曽根です。


MINIを載せた積載車がキャメルオートに到着。。



CIMG7038

レッカー入庫ですね。


でも運転してきたのはレッカー業者さんではなく、

このMINIのオーナー。。 SND様でした。


CIMG7039

4月にゲットしたオートマMINIですが、オートマが滑ってる感じ。。とのこと。

きれいなMINIだったんで、オートマの不具合は承知で購入されたそうです。

CIMG9873

自分で降ろします。。。。



BlogPaint

きれいなカリビアンブルーのペイント


CIMG9876

内装もいいですね  オリジナルのインパネもしっかりしてます。


CIMG9878

内外装を見る限り走行距離は実走行な感じです。

CIMG9874

エンジンルーム拝見。

水回りは過去に一回は交換されてるようでしたがやや時間たってますね。

CIMG9880

オイルは最近SND様が交換されたとのことで量も色も問題なし。。。





では、どんな状態か一緒に試運転してチェックさせていください。

CIMG9881

はい、 走り出してすぐにわかりました。

発進時の振動はジャダーですね。  そして2速にシフトアップするときに『キュッ』っと異音。

前期型のMINIに多い症状で、フォワードクラッチが損傷してるようです。

リバースのストールテストは良好なので、前進だけのトラブルです。


CIMG9901

リフトアップして点検しますね。

BlogPaint

ギヤドラムが削れてるか・・・・・ ドレンボルトに付着した摩耗粉で判断します。


CIMG9916

オートマ車としては良好なドレンボルトの状態ですね。

ベベルギヤに問題なければ、ギヤドラムはそのまま再使用できそうです。


CIMG9905

オイル漏れはやや多いですがメンテの手は入ってる感じはします。

CIMG9903

CIMG9904

ミッション番号とデフケース番号は同一。  

ほかのシールなど見ても過去にオートマを分解した形跡はありませんね。


CIMG9906

右側の足回り。   

ブーツの切れもなく、ハブベアリグ、ボールジョイントにガタはなくよくメンテされてました。

CIMG9907


左側はドライブシャフトブーツにややヒビはあるものの、他は良好です。

CIMG9908

左側のデフサイドシールと その奥にあるキックダウンスイッチからのオイル漏れが一番多かったですね。

これはエンジン脱着時にシール交換しますので解決します


CIMG9912

ショックアブソーバーは完全に抜けてました。。

ラバコンも潰れてましたので、オートマの次は足回りやりたいですね。。


CIMG9883

CIMG9884

ワークスATおとーと君で 安心オートマと新しいラバコンを試乗して体感していただきました。


CIMG9921

タイムラグのないスムーズなおとーと君に乗って納得♪


SND様のメニューは、
安心オートマ + 水回り総リフレッシュ + エンジンマウント、ハーモニックバランサーなどの周辺パーツもリフレッシュ。。に決まりました。


CIMG9922

では、約1か月間お預かりさせていただきます。





7月4日

エンジン降ろす前にさらにチェックします。

CIMG9955

一晩おいた状態でエンジンをかける前のオイル量をみます。


BlogPaint

アッパーの穴より、約1リットルほど上のところまでオイルがありますね。

3リットルの容量があるコンバーター内のオイルが落ちてしまってるようです・・・



ここでエンジンを始動させ数分間、暖気運転して汲み上げたオイルがコンバーターに給油されるのを待ちます。

BlogPaint

ここまで下がりました。 

コンバーターに約1.5リットル入ったのがわかります。

本来はコンバーターのオイルはロープレッシャーバルブによりある程度の期間は保持していなければいけません。

このオートマの場合、コンバーターが満タンになる前の、数分間の間にギヤを入れてしまうとオイルラインにエアが入りエアハンマー状態で ドカーン と一気にサーボピストンやフォワードクラッチに圧力がかかり破損の可能性があります。

今回のジャダーの原因であるフォワードクラッチ周辺のトラブルの原因のひとつと考えられます。





CIMG9964

エンジン降ろす前にECUライブデータをチェックしておきます


CIMG9965

吸気温センサーにフォルト。

CIMG9967

インマニのバキュームセンサー  MAPにもフォルト



CIMG9968

CIMG9969

スロットルポジションセンサーのフォルトが2個入ってますが、

このMINIはインジェクション初期型でスロットルにスイッチが付いてるタイプで

正常でもフォルトが出てきますのでこのエラーは無視します。  

この年式はスロポジ異常をミニモニのフォルト表示からは発見できないので、数値や症状から判断することになります。





CIMG9971

先ほどフォルトだった 吸気温センサー

35℃はフェイルセーフの固定値なのでやはり吸気温センサーは異常の可能性あります。


CIMG9972

スロットルポジションセンサー 最近の呼び名・・『お尻ぺんぺん』 です(笑)

これは異常値。。 アイドリングでは0.4~0.6V程度でなくてはいけません。

これは要交換です。   追加になってしまいますがご了承願います。



CIMG9974

アイドリング状態で12.2Vは 電圧低いです。。

最後にエンジン載せた時にアーシングなどで復活するか試しましょう。

できればブラックオルタネーター + プラスチャージライン + 簡易アーシング のキャメル3点セットがおすすめです。



CIMG9976

O2センサーに『!』 マーク。  異常です


・・・・・が、

CIMG9977

2次補正はクローズドループ。。 正常に作動してるようです。

エンジン載せて、最後にECUフルリセットすれば復帰する可能性もあります。



CIMG9982

フォルトが出てたMAPセンサーも 数値をだしてました。

ただ、38kpaは少し高め。。 

風邪ひき始めの微熱っていう感じ。。

2次エアーの吸い込みが原因なら、安心オートマ後の組み付けで治る可能性もあります。


CIMG9983

最後にサーモスタットが開いた状態での水温センサーの精度チェック。。

エンジン側90℃  ラジエターアッパータンクで88℃  

水温センサーは良好ですね。


CIMG9991

電動ファンも回りました。

今回、ファンスイッチ付きのコア増しラジエターに交換するのでモーター本体の作動チェックです。





7月4日 夜

CIMG0085

エンジン降ろし開始しました。



( ;‘ω‘ ) 7/ 6 石川の追記です。( ‘ω‘; )


BlogPaint


いつもより余計に上がっています。


CIMG7315


養生して箱詰め。
ハーモニックバランサープーリーも同梱♪


CIMG7317


いつものカンガルーマンに運んで貰います。
「お腹の袋に入れて持って行きますよー」

ムリしないでね。


BlogPaint


戻ってくるまで暫く待機です。


( ;‘ω‘ ) 7/ 29 石川の追記です。( ‘ω‘; )


積込開始です。


CIMG5632


まずはキックダウンスイッチ交換。
上が純正品。下が三和トレーディングさんの強化品。

今回はこの強化品を使います。


BlogPaint


ハーモニックバランサープーリーが輝いていますね。


BlogPaint


クーリングファンも交換。


CIMG5637


ラジエーターホースはデルタさんのシリコンホース。
今一番信頼できるホースです。


CIMG5639


ステディーロッドブッシュも交換します。


CIMG5640


ラジエーターはDoトレーディングさん監修の新品3コアラジエーターです♪


CIMG5641


ベルトも交換で安心ですね。


CIMG5642


バキュームパイプも4本ともキッチリ交換。


CIMG5644


デスビのローターも交換しました。


BlogPaint



ヒーターバルブは国産車用を流用。


CIMG5646


なんだか安心できましね(笑)


CIMG5650


PECSも取り付け完了です


CIMG5651
CIMG5653


LLC投入。
オイルはWAKO'S PRO-S プロステージSの10w40投入♪


CIMG5654


ACガスはもちろんCOLDシリーズです♪


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

7/30

メカ山田です。

今日は、センダユニットを交換します。


DSCN7630

針が動かない燃料計。

ガソリンは結構入ってるのですが・・・


DSCN7627

DSCN7628

配線を短絡させるとメーターが動くことから、センダユニット不良

なのは間違いなさそうです !


DSCN7631

タンクからガソリンを抜きます。

15リットルくらいは入ってるでしょうか・・・


DSCN7632

センダユニットを外し、


DSCN7633

新品に交換 !


DSCN7634

燃料計も、無事動くようになりました !



7月31日追記


本日納車になったので急いで最終チェックします。


DSCN7615

入庫時にフォルトだったMAP(インマニの負圧) は正常に作動してました。


DSCN7617

入庫時 吸気温もフォルトでフェイルセーフの固定値35℃でしたが、

今日は作動してました。  今後も状況観察必要ですね。



DSCN7618

入庫時は3.88Vで完全にNGな数値を出してましたが・・・・・

うーん、今日は正常値です。 

スロポジセンサー(お尻ぺんぺん)は交換する予定でしたがちょっと様子みましょうか。

次回1000km時のオイル交換で再点検しましょう。


DSCN7619

入庫時と同じく、電圧は低くて要注意。

ブラックオルタネーター + プラスチャージライン + 簡易アース の三種の神器お勧めです。





DSCN7679

クーラーの風量調整と温度調整に問題あるので

DSCN7682

サーモアンプ交換と

DSCN7685

クーラーファンレジスター交換


DSCN7688

で、クーラーOK。


CIMG2065

試乗チェックです。


CIMG2066

うーんイイね。

タイムラグもなくなって、変速もスムーズ もちろんアクセル大きく開けてもジャダー無し。

OKです。




そして、SND様

CIMG2072

駅からバスでご来店いただきました。  暑っ~

お疲れさまでしたm(_ _)m



CIMG2073

まずは、安心オートマと水回りリフレッシュで愛車がどれだけ元気になったのか・・


CIMG2075

ちょっと試運転。




CIMG2074

いいねぇ、全然変わったね。   

振動も少なくなってすごくイイ。


CIMG2078

安心オートマ体感してもらったので、次の体感シリーズはセラミックエアー

群馬県までのお帰りになってからインプレッションお聞かせください。


CIMG2079

じゃ、安心オートマのスムーズさと、セラミックエアーを堪能しながらおかえりください。

ありがとうございました。



CIMG2080

このキャメルから道路に出る段差を降りたところで

『ここで分かったよ!!』  と違いの分かる男は やっぱり違うな。。

では、最初のオイル交換は1000㎞でいらしてください。

ありがとうございました。




~*~*~*~*~*~*~*~*~

そして その夜、

SND様よりメールいただきました。(そのまま掲載させていただきます)


   曽根さん、キャメルオートの皆さん!

お世話になりました、本日お邪魔した篠田です。お陰様で私のミニは別物になりました、
安心オートマお願いして良かったです、本当にありがとうございました。

これからも、お世話になると思いますのでよろしくお願いします。

帰りにセラミックエアー体感しましたが、お店から道路に出る段差でその違いにびっくり!
すごくソフトなタイヤに履き替えた様な柔らかい乗心地でした。不思議ですね(^.^)

1000kmでオイル交換伺います、またよろしくお願いします!



Image1 メールありがとうございました。

喜んでいただけてうれしいです。

セラミックエアーほんとに不思議です・・・

では快適なMINIライフ楽しんでください。

次回1000㎞のオイル交換お待ちしています。

ありがとうございました。




にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002