曽根です。


先月のテムズGPで発症した、突発性エンジンストップ病 の原因追求と対策が

ワークスATにとって最優先課題です。

IMG_3797

通勤でも使ってどんな時に発症するのか探求中。。。

燃料か、点火か、といえば 止まり方からして点火系のほうが怪しそうではあります。


IMG_3673

普通に乗ってる分には何ら問題ないんですね・・。

MSDの点火はパワフルで低速トルクは太くなってるのを体感できます。

MSDが原因とも考えられるので、ノーマルの点火回路に戻して2日間ほど通勤しましたが、

広めのプラグギャップだと、点火しきれずにかぶってしまい・・・通勤途中のコンビニの駐車場で再びMSDに戻してしまいました。

しかしノーマルでは突発性ストップはありませんでした。。




12月6日 出勤途中です。


IMG_3966

なんとなくアクセルを開けた時のレスポンスがよくありません。

とはいうものの踏めばガンガン加速します。

2速でドカーンと引っ張ってみました。 

5000回転以上まわしちゃったかな・・。


IMG_3967

出そう、出そう!(笑)  突発性ストップの兆候か・・・

アクセル開けてるのに、A/F計は18.8と かなりリーン状態。


IMG_3968

今回はいきなり止まらずに、粘りながら調子悪くなってます。。

信号待ちのアイドリング状態ですが、A/F計は18.7で燃調が薄いのか、点火しきれてないのか・・・

しかし、回転を上げればそのまま加速できました。。



そして、60㎞/hくらいで走行中に、エンジンストップしました。。

出た出た。。 この瞬間を待ってたんだ(笑)

IMG_3969

エンジンはストップしてますが、惰性で進んでるところです。

ギヤは3速ホールドのまま。

左上のDefiのデジタル回転計はゼロですが、中央のmini-moniでは2000回転の表示。


IMG_3970

そのまま惰性で進んでます。

エンジンはストップしたままなので、立往生間違い無しだな・・。

しかしここは冷静にハザードつけて路肩に寄せながら写真撮ってます。

mini-moni は1370回転。。。。

惰性で進んでるけどギヤを入ったままでエンジンは回らされてる状態なのでクランク角センサーからは信号が出てます。

それはECUからは点火信号が出てる・・・ということ。

これで突然ストップ病の原因は、『ECUから先の点火系』 で間違いなさそうです。





そして、惰性も尽きて路肩にストップ


IMG_3971

先日のテムズGPの時と同様に、数分後にはエンジン始動してそのまま走行して会社に到着です。




~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

そして、本日 第二火曜のスタッフミニディ


IMG_4127

おととい判明した ECUからプラグまでの間の犯人探しします。

BlogPaint

まぁ、プラグには罪はないでしょうけど、

またMSDからノーマル点火に路上で戻す・・なってこともあるかもしれないので


IMG_4128

電極が細くて低電圧でも失火しにくいイリジウムにしておきます。。。

でもMSDパワーだと、ノーマルギャップだと物足りないのでちょっと広げておこうっと。

IMG_4130

1.5~1.6mmくらいかな。。。  

イリジウムならノーマル点火でもこれくらい大丈夫?!

まぁ試してみよう。。

IMG_4143

もちろんプラグインデクシングしますよ。

0.5mmのワッシャーで調整しているところです。

プラグのねじピッチが1.27mmなので、このワッシャーで140度くらい調整できます。

IMG_4136

デスキャップも点検。。

IMG_4137

センターセグメントの動きも確認。

BlogPaint

ローターも確認。

今年の1月に曽根号で経験した、デスキャップとローターの連続不良事件を思い出します。

今回は、両方とも問題なさそう。。







やっぱり、犯人の本命はMSD絡みだろうな・・・・

本体不良ってことも考えられなくもないけど、

回転上げて走った直後の起こる確率が高い、ってことはもしかすると電源が足りなくなってる??

CIMG6506

でも、プラス線は、オルタネーター出力線から新たに引いたプラスチャージラインから取ってるから、

どこよりも強い電力のはず。。

じゃ、マイナス線か。

本体交換する前に、まずはアース強化しておこう。

CIMG6504

自分がマイナスの電気になったつもりで、ターミナルから覗いて『マイナス』の世界をみれば

答えがでるかも・・・・。

CIMG6505

何も見えんから、とりあえず付けよう。。

IMG_4157

エンジンとからのアースも1本増強して、そこにMSDのアース線を友締め。

もちろん、塗料は削り落として導通グリスつけて養生しときました。

IMG_4155

MSDのアースを一番下にしてボディに密着させてあります。



そして走行テスト。。

IMG_4149

それが、びっくり!!

アイドリングの滑らかさから違うのがわかるくらいスムーズ&パワフルに。。。

IMG_4151

やっぱりアースが弱かったのかぁ。。。。

しかし、本気になったMSDパワーってやっぱりすごいわぁ(笑)

と、今更ですが感動です。




IMG_4170

そう言えば、チューニングヘッドにしてから市川君はまだ乗ってないんじゃん?

乗ってみてよ。

IMG_7785
これは市川メカ撮影。。 たぶんこれよりだいぶスピード出したと思う(笑)

IMG_4183

市川 『えりぁ、速くなってるじゃないですかぁ~!

問題はドライバーがこれを活かせるか・・・・しかないですねぇ。 』 



曽根 『いや、だから誰が乗っても速くしてって頼んだんじゃん・・。 

表彰台に乗れれば俺の腕のおかげ、乗れなかったらワークスATのせいにしよー』



IMG_7790

エンジンが完全復活したので、もう少しできることをお願いしました。

IMG_7798

オートマのシフトケーブルが重くて、どこのギヤに入ってるかよくわからなかったので

中古良品と交換してもらいます。

IMG_4193

よろしくお願いします。

IMG_4195

もし、表彰台に乗れたら、市川メカのおかげ・・・・・って書くからね。

IMG_7804

切れてたギヤポジションランプも復活。。

格段に軽くなったギヤチェンジでますます戦力アップ。。いゃ、ここは普通になっただけだけど。

IMG_7803

突発性エンジンストップ病はおそらくアース増強で解決したと思います。

あと3日間、通勤に使いながら確認します。

悪いところは12日までに見つけなきゃね。。








にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています




 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002