MYB様、いらっしゃいませ。

本日は車検入庫で見積もりを致します。

前回のご来店で初メンテナンスを果たしたMYB様

一年振りでしょうか?

担当は高宮です。

CIMG1486

作業が押してしまいリフトが空くまで、マスターのチェックからスタートです。

DSCF6128

サーフブルーのゼッケンサークル付きです。

色合いがマッチしていますね^^

DSCF6153

内装もオレンジで統一されていておしゃれです。

DSCF6135

灯火では右のハイビームが点きません。

MYB様もバルブを左右入れ替えてテストされたそうですが結果は同じ。

バラストが不良のようです。

その他のバルブは点灯を確認しています。

DSCF6136

ブレーキパッドの残量も問題ありません。

DSCF6137

左右のリバウンドバッファーに亀裂が入っています。

スプリングが遊ぶとサブフレームの受け皿を損傷するので、交換をお勧め致します。

CIMG1508

興味深々のMYB様、点検作業にお付き合いいただきました。

CIMG1509

ブレーキを見ながらニンマリ^^

本当に楽しそうです。

BlogPaint

車検で1灯のフォグはNG。

リフトに乗っている間に外しておきます。

DSCF6163

お待ちかねのPECSです。

前回ご来店の際は欠品中で取り付けできなかったようですね。

待ったかいが在りましたよ。

シリアルナンバーがぞろ目です。

幸運が訪れるといいですね。

DSCF6167

今回はオイル交換をして間もないので、PECSの取り付けのみになります。

BlogPaint

ナンバーもブラケットを交換してリクルートスタイル。

DSCF6240

制振ワッシャーの取り付けも完了です。

本日はここまでです。

==============================

4月9日追記 担当は高宮です。

MYB様、お待たせしております。

本日は右のHiビームが点かなくなっているので、ヘッドライトの修理からです。

DSCF6337

実は既に取り付け済みのMSAMUNEがHiビームが点かない状態です。

バルブを入れ替えても症状は変わらないので、ユニットを交換致します。

DSCF6342

ユニットはタイヤハウスに取り付けられているので、ヘッドライトのお釜の中へしまいます。

DSCF6341

裏もスッキリ収まりました。

グロメットの穴は塞いでおきました。

BlogPaint

左右のお釜にユニットをそれぞれしまい込みました。

点灯確認OKです。

BlogPaint

CCVSのひび割れが多数。

ここからエアーを吸うとエンジンコンディションに支障が出るので、交換致します。

DSCF6356

プラスワンバルブも清掃しておきました。

DSCF6357

交換完了です。

エアーの吸い込みが無いことを確認して本日はここまでです。


☆■☆ 4/21 石川の追記です。 ☆■☆


車検工場から戻ってきましたヽ( ´ー`)ノ
リクルートスタイルから真の姿へ(笑)


BlogPaint


このスタイルとはさようなら^^


CIMG2281


専用ナットは怖いですねー
いつもより慎重に肌まで手締めでいきますよ。


CIMG2283


バンパーは真ん中のナット入れときます(`・ω・´)ゞ


CIMG2284


湘南!カッコイイですねー♪


CIMG2286


最後はトルクレンチでカチッ。


CIMG2289


ヘッドライトのオカマも変えた方が良いですが。。。
今回はブチルテープ入れときます^^


BlogPaint


残り水路洗浄&ヒータージョイントパイプ交換は高宮さんにおまかせします(笑)

DSCF7472

了解しました。

ここからは担当、高宮です。

ラジエーターから洗浄剤を入れてスリーチェックをしていきます。

スリーチェックはサーモスタット・水温センサー・電動ファンスイッチの3機能が、正しく機能しているかチェックしていきます。

DSCF7476

ミニモニ(水温センサー)の温度が60℃の時、水温計の温度は22℃。

サーモスタットの密閉は良いようです。

DSCF7479

水温センサーの温度が88℃の時、温度計は86℃。

水温センサーの機能は良好です。

DSCF7489

DSCF7490

水温センサーの温度が90℃になるとラジエーターのクーラントが勢いよく流れています。

サーモスタットの開弁も良好です。

DSCF7491

DSCF7492

電動ファンの作動温度は95℃でした。

DSCF7494

DSCF7495

停止温度は92℃です。

電動ファンの作動は良好です。


DSCF7496

DSCF7497

洗浄剤を入れたクーラントも頃合いなので、ここからは汚れたクーラントを吸い出していきます。

まずはラジエータ内に入っているクーラントを吸い出します。


DSCF7499

続いて通常の流れに沿って吸い出します。

DSCF7501

汚れ具合は少ないです。

良く整備されています。

DSCF7502

DSCF7503

続いてバイパスホースを塞いで水を逆流させます。

こうすると、ヒーターコアに溜まった汚れを志う出す事が出来ます。


DSCF7505

ヒータージョイントパイプを交換します。

DSCF7516

クーラントブースターを入れて、新しいクーラントを入れたら水路洗浄は終了です。

CIMG2324

引き続き、RECSを施行します。

CIMG2327

アイドリングで少しずつ吸わせていきます。

水路洗浄の後はエンジン内洗浄です。

CIMG2329

納車後満タンにしたら燃料タンクに1本入れてください。


☆■☆ 4/22 石川の追記です。 ☆■☆


BlogPaint


MYB様が元気よくご来店ですヽ( ´ー`)ノ
今回の作業説明も終わり気になるのはエアクリーナーですね。


CIMG2372


「もちろん!色は赤でね♪」
真っ赤な強気ゲットヽ( ´ー`)ノ


CIMG2375


今度の運動会は都合悪くて参加できないですがいつかは参加したい!
それに向けてミニの整備と劇団名を考えてくださいね(笑)

ありがとうございました~ヽ( ´ー`)ノ


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002