曽根です。


小梅ちゃんとAND様のお選びいただいたのはフレームレッドの96年式のATクーパー。

水廻りや足回りは、キャメルのがっちり納車整備 で万全。。

ここでは、オートマとエンジンのリニューアルのご報告します。

CIMG0134

キャメルが販売するオートマMINIはすべて 安心オートマ に換装するので、

クルマ選びの段階では、エンジンやオートマのチェックはまったく必要ありません。。

内外装だけを見て選んでいただいてます。

AND様も試乗したのは、ワークスATおとーと君 でした。

エンジン&オートマ以外の納車までのご報告は こちらです・・・・・。


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

Image1

今現在どんな状況であろうと、保証付きの安心オートマにしてから納車させていただくという覚悟から

今回のレポートも公開することにします。

ワンオーナー車でない限り過去の整備履歴がわからないというMINIは市場には氾濫しています。

整備記録簿があったとしてもどんな方法で整備したのか・・・までは分かりません。

今回のMINIはオートマに特に滑りやジャダーもなく、ドレンの摩耗粉も多くない状況だったので、

一般的にはそのままで販売されるケースなんだろうと思います。


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*


ここからは九州唐津からの作業レポートです。。

DSCF9796

オイル漏れや今までのメンテ状況がわかるように汚れたまま運び込まれたエンジンミッションです。


DSCF9792

DSCF9793

ATケースとハウジングの個体番号が違うので分解歴はあるようですね。

キチッと修理されていればそれ自体は問題ではありません

DSCF9794

再生不可能なリビルトオートマと交換されているケースもあるので、

打刻などをヒントにチェックします。

DSCF9795

このオートマには打刻はありませんでした。

この時点では誰が何をやったのはは不明ですね。


DSCF9808

ドレンボルトに付く摩耗粉も多くなく、オートマ内部の異常摩耗はなさそう。。

DSCF9802

ヘッドカバー内のロッカーにスラッジが溜まっているのは油圧に問題がある場合が多いです。

オイルポンプや油路に何かが起こってるのかも・・・・


DSCF9803

サーモケースから出てるバイパスパイプに赤い液体パッキン。。

DSCF9805

サーモハウジングは紙のガスケットを使用せずに液体パッキンだけで組み付けられてました。

DSCF9806

サーモハウジングのボルトが折れこんでました・・・。

せん断面を見ても今外した時に折れたものではないのがわかります。

水漏れがなくてもサーモスタットは必ず交換する納車整備なので発覚する事実です。


DSCF9807

ウォーターポンプとコアプラグも必ず交換のお約束。

ココを外して高圧洗浄機で水路洗浄を行います。


DSCF9811

あちこちに赤い液体パッキンが大量に使われていますねぇ・・


DSCF9812

ここも

DSCF9813

ココにも・・


DSCF9814

おや、ガバナエンドパネルと、

DSCF9815

デフカバーには赤い液体パッキンが使われてないですね。

別のタイミングで他のメカニックが作業したのかも・・。

DSCF9816

ここからの3か所は黒い液体パッキンが使用されてます。

フィルターヘッド部分は液体パッキンを使用してはいけないところです。

DSCF9817

各所に大量の液体パッキンを使用したので赤いパッキンが無くなっちゃって黒いのを使った・??

DSCF9818

過去に何が起こって、誰がどう処置したのか・・・

分解しながらの推理ドラマです。

DSCF9821

エンジンが止まってる時、コンバーターから流れ出るオイルを制限するロープレッシャーバルブ。

ここの取付け面にも紙のガスケットが入ってませんでした。

DSCF9823

コンバーターハウジング面にも紙のガスケットが入ってません。

今までの部分はオイルや水が漏れなければ紙パッキン使わなくてもいい??かもしれませんが

しかし、ココはクリアランス確保できなくて問題を起こしてます。


BlogPaint

青く囲んだ部分にアイドラーギヤが当たってしまってました。

DSCF9825

DSCF9827

アイドラーギヤ側。

他の部品と交換しますのでご安心を。。


DSCF9831

先ほど紹介した、サーモハウジングの折れ込んだボルトの修整します。


DSCF9832

組み付ける際は、カジリ止めを使用してボルトはステンレスに交換しますね。



さて、オートマも分解する前に、外側からわかる範囲でチェックします。

DSCF9835

フロントパネルを開けて、まずはリバースのブレーキレバーの動きをチェック。

それほど広がってないですね。

ブレーキバンドの消耗は少なそうです。

DSCF9836

3速バンドの消耗も少ないようです。

DSCF9837

2速も同様に少ないですね。

ブレーキバンドは過去に交換されている可能性ありますね。

分解したのはオートマの修理をしたのでしょうか。

DSCF9839

オートマケースの中に何か落ちてます。。。


DSCF9841

クリアランスプレートでした・・・・

DSCF9842

本来はココに付いてるものです。




DSCF9845

オイルポンプを外すと・・

DSCF9847

ココも液体ガスケットだけで組み付けられてました。

油路に関係するところに液体パッキンを使用すると、

通路を塞いでしまう可能性があるので特に危険です。

オイルポンプのクリアランスも大きすぎたので、中古良品と交換します。

DSCF9871

タイミングチェーン・・・

合いマークがずれてます。

BlogPaint

赤で囲んだところにあるマークが向かい合わなければいけないのにズレてます。

BlogPaint

本来はこう向かい合うので、バルブタイミングは一コマ分遅れてたことになります。


このくらいのズレだと、まぁそこそこ走っちゃうので、ちょっと調子悪くてもまさかバルブタイミングが違う・・・ところまではなかなか疑えなかったな。。 (曽根) 







DSCF9879

フロントプレートのボルトが2本入ってませんでした

DSCF9880

ここからのオイル漏れの原因ですね。





さて、エンジンとオートマを切り離します。

DSCF9883

ここまで来ると、何となく予想できましたが・・・・

エンジンとオートマの間も紙ガスケットを使ってませんでした。

DSCF9884

しかも、ここも大量の液体パッキンを使ってますね。

DSCF9885

内側に液体パッキンがはみ出してるのは問題です。

DSCF9886

驚いたのは半月シールを使わずに液体パッキンで造形しようとしたようです。

DSCF9887

間違いなくオイル漏れしてました。 

もともと純正の半月シールが漏れるので、ここは対策された日本製を使うところです。

DSCF9888

半月シールがはまるエンジン側部分。。





DSCF9893

過去に、リビルトされたオートマだけを仕入れてMINIを扱ったことが無い工場で組み付けたようです。





DSCF9896

オートマハウジングから取り出されたギヤトレイン。

異常摩耗はありません。

DSCF9905

先ほどのクリアランスプレートがここにも落っこちてましたwwww



DSCF9908

クラッチプレートのスリットは浅くはなってるものの

DSCF9909

オートマ内部に大きな損傷はありません


DSCF9910

3速ドラムのブッシュの摩耗も

DSCF9911

問題なくOK。


DSCF9917

完全分解して点検しましたが、べベルギヤも問題ありませんでした。


DSCF9920

各部に大量に使用されていた液体パッキンがオイルストレーナーボトムに集まってましたwwwww.

油路を塞いてしまう原因になるのでたいへん危険なのです。




DSCF9925

ブロックフロント側のノックピンが入っていませんでした。


DSCF9928

チェーンテンショナーの減り方からの推測で10万キロ前後

オートマを組み付けた時に交換しなかったのでしょう・・。

DSCF9931

メタルも交換されてないですね。

DSCF9932

エンジンとオートマは同じオイルを共有している一心同体の身です。

エンジン側のメインメタルやコンロッドメタルを潤滑する際、

クリアランスが大きければ当然油圧の逃げも出てきます。


DSCF9935

安心オートマでは必ずこの親子メタルを交換することはメカのリフレッシュとともに油圧低下の原因をすべて取り除くようにしています。


DSCF9936

規定トルクで締め付け


DSCF9939

ロッカー周辺のスラッジは

DSCF9940

しっかりクリーニングしておきました。


DSCF9943

そして、完全分解で洗浄点検、ブレーキバンド、クラッチ板、オイルシールなどをすべて新品交換で

生まれかわった安心オートマ


DSCF9954

先ほど液体パッキンで造形してたところ、半月シールです。

メタルがインサートされた日本製を使います。

ご覧のように液体パッキンは少量ですがキチッと効くように使って組み付けます。

もうここからのオイル漏れを心配することはありません。

DSCF9956

合体。

DSCF9962

オリジナルスペックのチェーンテンショナーを使用します。

DSCF9964

もちろんウォーターポンプ交換。

DSCF9967

サーモスタットも交換。

先ほど赤い液体パッキンだらけだったハウジングもクリーニングされて

ステンレスボルトで取り付けます。

DSCF9968

DSCF9971

オイルポンプはクリアランス 6/100mmの中古良品に交換します。


Image1

もちろん、ハーモニックバランサー付けます。

DSCF9989

安心オートマにする時だったら追加工賃なしなので取付のチャンスなのです。

中高回転の、高周波振動を取ってくれて気持ちよく回ってくれるエンジンに変わります。


BlogPaint

そしてオイル漏れの常習犯。。 キックダウンスイッチ。

純正のプラスチック製はまったくダメなので、三和さんがアルミの対策品をだしてるんですが

実はそれもしばらく使うと漏れてくるものが多いので、それをキャメルで更に加工して漏れにくくしたオリジナル品を使ってます。


DSCF9997

補器を取り付けて試運転の準備。。

DSCF9999

いつものようにテスト車両に積み込まれてエンジン始動。。

オートマに掛かる油圧もチェックしてから

DSCF10260

30kmにおよぶ実走テスト。 

五感をフルに働かせてエンジン&オートマチェック。

変速ショック、タイミング、タイムラグ・・・・ OK。

DSCF10264

戻って完全暖機状態での温間油圧を測ります。

前進 7.2kg  イイですねぇ。

DSCF10269

リバース 12.5kg  OK!

DSCF10277

4気筒がバランスよく燃焼しているのを確認してすべて完了。。




握手1

今回は機械的な問題というよりは組み付け方に大きな問題がありましたが、

すべて解決して、安心オートマが完成しました。

日本一のオートマを堪能してください。。


納車整備の本編に戻る・・・・・・





にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています




 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002