曽根です。


FKS様  オートマが調子悪くなっちゃって・・・

滑ってる感じで走るとクラッチが焼けるような臭いがするんです。

とご連絡いただき、安心オートマらくらく便パックで陸送の手配をさせていただきました。

CIMG4796

そしてMINIが到着する前にご来店いただいたのが3月26日です。

まずはおとーと君に試乗して安心オートマを体験していただくことにしました。


CIMG4792

手書きの地図を頼りにキャメルオート周辺の5Kmコースに試乗に出ます。。


CIMG4790

『ぜんぜん違うね。。 オートマももちろんスムーズだけど

エンジンも調子いいね。。。。これならイイね。  

安心オートマにします! 』  と即決定!


FKS様はMINIで通勤してるそうですが、それがなんと片道50Km。。

それって毎日100Km走るってこと?

『そうです。』

そりゃぁ、これからもしっかり頑張ってもらわないとね。



~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
 
そして翌日。。

CIMG4824

あんしんオートマらくらく便パックで到着です。

CIMG4823

茨城県からで陸送費は14800円なり。。




入庫チェックします。

CIMG4834

CIMG4828

早速試乗してみます。

CIMG4826

発進で大きめなジャダー そして変速でキュッて音がします。。

そーっと走れば4速まで変速はOK。

CIMG4829

リバースの滑りは問題なさそうですね。

ドラムの損傷は後ほど、ドレンボルトの鉄粉を見てから推測することにします。


CIMG4835

毎日100Kmの通勤で走行は16万キロ超え。。


BlogPaint

色が気に入って買ったというクイックシルバーに屋根は黒。。

うん、いい雰囲気です。

BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint

外装は凹みもなくきれいです。

CIMG4831

エンジンルームは、土ほこりで少々汚れてましたが

タペットカバー周りをはじめ、上からはオイル漏れは少ないですね。

DSCF5309

ブレーキオイルは少々変色始まってます。

BlogPaint

リフトアップします。

DSCF5234

ドレンボルトの鉄粉を見ようとしたら・・・

付いてたボルトは磁石じゃないタイプに交換されてました。

CIMG0940

今ついてるボルトの代わりに、ノーマルの磁石付きのドレンボルトに換えて

エンジンを軽くまわしてから

CIMG0943

ドレンボルトを抜きます。。 

まだエンジン降ろすまではオイルは抜かないのですぐに他のドレンボルトを入れて栓しときます。


DSCF5297

磁石に付いた鉄粉は少なめでした。

これならギヤドラムは助かってる可能性ありますね。

前進ジャダーは酷いのでフォアードクラッチはダメでしょう。

変速時の音が2,3速のブレーキバンドからだとすれば、ドラムにも少しは傷はついてるかも・・・


DSCF5235

DSCF5236

ミッション番号とデフケース番号は同一。

オーバーホール歴はなさそうです。

DSCF5322




DSCF5325

エンジン降ろす際にドライブシャフトを抜くのでアウターブーツは同時に交換したほうが良さそうです。


DSCF5336

左のインナーフェンダー。。 10㎝ほどの大きな亀裂があります。

これは早めに溶接修理しておきたいですね。


DSCF5328

ミッションの後ろ側から。。。。

エンジンの上からはオイル漏れは見えませんでしたが下はかなりオイル漏れがあります。。




DSCF5329

しかもエキマニにもオイルがかなり大量に伝ってきてます

DSCF5333

オートマの滑りからくる臭い・・・と思った臭いは

エキマニに付着したオイルが燃える臭いかな。

DSCF5330

デフケースの隙間から上のエンジンをみると

ヘッドパッキンの辺りから、多くのオイルが漏れてました。。

こりゃヘッドパッキン交換はしなくてはイケません。。




リフトを下げてミニモニチェック。

DSCF5300

吸気温センサー フォルト

DSCF5301

インマニの負圧  MAPセンサー フォルト

DSCF5302

点火信号を出すクランク角センサー フォルト。

重要な3つにエラーが出ましたが、現在の数値は問題なさそうです。

過去にセンサー取り外したり、交換した時にリセットかけてなかったかも。。

DSCF5312

エンジン回転

DSCF5313

インマニの負圧


DSCF5314

水温


DSCF5315

吸気温


DSCF5316

スロポジセンサーの電圧


DSCF5317

発電電圧。


DSCF5318

アイドリングでの燃調補正値。  




DSCF5320

スロットルを調整しているステッパモーターの押し出し量。。

フォルトは一旦リセットして数値チェックしましたが、基準値内に収まってました。




FKS様の都合で実際にエンジン降ろすのは3か月ほど先になるかも・・・・。




つづく




にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002