CIMG2204

メカ山田です。

OOY様のミニが、前進もバックもしなくなったとレッカー入庫

したのが昨日のことです・・・


CIMG5571

早速、マスターがチェックを開始 !

オイルは少なめだけど、入ってますね。


CIMG5573

冷却水も、減ってるようです。


BlogPaint

補充すると、冷却水はなかなかの汚れ具合ですね。

水回りも、しっかり整備したいところですね・・・


CIMG5580

試乗に出発したマスター。

動かないはずの車が、自走してるじゃないですか。

オートマの故障ではないのかな?!


CIMG5623

ちょうど今月が車検のOOY様のミニ。

それも踏まえて、一通りチェックしましょうか。


DSCN2199

DSCN2205

DSCN2206

オイル漏れは、複数の個所に見られます。


CIMG5638

オイルフィルターのケースからは、バックに入れると見てる目の前

でオイルが滲んでくるのが確認できました・・・


CIMG5637

冷却水も、ロアーホースと、


DSCN2213

ヒーターコアにも、漏れた形跡があります。


DSCN2200

ボールジョイントのガタは、少々大き目でしょうか。


DSCN2198

ステディーロッドのブッシュも、そろそろ交換時期ですね。

その他にも、不具合はいくつかありますね。


DSCN2208

DSCN2209

ECUチェックでは、フォルトが2つ。

マップセンサーとクランク角センサーのフォルトが入ってましたが、


DSCN2215

DSCN2216

どちらのセンサーも、今は正常に作動してますね。


DSCN2217

DSCN2218

DSCN2219

DSCN2220

DSCN2222

その他のセンサーも、基準値内で問題ありませんでした。


DSCN2226

初キャメルなので、フォルトが入った経緯が解りません。

フォルトは消去しておきました。

これで、様子をみてみましょう。

ここからは山田さんから引き継いで水路洗浄です。

DSCF7511

洗浄剤をいれて洗う前に そのまま水ですすぎ洗いしたのですが・・・・・・

DSCF7513

これ3回目の予洗いです。

DSCF7514

4回目。。

うーん、汚れてました。 エンジン内部の水路、ラジエター、ヒーターコア サーモスタット、インマニなど

水路関連のパーツは心配ですね。



DSCF7517

洗浄剤はワコーズ ラジエーターフラッシュです。

DSCF7522

ミニモニ(水温センサー)の温度が60℃、温度計は44℃

サーモスタットの密閉が良くないようです。

本来は88℃で開く設定ですが、既に薄っすら開いているようです。

DSCF7543

水温センサーの温度が90℃、温度計は82℃。

薄っすらと開いているサーモスタットから熱は伝わっています。

水温センサーの精度は良いようですが、しかしサーモスタットは開きません。

サーモスタットが開かないので、93℃になった時エンジンから逆流した冷却水が、ラジエーターからクーラントが溢れてしまいました。

サーモスタットは交換が必要です。

電動ファンの作動は確認が取れませんでした。

つづく


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002