CIMG1063

メカ山田です。

前回、水回りをリフレッシュされたTHR様が、

オイル交換とヒーターコアの交換でご来店です。


CIMG1064

今日も、お土産をいただいちゃいました。

いつも、ありがとうございます !


P1240329

お車は、お預かりすることが決まってますが、THR様がお帰りに

なる前に安心点検だけは行っておきますね !


P1240333

P1240335

P1240336

P1240338

P1240339

P1240340

P1240341

ECUチェックは、今回もノーフォルトです !

これで6回連続だったかな?!  連続ノーフォルト記録更新中。


P1240344

P1240346

不具合も、以前から指摘のあるところで、変わりありませんね。


P1240343

おっと、ここは前回修理をしたところですね。

水漏れが再発してるとは・・・


CIMG6484

今回、リベンジさせていただきます !


DSCN1946

作業終了まで、しばらくお待ちくださいね。

お車、お預かりします。

1月20日追記 担当高宮です。

BlogPaint

THR様、お待たせしております。

本日はヒーターコアの交換からスタートです。

DSCF8320

ヒーターユニットの取り外しです。

下に敷いているビニールに少し滴が落ちていました。

早く交換しないといけません。

私も頑張ります。

DSCF8321

ッと言っている間に、もう降りました。

ユニットの回りにも水滴がついています。

DSCF8324

今回の作業で、ヒーターバルブを移設する作業がありますので、
スイッチを取り外します。

BlogPaint

自作されたのでしょうか?

ヒーターバルブのワイヤーノブがドライバーです。

このワイヤーは短いので、長いものに交換になります。

取り外したワイヤーは、お車に積んでおきますね。

CIMG1552

中々手が入らなくて苦戦しています。^^;

DSCF8333

うまく取り付きました。

’97モデルは干渉するホースやスロットルが有るので上手く逃がすのに苦労します。

作業はまだまだ続きます。

今しばらくお待ちください。

1月21日追記 担当高宮です。

DSCF8338

おはようございます。

昨日の続きでヒーターコアの交換とヒーターユニットの
取り付けからスタートです。

BlogPaint

今日は昨日と比べて少し暖かいです。

これで仕事がスイスイ進むといいのですが・・・・。^^;

DSCF8342

古いヒーターコアを取り出します。

スポンジが大分傷んで居るので取り出しただけでボロボロちぎれていきます。

DSCF8343

新しい方と並べてみました。

長持ちするように祈って居ります。

新コア頑張れ!

DSCF8346

ヒーターユニットはそのまま再使用なのでよ~くお掃除して・・・・。

DSCF8347

ここまできれいになりました。

CIMG6896

切り替えレバーに引っ掛かりが有るので、調整しました。

これでスムーズに快適に使用できます。

DSCF8348

DSCF8350

接点には接点復活剤を点します。

接点不良になるとせっかくコアを変えたのに暖かくならないですもんね。

切り替えレバーに油もさします。

DSCF8355

ヒーターユニットは無事取り付きました。

DSCF8358

今回ヒーターワイヤーも交換しているのでスイッチパネルの
作動テストをしました。

ちょっとボケてすみません。

DSCF8359

ここからは、サーモハウジングの冷却水漏れを直します。

DSCF8360

DSCF8362

面はそれ程悪くないのですが・・・・・。

DSCF8368

水路洗浄をしてそんなには経っていないので、今回は徹底的に面を出します。

DSCF8374

DSCF8376

どうですか?

もうちょっとした傷もなくなりしっかりと面が出ました。

裏から光を当てても、光が漏れません。

DSCF8381

サーモハウジングの回りに付いていた、緑の汚れもしっかり落として組みつけます。

DSCF8383

オイル交換の作業に入ります。

これが終わって、冷却水を入れたら試乗します。

DSCF8386

オイルを分析にかけるので、ボトルに入れておきます。

DSCF8387

SOD-1も賜っております。

オイルはワコーズの10W-40です。

DSCF8395

ドレーンボルトのマグネットに鉄粉は殆ど付いていませんでした。

PECSの効果が出ているようです。

DSCF8419

冷却水が入り、エンジンをかけてヒーターのテストです。

凄く暖かいのが出てきていますよ。^^

DSCF8421

ヒーターコアのジョイントは今のところ漏れていません。

もう少し暖めたり、冷ましたりを繰り返して、漏れの確認をしていきます。

DSCF8393

チェンジロットのブーツにヒビが増えています。

そろそろ交換が必要です。

DSCF8394

グリスUPもしかっりと注入します。

DSCF8477

エンジンが熱かったので冷えてからクーラントブースターを入れます。

明日も漏れの確認は続きます。

1月22日追記 担当は高宮です。

おはようございます。

今朝は暖かくてとてもいい天気です。

DSCF8535

エンジンを温めるのと、冷やすのを繰り返して漏れが出ないかチェックしていきます。

昨日一度、水温を上げているので、今朝は漏れを確認してから水温を上げていきます。

DSCF8537

室内のヒーターコア回りは漏れがありません。

そこからバルクヘッドまでのホースにも漏れは在りませんでした。

この調子でエンジンルームもチェックしておきます。

DSCF8538

水回りの全てのホースに水漏れは在りませんでした。

DSCF8539

エンジンスタートです。

暖気が終了しても1050回転辺りから下がってきません。

スロットル付近をよーく見ていくと少しワイヤーが張っているようなので、
ワイヤーにユトリをもたせました。

すると回転が落ちるようになりました。

DSCF8541

温度は88°cから86°cを行ったり来たりしています。

約30分程暖気をして一度止めておきます。

冷却水が冷めて漏れをまた確認します。



☆■☆ 1/31 石川の追記です。 ☆■☆


BlogPaint


綺麗に洗車します♪


CIMG7406


THR様登場ヽ( ´ー`)ノ


BlogPaint


「いいね~いいね~♪」
きれいになった水回りにイイネボタン連打ヽ( ´ー`)ノ


CIMG7409


よし!遠回りして帰りましょう!
今度はETCも付けて運動会にもいきますよー♪

ありがとうございました~ヽ( ´ー`)ノ



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002