのブッシュからでしょう。

DSCF4498

ブッシュは打ち替えしました。





シフトアップよりもシフトダウンで衝撃を受けるギヤ。。

特に心配してたのはべベルギヤの剥離でしたが・・・・・

DSCF4505

ここは完全分解しないと検査できません。。

DSCF4506

ダメージはまったくなく問題なく再使用OKでした。

ただし、強烈なシフトダウンはかなりの力が掛かるのでブレーキングしながら、アクセルを煽って回転を合わせてあげたことが有効だったと思います。


★安心オートマは、完全分解でべベルギヤを点検して問題ないのを確認して出荷していますが、
その後の使用によって起こるべベルギヤ剥離に付いては保証の対象外です。 初期不良の3ヶ月間保証となります。
強いシフトダウンや回転が上がった状態でギヤを入れるような行為は剥離のリスクを伴いますのでご注意ください。






DSCF4507

ストレーナーにもほとんど異物はありません。

DSCF4508

デフサイドのブロンズもなく綺麗でした。





次はエンジン側のメタルチェック&交換です。

DSCF4513



親子メタルのキャップ側

DSCF4516

メタルの曇って見える部分は新品メタルの肌です。

光ってるところは当たりが出てきた部分です。

特に摩耗金属によるスジもなく正常摩耗です。

DSCF4521

1番エンジンブロック側のクランクメタルの部分はやや光りが多かったです。

オートマ車の特徴的な減り方です。



今回のオーバーホールでハーモニックバランサー取付けるので、

高周波振動が減ってメタルへの攻撃も格段に減ると思います。



DSCF4532

DSCF4533

親子メタル交換は安心オートマのお約束。。




そして次のピストンシールは、安心オートマの専用オリジナルパーツです。

左3個がサーボピストンシール 右の大きいのがフォワードピストンシール

DSCF4551

サーボピストンシールは左からリバース用、3速、2速です。

油圧を受け止めて、しっかりブレーキバンドを締めつける為には妥協できないシールです。

変速ショックを和らげるために、リバースと3速バンドはシフティング前に回転を合わせる仕事を担ってます。

しかも、ワークスATのようにアクセル全開で2速→3速へのシフトアップする使い方へも対応できるように(笑)

特に3速のサーボピストンシールは改善されています。 



DSCF4545

完成した安心オートマ。

DSCF4547

ワークスATのエンジンと合体して

DSCF4553

回りのパーツが取り付けれらて仕上げです。



DSCF4555

タイミングチェーンはダブル

DSCF4561

そのチェーンがあたらないように突起を削って加工してもらってます。



BlogPaint

補機まで取り付けて、いつものように実車テスト。

DSCF4598

工場内で実際にエンジンをかけ、オートマのシフティングして油圧チェックしてから、

実際に走行しての変速テスト。

そして、戻ってきてからの最終チェックが温間での油圧検査。

DSCF4615

前進油圧  6.8kg
 

DSCF4616

バック油圧 10.6kg    OKです。



mattarmanrace4

あんなに無茶してサーキット走ってきたのに、安心オートマは予想以上にダメージが無く驚きました

文中でも書きましたが、4W35などの柔らかすぎるオイルテストにもしっかりと応えてくれたと思います。

今回オーバーホール後の第2ステージは、油温の安定を実現して、筑波でのSBoMのインジェクションクラスに全戦参加で、より過激なステージでの安心オートマテストにチャレンジです。




握手1

前回以上にイイ安心オートマができました。

走るオートマ実験室として第2ステージもガンガン行きますよー。。



曽根顔IWASAKIにて1

キャメルオートの安心オートマ 保証は3年間3万キロですが、これは業界一の驚異的な長期保証です。

皆様が普通にお使いになることを考えれば、10万キロ以上の使用に耐えうる品質であると思います。







にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています




 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002