曽根です。




HYM様 オートマにタイムラグ、シフトショック、滑り、そしてギヤ抜けの症状で安心オートマへの作業レポートです。

お預りから納車までの本編はこちらです。。。。

CIMG1463

車検証の製作年月日は1964年で正真正銘のMK-1ですが・・

エンジンミッションはインジェクションの97年式以降にすっかり換装されています

HYM様もこのMINIはゲットしたばかりなので過去の整備履歴はわからない・・というのが現状です。





~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~


ではここからは九州岩崎自動車からの報告をもとにお伝えします。


DSCF0347

洗わずにそのまま送られてきた状態を見てオイル漏れやいままでのメンテのようすを推測しながら分解始めます。


DSCF0354

インナーブーツを留めるのにタイラップは良くないですね。


DSCF0363

サーモキャップの中のサーモスタット。

水路は汚れてそうです。

DSCF0376

外されたウォーターポンプとブランクキャップからも

水路の汚れがうかがわれます。


DSCF0377

キックダウンレバーの調整ナットが緩んで全長が伸びてました。

本来は49~50mmの長さが標準です。

DSCF0383

プラグの焼け具合は4本ともに問題なし。。


DSCF0384

コンバーター取り外しですが・・・・

DSCF0387

1/2インチのボルトが折れ込んでました・・・

DSCF0388

奥まった箇所の折れ込みは少々たいへんでした。。。


DSCF0392

オイルフィルターの交換サイトも伸びていたのでしょうか、ヨレヨレでした。

固すぎるオイルを使った場合もこんなふうになりますが・・。

DSCF0395

ドレンボルトに付いた大量の鉄粉

ギヤドラムが削れてそうです。 大きなダメージが予想されます・・。




ではフロントパネル開けて点検

DSCF0398

リバースバンドのストロークはかなり大きくなってます。

ブレーキバンドかドラムの消耗が考えられます。

DSCF0399

3速バンドも消耗しているようでね。

DSCF0400

2速バンドも消耗してます。

オートマをオーバーホールしてからどのくらいの距離を走ったかは不明ですが、

バンドは全体的に消耗しています


DSCF0408

他社製オイルポンプパッキン

DSCF0410

オイルポンプのクリアランスはかなり大きいです。。。。。

安心オートマの基準は0.1mm以下ですので

このオイルポンプはリビルト品と交換になります。


DSCF0417

プライマリースラスト  特大です。。。

DSCF0419

しかも、スラストプレートがクランクシャフトに食い込んでました・・・

残念ですがこのクランクシャフトは使用できません。。

今回はクランクシャフトのバランス取りのオプションもお選びいただいてますが

別にチョイスした中古良品のクランクシャフトを使用させていただきます。


DSCF0420

バルブクリアランスチェック・・・

DSCF0421

2倍近いクリアランスでした。。

エンジン掛けてないですが、『ガチャガチャ』 と聞こえてきそうですね・・。


DSCF0422

圧縮漏れは大丈夫でした。

DSCF0426

今回はヘッドを S.V.さんで 『ちょこっと研磨』 でライトチューンの予定なので

ヘッドを分解しました。

燃焼室とバルブを見ると、オイル下がりはだいぶ酷かったようですね。


DSCF0428

2番と3番の間は陥没してました。

DSCF0437

水路の状態は良くないですね。 水路の穴が完全に詰まってしまってました。


今回ヘッドもオーバーホールするのは大正解だったですね。 

これらの不具合もすべてリセットして、さらにライトチューンで快速になるんですからね


DSCF0436

エンジンブロック側の水路もこの通り。。 分解して良かった。。

DSCF0438

カーボンタップリのピストンヘッド。。

今回、ピストンは高圧縮のクーパー純正品に交換する予定。

DSCF0443

DSCF0444

シリンダーブロックの状態は良いのでそのまま使用します。

DSCF0463

テンショナーパッドからの推定では十万キロ前後でしょうか。。

前回のオートマ修理では交換してないみたいですね。

DSCF0465

フロントプレートがATケースに干渉してました。 

DSCF0466

これも、前回オートマ修理された時からでしょう。

DSCF0471

おやッ?

半月シールの表裏の向きが逆ですね。

DSCF0473

本来はツバのある方が外です。

DSCF0474

このように組み込まれるのが正解です。 ↑ コレは別のミッションの写真です。

DSCF0481

いよいよエンジンと切り離します。。

DSCF0485

あー、予想はしていましたが、ドラムはリバース、3速とも激しく陥没してました。

再使用できません。

DSCF0487

このリビルトミッションに使われているブレーキバンドの摩擦材は強すぎてドラムを攻撃してしまうのですね。

DSCF0488

バンドの両脇はドラムの陥没したエッジの部分で削れてしまってました。。

DSCF0489

オイルストレーナーボトムには削れた摩擦材が集まってました。

DSCF0490

他社製のクラッチ板 溝は残ってますが使用できません。


DSCF0494

ギヤトレインは完全分解して点検しました・・・

DSCF0502

べベルギヤは補強のために溶接されていて再使用できませんでした。

残念ながらバルブボディにも独自な加工がされており

このリビルトオートマのほとんどの部品が使えません。


DSCF0522

この時点でもう1台の部品取り用のオートマを手配することにしました。


DSCF0507


DSCF0512

メタルの状態は悪くなかったですが、これはお約束で全部交換になります。


DSCF0517

バルブリフターはカムに叩かれ続けて傷だらけ。。  交換します。

カムはマニュアルクーパー用の中古良品を使用します。


DSCF0519

ピストンはオイルリングが完全に張り付いていました。

カムと共にピストンもマニュアルクーパー純正の高圧縮タイプに交換する計画は正解でした。。


DSCF1295

エンジンブロック本体はすべてが取り外された状態だとしっかり脱脂できるので

この時点でペイントします。 カラーはいつものブルーマイカを使用



DSCF2362

カムメタル挿入。

DSCF2365


DSCF2367

カムメタル交換完了。。

DSCF2368

カムがシックリ回るのを確認。


DSCF2395

ストックヴィンテージで軽量バランスされた、クーパーピストン&コンロッドが届きました。

CIMG2956

今回のメニューは『ちょこっと研磨』 ですがしっかりと仕上げられてました。

純正コンロッドは十分な強度があるのでまだまだ研磨しても大丈夫ですが

耐久性重視の仕様ですね。


DSCF2405

親子メタル交換は安心オートマのお約束です。

DSCF2407

スラストのクリアランスもキチッと詰めて組みます。

DSCF2409

最初に付いてたクランクは再使用できなかったので別のクランクをバランス取りしました。

今回、クランク、コンロッド、ピストンのバランス取りしたので気持ちのいいエンジンになることが期待できます。

DSCF2412

DSCF2429

安心オートマと合体の時が来ました。

DSCF2430

最初干渉していたフロントプレートとオートマとのクリアランスもキチッと測って組みつけます。

DSCF2434

チェーンパッド交換

DSCF2436

ハーモニックバランサーも取付。。  

バランス取りしたエンジンと組み合わせてさらに効果が期待できますね



CIMG2973

ストックヴィンテージさんで『ちょこっと研磨』 してもらったヘッドも届いてます。

DSCF2438

サラッとポート研磨 + ちょこっと燃焼室加工 

確実にポテンシャルアップしてます。 

DSCF2458

クリアランス取りながら組みつけていきます。

DSCF2459

このスラストスペーサーを入れて

DSCF2460

クランクスラストはここまで詰めました。

DSCF2464

オイルポンプは岩崎オリジナルのリメイク品を使用してます。

クリアランスの精度は当時の新品以上です。

DSCF2469

パネルとのクリアランスを確認してから組みつけます。

DSCF2476

コンバーターシールもしっかり入りました

DSCF2478

積み込む前にギヤをシフトしながらインヒビタースイッチの導通を確認しておきます。

DSCF2483

ほぼ100%漏れてる樹脂製のキックダウンから、アルミ製の三和オリジナルの中を改造してベアリングを埋め込んだキャメルオリジナルキックダウンスイッチに交換。。

赤にペイントされたのは、その中でもVer.Ⅲ版。

DSCF2486

キックダウンレバーを調整します。

DSCF2491

補機を取り付けてテスト用のMINIで完成検査のために積み込みます。。

DSCF2494

実際にエンジンをかけて、停止状態でギヤを入れ油圧確認してから

走行テストに出ます。




DSCF2502

約30㎞におよぶ実走テストで、ギヤの入り具合、変速状態をチェックします。

完成品として届けられる前にこの実走テストを行うことは

不良品を出さない安心オートマの信頼に繋がっています。


DSCF2506

最終チェックは実走テストを終えて温間での油圧検査。

リバース11.6kg  OKです。

DSCF2508

前進油圧 6.8kg  良好です。


乾杯1

今回も快調な安心オートマが完成です。

そして、ライトチューンヘッドと、バランス取りされたピストン、コンロッド、クランクで気持ちのいいエンジンとの組み合わせで快速安心オートマになりました。

HYM様のMINIに積み込まれて快調に走る姿が楽しみです。


では、安心オートマお預かりから完成までの本編に戻ります・・・





にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002