GTO様。
初御来店でオイル交換です。

PECS
SOD-1
CCVS
アッパーステディブッシュ
追加アース
マフラー交換
水路洗浄

と、ボリューミーな整備内容に感謝です。

ミニを大事にされていて、これからも長く乗れる
メンテです。


担当 市川です。


CIMG3211

GTO様。
いらっしゃいませ。


IMG_5279

ミニに乗り始めて2年弱だそうです。
娘さんのために購入したそうです。

なに? 娘さん?


CIMG3222

娘さん、よくき~けよ、ローバミニには、ほ~れ~るなよ~。


娘さん、よくき~けよ、ローバミニには、さ~り~げなよ~。

IMG_5280

また宣伝ですか?


もっと、歌っちゃう?


娘さん、よくき~けよ、ロバミミは、お~うさまのミ二~。


はあ?

IMG_9189
マスターが、歌っている間に

エンジンルーム点検しましょう。


IMG_5284

アッパーステディにガタがありました。

奥歯のガタも気になるけど、ここのガタは

定番、定食、ステディ丼。うまそう。

IMG_5286


エンジンオイルチェックをしてから


IMG_5292

試乗出発です。

きょうの海は、べた凪だ。

少し左に流れます。アライメントのズレのようです。
1速シフト時にギヤ鳴きします。シンクロ弱っているかも知れません。



IMG_5295
IMG_5294
吸入空気温度センサーとクランクセンサーの
フォルトです。

IMG_5306
IMG_5307
IMG_5298


IMG_5299


IMG_5300


IMG_5302


IMG_5303
IMG_5304

IMG_5308

ミニモニ測定値は基準値内です。


IMG_5333

104℃でも
電動ファンが廻りません。



IMG_5336

電動ファンスイッチを点検すると

端子配線が外れていました。あぶね。


IMG_5352

接点を復活しておきます。

IMG_5337
IMG_5338
BlogPaint
96℃で作動して92℃で停止、

と良好になりました。


IMG_5341
BlogPaint

ラジエータキャップは悲しい状態。


冷却水のコンディションは良くないです。

サーモスタット、電動ファンの点検を含めた

水路洗浄を、おすすめです。



本日のおすすめは

水路洗浄とステディ丼。



IMG_5309

タイヤ空気圧OK。


IMG_5319
IMG_5320

左右タイロッドエンドとナイロンベアリングにガタがあります。


BlogPaint

右側のインナーフェンダーに5cmのクラックありました。



IMG_5327

足回り各部増し締めです。

IMG_5328
半月オイルシールとクランクプーリーオイルシールから
オイル漏れです。

IMG_5330

マフラーサイレンサーは、ぶつかった箇所から穴があり

排気モレしております。

マフラーも、修理おすすめです。




IMG_5343
エンジンミッションオイルを下抜きします。

IMG_5345
オイル交換後の走行距離が少ないので

ドレンボルトの付着物もありません。


IMG_5351

エンジンミッションオイルは

プロステージ15W-50を御選択です。



IMG_5353


そして
PECSの取付けで、オイルのコンディションを良好に保つことによって

エンジンコンディションも上げていきます。

IMG_5354
IMG_5356
おなじみ?
御存知?
SOD-1を
計量カップで注入。


IMG_5348


シャシグリースアップの施工で
荷重箇所の摩耗減らします。



IMG_9202
IMG_9207

エンジンルームと下廻りの状況を
御説明して、整備御提案いたします。

BlogPaint

まずは、
ステディ丼。

アッパーステディブッシュの交換です。

IMG_5360
IMG_5362

ブローバイセパレーター内部が
かなり汚れています。つゆダク。

よく洗浄します。




IMG_5371
アッパーステディロッドのブッシュを交換します。

IMG_5373

共締めのアースラインの端子を磨いて接点復活させます。



IMG_5379
ブレーキマスターバック取付部は
過去漏れで錆びています。

IMG_5382

CCVSキットの取付けです。

エンジン回転が軽く感じますが
財布が軽くならないのはDHR様のおかげ。


IMG_5385
ヴァルタン製サイド出し純正タイプマフラーです。

音質もジェントルで・・・、

いや、

お嬢様が乗られるのですから

音質もレディです。





ガガ?


IMG_5386

ステンレス製なので過酷な状況のマフラーも長持ちします。


IMG_5389

定番、定食、お昼のランチ。
この時期といえば、チゲ鍋。

あっつあつでね。想像しただけで暑くなってきた。

キャメル定番の
追加アースで、電気の流れを良くします。
電気の流れは見えないけど、始動性能は向上。


わしは
目に見える物しか、信じないぞ。

そんなあなたも、チゲ鍋は想像しただけで暑くなったでしょ?

IMG_5394
IMG_5398
バッテリー側のアースケーブルです。
通しのボルトに接点グリースを塗って取リ付けます。



IMG_5399
ついでに
スペアタイヤのエアチェックしましょう。



むすめさん よくきーけよ ローバミニには、スイロセンジョ

遠くから、マスターの歌声が聞こえてきたぞ。

マスター、水路洗浄、出番です。


IMG_9248

むすめさんに呼ばれておじいちゃんが来ちゃった。。。

水路洗浄マスターです。。

ラジエターフラッシュ入れてすぐ始めちゃうもんねー。  

IMG_9252

エンジン回すとラジエターアッパータンクに差し込んだ温度計もグングン上がってます。。

サーモスタットが完全に閉まり切ってないようです。

ただ、開いてる量はそれほどでもなくラジエターに流れ込む水量は多くありません。


IMG_9256

水温センサー側が90℃  アッパータンク側で86℃。。

コレは水温センサーが数℃高め表示してますが、誤差の範疇ですね。

IMG_9272

ラジエターアッパーで約88℃でサーモスタットが完全オープンしたようです。 

流れ込む水量がグンと多くなりました。

締まりは少々よくないですが、完全に開けばこれからのシーズンは大丈夫でしょう。



IMG_9258

96度で、

IMG_9259

電動ファン回り始め、


IMG_9260

93℃で

IMG_9263

ストップ。

水温センサー表示が本来の温度より数℃高めを指してますから、

電動ファンの作動温度は良好ですね。





さて、いよいよ排出です。。

IMG_9273

出ましたぁ~。  かなり長年の垢がでてきました。。

IMG_9275

濯ぎが勝負。。。  バイパスホースを抜いて水道水を給水

ラジエターの口から逆流させて抜いてます。

IMG_9278

GTOさん、排液がキレイになるのか・・・・心配そうに見てますね。

IMG_9281

チューブ4本目でだいぶ透明になってきました。。

ひと安心

だいぶ汚れが取れたので、少々の間は水漏れ警戒期間になります。

特にエンジンを止めた時は注意してエンジン下に水がこぼれてこないかチェックお願いします。


IMG_9282

クーラント入れて


BlogPaint

クーラントブースターは必須アイテムですね。

強力防錆、消泡作用で、鉄エンジンのガードと冷却力アップ。。


IMG_9285

リザーブタンクも忘れずに入れ替えておきました。

IMG_9287

オイル交換と水路洗浄で、だいぶ気持ちよくサッパリしました。

またのご来店お待ちしています。









にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002