曽根です。

MYN様のMINIは98年式ケンジントン 走行距離は実走35000㎞。

独身時代に新車同様で購入されたのでほぼワンオーナーですね。

購入したローバーのディーラーが無くなってしまってからは一般整備工場でメンテしてきました。

MYN様がしばらく海外に行かれてた間はご家族に乗ってもらってました。。


CIMG0424

今回の症状は、

● バックは油圧が掛かった気配は感じるが全く動かない。

● ギヤを入れた時のタイムラグが大きい

● 2⇒3⇒4速 シフトアップするたびに吹け上がる感じがあります。

● ドレンボルトには大量の鉄粉が付着。。

ご入庫から納車までの本編はこちらです・・・・・


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~


ではここからは九州岩崎自動車からの報告をもとにお伝えします。

DSCF4172

車両から降ろしたままの状態で送られてくるので

オイル漏れ、汚れ、などからそれまでの使用状況、メンテナンス状況を推測しながら分解します。

DSCF4183

ロッカーの色は焼けたオイルの気配があります。

DSCF4177

ウォーターポンプのパイプ

DSCF4178

サーモスタット

DSCF4181

取り外したウォーターポンプとブランクプレートなど

水廻り関連のパーツから見ると水路の状態はあまり良さそうではないですね。


洗い場に移動して高圧洗浄で水路内の汚れは洗い流しておきます。

DSCF4180

キャメルオートでも確認しましたが、ドレンボルトには大量の鉄粉が付いてきました。

いつもお話ししますが、この鉄粉、トゲトゲに見えますが実はノーマルのオイルフィルターは素通りしてしまう微細な鉄粉なのです。

ドレンボルトの磁力線に沿ってミクロン単位の鉄粉が並ぶのでトゲトゲに見えるのですね。

DSCF4185

このエンジンとミッションは過去に分解されているようです。

DSCF4186

それぞれの合わせ面に赤い液体ガスケットを使用してます。

DSCF4189

オートマの前面パネルもフィルターヘッドにも液体ガスケットが入っています。

DSCF4191

ブローバイセパレーターの中は白濁したオイルが詰まってしまってました。

DSCF4193

コンバーターシールの周りにもガスケットが塗られてましたが

オイルが漏れる箇所は外側ではなく内側です。

DSCF4194

ロープレッシャーバルブの上から垂れているオイルがコンバーターシールからの漏れです。

DSCF4196

ハウジング内はオイル汚れでタール化した状態です。

オイル交換サイクルが長すぎたようです。

DSCF4200

これは取り外されたオイルフィルターです・・・・

まるで漬物の樽の中から取り出したようになってました(笑)

オイルがまだ冷たく流動性が悪い状態で走行して高圧が掛かり

フィルターの通過抵抗で変形してしまったのだと思われます。

使用状況に対して固すぎるオイルを使用してた可能性はあります。






オートマの前面パネルを開けてブレーキバンドの消耗度合を点検してみます。

DSCF4202

左は今回問題のリバースのブレーキバンド。。

消耗という域は超えてそうです。。 完全にアウトレベルです。


DSCF4203

3速バンドにも違和感あります。

DSCF4204

2速のバンドレバーは垂れ下がってます。。

DSCF4205

逆に押し込むとここまで入ります。。

後ほどギヤドラム、ブレーキバンドともに分解すればわかりますが

ここまで見ただけでも、バックしないのはリバースバンドの異常摩耗

2,3速の変速時の吹け上がりも2,3速バンドの異常摩耗であろうと推測できます。




DSCF4210

オイルポンプのクリアランスも大きすぎです。  

0.15mmのシックネスがスルスル入ってしまいます。

後期型は最初からクリアランスが大きすぎるものが多いです。

まずは油圧の源であるオイルポンプに最初に責任はあります。



DSCF4212

ポンプの軸のクリアランスも大きくなってるのでブッシュ打ち替えます。


DSCF4217

プライマリースラストも拡大してましたので、後ほど追い込んで組みつけます。

DSCF4182

燃焼の状態も良くなかったようですね。 燻ってます。


DSCF4219

バルブクリアランスも大きく、こちらに届いてからエンジンはかけてませんが

タペット音は大きかったのではないかと推測します。

DSCF4221

圧縮漏れはないですが、燃焼の状態が良くないのは気になります。

バルブクリアランスもキチッと取ってからの試乗後に再チェックします。




DSCF4227

コンバーター側のブローバイセパレーターも詰まってましたが、

タイミングカバー側も白濁して詰まってました。。。

チョイ乗りばかりで油温が十分に上がらない状態での走行が多いMINIは詰まりやすいですね。

ここが詰まってブローバイガスが排出されなくなってしまうとクランクケースの内圧が上がり

オイル漏れを誘発することになります。


DSCF4229

タイミングチェーンのテンショナーパッド。。

ほんとに未交換でこの状態なら・・・・走行35000㎞もうなずけます。

DSCF4231

タイミングプレートのガスケットはご覧の通り硬化してて新車当時のものと思われるので

やはりチェーンパッドも新車当時の物ってことですね。。

CIMG3782

そんな鑑識結果から(笑) 35000㎞は実メーターですね。




DSCF4234

エンジンとオートマの切り離し。。

DSCF4235

ここにも大量の液体パッキンが使われてました。。。

きれいに剥がすのが大変です・・・・・・・(>_<)





ギヤドラムを取り出しました。。

DSCF4241

予想どおり、リバースのドラムは大きく削れてました。 再使用不可です。。

DSCF4240

ブレーキレバーに違和感を感じた3速も傷が入ってました。

DSCF4239

2速も同じく傷がはいってて、すべて再使用不可でした。

ギヤドラムAssyは他の中古良品を使用します。


DSCF4248

手前から、リバースバンド、3速バンド、2速バンド。。。

DSCF4250

すべて摩擦材が剥がれて金属が出てしまってました。


DSCF4252

リバースのサーボピストンを取りだしたら・・

DSCF4253

ピストンシールが切れてました。

これではリバースバンドに油圧が掛からずバックできません。

更にここから油圧が漏れることでタイムラグも大きくなっていきます。



潰れてたオイルフィルター、白濁したブローバイセパレーターから分かることは

油温が上がらない状態での走行が多かったということ。

そして19年間で走行35000㎞という低走行と併せて推測すると、久しぶりに乗る時も暖機運転は短く、チョイ乗りが多かったんだろうと思われますね。

これはエンジンオイルとオートマオイルが同じMINIのオートマにとって一番過酷な状態。。

固いオイルが流動できずにオイルラインに入った空気がハンマーのようにサーボピストンを攻撃してピストンが抜けてしまうことから、シールが切れてしまうことが考えられます。

更にオイル交換サイクルも長かったようなのでオイルの質にも問題あったと思います。





DSCF4242

ガバナエンドパネルの合わせ面にも液体ガスケット。。

DSCF4243

外側からもタップリ塗られてました。。。ふぅ~。。

あちこちからオイル漏れしてきたのを懸命に止めようとしたのでしょうね。

2つあるブローバイセパレーターの両方が詰まってましたから、クランク内の圧力が上がってしまったのも

オイル漏れを誘発した原因と考えられます。

ブローバイセパレーターの掃除が先決だったですね。


DSCF4254

デフカバーには液体パッキンが塗られてません。

ここは何故か分解されてませんでした。


DSCF4256

オイルポンプの吸い口があるストレーナーボトムには、いろんなものが集まります。

ブレーキバンドから剥がれてしまった摩擦材はここに溜まってました。。。


DSCF4257

クラッチ板はご覧のとおり限界まですり減ってます。

DSCF4258

たった35000㎞の走行でここまで減ってしまうのは、油圧が正常にかかってない時間が長かったのと、湿式多板クラッチの隙間に十分なオイルが満たされてなかった・・など、 『オイル』 にかかわる問題があったと考えます。

流動性が重要なオートマには固すぎないオイル、そして湿式多板クラッチに対応してる2輪用オイルを使用することと、十分な暖機運転をすること、そしてたまには油温をしっかりと90℃くらいまで上げる・・・などやはりオートマ車は 『オイル』 がキーワードになります。





次はエンジン側です。

DSCF4261

クランクを分解します。

DSCF4263

親子メタルも走行の割には消耗が大きいです。

DSCF4264

オートマ車はオートマ機構にオイルが供給されて、その後エンジンの潤滑に回ります。

DSCF4267

暖機運転がエンジン側にも重要なことは言うまでもありません。


BlogPaint

クランクが抜けたエンジンの下側からカムシャフトとちょうど2番吸気のバルブリフター見えます。

ちょっとキズが多いですね。


DSCF4275

珍しくこのエンジンにはシリンダーライナーが使用されてました。

新車製作時に何か・・があったのでしょうね。

DSCF4274

オイルの通り道としても需要な親子メタル。。は全部交換です。


DSCF4276

トルクでしっかり締め上げてクランクが手でスルスル回ることを確認します。

DSCF4280

完成した安心オートマ。。


DSCF4292

エンジンと合体。


DSCF4294

フロントプレートとATケースの干渉がないか確認して組みつけていきます。

DSCF4297

チェーンパッドはほとんど減ってなかったんで再使用も考えましたが

オーバーホールしてリセットする為にも新品に交換しておきます。

DSCF4303

油圧の源泉になるオイルポンプは新品以上の精度でリプロダクトされたオイルポンプに交換します。


DSCF4314

コンバーターのオイルを保持するためにも重要なスターターシール

DSCF4315

コンバーターの内側に取り付きます。

BlogPaint

MYN様のコンバーター内の小部屋にはミクロン単位の微細な鉄粉が大量に残留しているので

過去に鉄粉が出てなかったオートマのコンバーターを使用します。


しかし仮に交換せずにそのまま鉄粉が残留したコンバーターを使用したとしても

PECSが付いてればエンジンをかけて循環させることで徐々にきれいに取り去ることができます。

*注意 : ノーマルの紙フィルターではこの鉄粉をろ過して取り除くことはできません




●●● コンバーターに残留する鉄粉については

安心オートマにしたのにどこから鉄粉が出てくるの? をご覧ください。 ●●●●






DSCF4337

PとNを認識するためのインヒビタースイッチ

DSCF4338

インヒビターの導通テストで動作確認してから積み込みます。

PとN以外でセルモーターが回らないようにするのと、

ギヤを入れた時のアイドルアップさせるための信号の役目もあります


DSCF4343

100%漏れてしまう樹脂製の純正キックダウンに変わって

アルミ製の三和オリジナルにさらに軸がぶれないようにベアリングを2個組み込んだキャメルオリジナルキックダウン。

✴︎ 実はここまでやってもまだ漏れてくる場合があり現在も更に改良版を開発中です。


DSCF4348

エンジン降ろしたら絶対付けたいハーモニックバランサー

2500回転以上での振動には効果テキメン。 

高回転での振動を減らすことでメタルへのストレスも減ってメカの耐久性アップにもつながります。


DSCF4350

まったーマン1ss

泣く子も黙る(笑) 磁力式無交換オイルフィルターPECS

ノーマルの紙フィルターでは濾過できない30ミクロン以下の鉄粉をほぼ100%取ることができます。

機構的に摩耗粉が出やすいオートマ車には必須アイテムです。

オートマMINIは、オイルポンプで吸い上げたオイルがすべてオイルフィルターを通る構造なので

PECSはその通過抵抗の少なさからエンジンの負荷が軽くなるのも体感できます。



DSCF4503

補機が取り付けられてテスト車両に積み込む準備完了。。。

DSCF4504

テスト車両に積み込みます。


DSCF4506

エンジン始動。  工場内で暖機しながら冷間時の油圧チェック





その後、約30㎞実際に走行して、ギヤの入り、変速 などのテストをしました。

このテストがあるかないかで製品に対する信頼性が格段に違います。

DSCF4513

今回もすべて合格。。  

ココで万一、違和感を感じれば再度分解する覚悟でテストしています。




戻ってから温間時の油圧チェック

DSCF4516

前進油圧 6.9kg   良好です。


DSCF4518

リバース油圧も12kg  OKです


DSCF4523

入庫時は燻っていたプラグもきれいに焼けてます。

燃焼も良好です。

DSCF4527

コンバーターも交換したので残留鉄粉も無くドレンボルトもキレイでした。

DSCF4529

キャメルオートへ発送準備完了です。。。




乾杯1

今回も良い安心オートマができました。

気持ちのいいシフトを安心してお楽しみください。

暖機運転とオイルメンテナンスはお願いします



本編に戻ります↓

MYN様 バックしなくなって安心オートマ ついでに19年目の総リフレッシュ作戦です。 




にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002