DSCN4838

メカ山田です。

昨日、ワークスATにお尻ペンペンしたマスターから、その効果を聞かされて

これはおとーと君にもペンペンしないといかんでしょうと !


DSCN4849

これまで供給の無かったスロットルポテンショメーターが新しく

供給されるようになり、


DSCN4850

故障してても交換できなかったり、故障と気が付かずにいるミニも

多数いることでしょう。


DSCN4851

そんなことから、今後はスロットルポテンショメーターの交換も

増えてくるのではないかと !


DSCN4852

その時のために、事前に練習しておかなければ。

おとーと君は、まさにうってつけの教材ですね !

本来なら、スロットルボディーを外して交換するのでしょうが、

このまま交換にチャレンジ。  決して横着してるわけではありません・・・


DSCN4855

新しいスロットルポテンショメーターの取り付けは、このシャフトの向き

を調整するのがポイントになりそうですね。


DSCN4856

シムを入れて向きを調整するのですが、そこはインデクシングで鍛えた

メカ山田の勘ピューターが、シムの枚数をバッチリ算出 !


DSCN4858

僅か3回の脱着で、


DSCN4859

ピタッとこの向きに。

1回で決まらないんかい !  と、突っ込まないでください・・・


DSCN4863

後はスロットルポテンショメーター本体を取り付け、


DSCN4864

ミニモニで電圧を見ながら調整します。

電圧が変わるとアイドリングも変化するので、時々エンジンを止めて

ECUに学習させるのですが・・・


BlogPaint

アイドリングが正常になっても、アイドルスイッチはノットアイドル

のままなんですよねぇ・・・


DSCN4869

何度かエンジンを掛け直したのですが、アイドルスイッチがアイドルになることは無く。

イエロードクターに助けを求めちゃいました。


DSCN4870

ECUリセット後は、一発でアイドルスイッチもアイドルになりました。

ミニモニでの電圧調整や、イエロードクターでのECUリセットは、

一連の作業になりそうですね。

ミニモニとイエロードクター、どちらもあって良かった・・・

※2017/06/13
お尻ペンペン!スロットルポテンショメーターの
通販を開始しました!



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます

             

 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002