曽根です。


2年ほど前から発進時のジャダーが気になってましたUEN様

そーっと乗ってましたが、すべてのギヤに入る時に『キュッ』と音がして、

特に1、2速での加速時にガタガタ振動を伴うジャダーの症状はやや進行してしまいました。

CIMG0732

週末だけ、それもたまに乗る・・・というUEN様は2年で2400㎞ほどの走行なので

実用車としてではなく、MINIと共にいつも一緒に居るという満足感と

たまに乗る時の気持ちよさを味あうための大事な人生のツールなのです。

そんなMINIはこれからもずーっとパートナーなので安心オートマにして一生乗り続ける・・というUEN様です。


今回は車検と併せて安心オートマにします。 本編は こちらです・・・・・・


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*



ココからは、安心オートマ製造工場の九州唐津の岩崎さんからのレポートです。


DSCF0550

いつものように、漏れや汚れもそのまま送られて現状とそれまでのメンテナンスも含めて検証しながらの分解になります。


DSCF0557

フィルターケース、フィルターヘッド部からの漏れは多かったようです。


DSCF0570

ドレンボルトのマグネットに付いてる摩耗粉はオートマ車としては標準的です。

DSCF0572

出荷前の水路洗浄でも、かなりの汚れが出てたようですが、ごらんのように水路はサビサビの状態でした。

高圧洗浄で流しましたが、今後も定期的な水路メンテナンスは必要でしょう。


DSCF0576

2番だけがオイリーなプラグ。。 オイル下がりの傾向があるようですね。

これは、今回のオートマ修理とは別にバルブオイルシールを交換することをお勧めします。


DSCF0581

ガバナエンドプレートのスタッドボルトがやや長めに飛び出してます。

スタッドの効きが弱かったようです。

DSCF0582




フロントパネルを開けて、まずは外側からオートマの状態をチェックします。

DSCF0585

リバースのサーボピストンの動き量からの情報ではブレーキバンドの消耗は少なそうです。


DSCF0586

3速も同様に消耗は少なそうです。

DSCF0587

2速のサーボピストンの動きも小さいです。

ドラムの異常摩耗の心配はなさそうでひと安心。

DSCF0591

オイルポンプのクリアランスは、安心オートマの規定値をオーバー。。

中古良品と交換します。

* ローバーのサービスマニュアルでは15/100mmまでOKと書いてありますが、いまから10万キロ以上普通に乗れることを標準品質とする安心オートマ基準は10/100mm以内としています。


DSCF0594

プライマリースラストのクリアランスは大き目。

組み付けの際にシム調整して追い込んでおきます。

DSCF0598

圧縮OK、圧縮抜けもなくバルブの密着も良好のようです。


DSCF0602

タイミングギヤの合わせマークのズレは少なく、前期型のチェーンの方が伸びが少ないような気がします。


DSCF0604

現車のオドメーターは43000㎞ですがチェーンテンショナーの消耗度からの判断では10万キロほどの走行と同等の摩耗度合です。

長距離中心か短距離中心かでも、距離に対する摩耗度は違ってきますので一概には言えませんが一応の目安です。

DSCF0605

デフのアウトプットのガタも大きく、デフサイドシールからのオイル漏れはすぐに再発する状態だったと思われます。

デフサイドのスラスト、ブロンズやベークライトの消耗が推測されます。

このブロンズやベークライトは6~7万キロの耐久性なのではないでしょうか・・・。


DSCF0607

ここでエンジンのオートマが切り離されて、いよいよオートマ内部の点検です。

DSCF0608

DSCF0609

ギヤドラムが取り出されました。

表面の異常摩耗もなく、再使用可能な状態ですね。



ギヤドラム分解しました。

DSCF0610

フォワードクラッチのエンドプレートが割れてました。

発進時のジャダーの原因はコレです。

前期型のオートマに多い症状です。

DSCF0611

ブレーキバンドは大きな剥がれはなかったようですが・・・

DSCF0612

リバースバンドの一部に剥がれ始めている部分が見つかりました。

前期のブレーキバンドはやや材質として強すぎることが、クラッチプレート破損や

もう一つの前期オートマで見られるべベルギヤ剥離などの症状と関係しているのではないかと思われます。



DSCF0617

オイルポンプのストレーナーボトムからは、ひび割れていたクラッチプレートの破片と

フォワードクラッチのアルミピストンのようです。

DSCF0619

トップ&リバースクラッチのスリッドは無くなってました。

このあたりも分解のタイミングとしては良かったと思われるところ。

DSCF0628

神の領域と言われるギヤユニット。

向かい合う2つのべベルギヤの剥離は完全分解による点検でしか発見することはできません。

剥離は前期タイプには多い症状なので、こうして確認することが特に重要です。


DSCF0630

T&Rの内側のシャフトの4本のOリングはさすがに硬化してました。

安心オートマでは熱に強いフッ素系の材質に見直されています

DSCF0631

ドラムブッシュのブロンズは摩耗が基準値以上だったので

内燃機屋に出して打ち替えてもらいます。




エンジンブロック編です。

DSCF0632

DSCF0637

メタルの消耗は問題ない状態でした。

潤滑に問題はなかったと思われます。

DSCF0638

オートマ車に多い、1番側の上のメインメタルの偏摩耗もありませんでした。

よい回転状態だったと思われます。


DSCF0640

DSCF0642

親子メタル全交換は安心オートマのお約束です。

DSCF0643

DSCF0645

規定値でキチッとトルクで締めつけて、クランクも手でスルスル回るのを確認します。


DSCF0647

ピストンシール Oリング、ブレーキバンド、クラッチ板など、すべて安心オートマ品質のパーツで組み上げれます。

材質、クリアランス、組み付けのノウハウすべてが、タイムラグの無い、スムーズで気持ちの良いあの安心オートマを生み出すことになります。



DSCF0663

エンジンと合体。

DSCF0664

サビサビだったウォーターポンプも新品に。。

サーモスタットも新品に交換

キャメルオートでエンジン積み込みの際に、ラジエターやホース類もすべて交換で水廻りはすべて一新される予定です。


DSCF0666

クリアランスが基準値を超えていたオイルポンプは

点検済みの中古良品と交換しました。


DSCF0682

間もなく完成。。

DSCF0692

エンジン始動できるように補器が取り付けられました。


BlogPaint

こうして、エンジンを実際に回してオートマに掛かる油圧、動作を出荷前にチェックすることは

安心オートマ品質を維持するうえで最重要ポイントだと考えます。

DSCF0698

出荷前の約30㎞におよぶ実走テスト。

タイムラグ、変速ショック、シフトアップダウンの動作確認など、

最終的には実際に走らせなければわかりません。

そして、満足いかなかった場合は出荷しない・・・・という製品管理。


東京キャメルオート と 九州佐賀の岩崎自動車 を結ぶ信頼の絆です。



走行テストを終えて最後の温間時油圧チェック。

DSCF0701

前進 7kg  OKです。

DSCF0706

リバース油圧 12.2kg   OKです。


DSCF0718

試運転で使われたオイルを排出して出荷されます。



m乾杯1

今回も良い安心オートマができました。

スムーズなシフトを堪能してください。



では、UEN様の車検と安心オートマの本編は こちらから・・・・・・・・









にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002