BlogPaint

メカ山田です。

2月にオイル交換で来店されたTKH様が、車検でご来店です。


DSCN6796

ミニに乗り始めたのが2年前。

初めての車検でキャメルを選んでいただけるとは光栄です !

試乗では、ステアリングのセンターが少し右に傾いてますね。

あとお車が、少し左に流れます・・・


DSCN6798

試乗から戻り、早速入庫チェックを始めます。

しっかり入ってるオイルは、TKH様がご自分で足されてるとのこと。

ミニも良いオーナー様に巡り会えて幸せですね !


DSCN6799

燃料希釈も、少ないみたいですよ !


DSCN6801

さて、前回も少なかったブレーキフルードですが、今回も減ってました・・・

前回同様、漏れ箇所が見当たらないんですよ。


BlogPaint

となると、怪しいのはブレーキマスター。

漏れたフルードが、マスターバック内に溜まってることもよくありますからね。

マスターバックからバキュームホースを外し、中を覗くとやっぱり中に漏れてました。


DSCN6807

DSCN6808

全体的には、以前から指摘のあるところが殆どです。


DSCN6805

左のタイロッドにも、大き目のガタがあります。


DSCN6806

オイル漏れは、チェストカバーとメカポンプから。

これも、以前から指摘のあったところですね。


DSCN6810

今回触媒は、付けることになりますね。


CIMG0796

今回、不具合個所が多数見つかりました。

全てを修理すると、かなりの出費になりますからね。

まずは車検の通らないところから修理していきましょう !


CIMG0855

それでは、お車お預かりします。

終了までの間、しばらく代車で我慢してください・・・

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

新人メカの仁です、冷却の水路洗浄を担当します!

CIMG0857

CIMG0858

ラジエターフラッシュでサビや水垢を取ります、

CIMG0866

エンジンを、暖機運転しながらラジエターフラッシュをなじませ、電動ファン
の作動確認もします、

CIMG0868

CIMG0867

CIMG0869

電動ファンは、85度付近でスイッチ入りました、だいぶ低い温度です、メー
ターの針は高い位置にありました、ズレが有る様です、

CIMG0874

水路洗浄システムを使ってキレイにしていきます、

DSCF3838

キレイになったら、

DSCF3848

クーラントブースターとクーラントを入れて、作業終了です、

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

7月18日、メカ仁、車検」対応作業担当します!最初の作業は、足廻りです、
F・コイルスプリングの座る位置がずれているのが車検の下見点検で確認
されているので、スプリングの位置修正から作業します、

DSCF4063

始めにフェンダーの縁で4輪分の車高を、測っておきます、

DSCF4081

見事にずれています、コイルスプリングはラバコンに比べて車高を下げ
ようとハイローゆるめ過ぎると、この様に大きくずれてしまいます、

DSCF4082

ハイローの調整ネジ長も測っておいてから、ネジ緩めて、

DSCF4083

ゴムの部分がなくなっているリバウンドバッファーを左右交換して、

DSCF4084

取り付けました、スプリングは手で支えながらハイローを伸ばしていき、
ぐらつかなく、なった所から1.4ミリ伸ばしてロックしました、次にホイルナット
、ボルトのネジ山駄目なのがあったので切り直し作業

DSCF4072

DSCF4096

これから、今日の作業で一番大変で楽しいエキゾーストパイプ、触媒、マフラー
の寸法合わせ、取り付け作業です、

DSCF4085

見事なストレート!

CIMG1196

ストレートパイプを外して採寸、

DSCF4088
DSCF4089

フロントパイプのジャバラジョイントの逃がし分を、

DSCF4086

ダウンパイプ側で切り詰め調整、この後、触媒を取り付け、マフラーとの
兼合いは中間パイプで合わせて、

DSCF4091

マフラー吊ステーの位置も変更して、

DSCF4093

バッチリ、いい位置に触媒付きました、

CIMG1207

オーバーフェンダーを取り付けて今日の作業は終了です、


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

7/31

メカ山田です。

TKH様、お待たせしております・・・


CIMG1590

久しぶりの追記ですが、この間に車検は無事合格しました。

まだ電磁ポンプの取り付けなど、いくつか作業が残ってるんですけどね。


DSCN7691

今日から、その電磁ポンプの取り付けを開始します !


BlogPaint

取り付ける場所は、この辺り。


DSCN7693

ドリルで穴を開け・・・


DSCN7695

電磁ポンプが付きました !

ホースの取り付けは後です。 エンジンが掛からなくなってしまいますからね。


DSCN7696

DSCN7697

次は配線です。 配線はチューブに通して保護します。


DSCN7698

エンジンルームに向かって引いていきます・・・


DSCN7699

エンジンルームに到着 !

この後、リレーを付けたりポンプが動くように配線を引いていくのですが、

今日はここまでです。


CIMG2071

あまり進まなくてすみません・・・   後日、頑張ります !


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

8/1

メカ山田です。

今日は予約も無く、作業を進める絶好のチャンスですね。

頑張ります !


DSCN7734

今日は、電磁ポンプの配線の続きからです。

必要な配線を製作します。


DSCN7737

リレーを付けるのに、ちょうど良い場所が空いてました。

ここなら付けるのも簡単だし、見た目もグッドです !


DSCN7736

先ほど製作した配線を繋ぎ、


DSCN7738

これでもう、電磁ポンプが作動するはずです。

まだフューエルホースを繋いでないので、エンジンは掛かりませんけどね。


DSCN7740

早く電磁ポンプが作動するか、見てみたいところですが・・・

はやる気持ちをグッとこらえ、


DSCN7741

チェストカバーパッキンの交換と、メカポンプの取り外しにかかります !


DSCN7742

LCBも、付いて無いほうが作業しやすいですからね。

少々面倒だけど、思い切って外しちゃいました !


DSCN7743

うーん、スッキリしましたね !


DSCN7744

まずは、シリンダーブロックの清掃です。

漏れたオイルに埃が付着して、結構汚れてます。

こんな時じゃないと、なかなか清掃する機会もありませんから。


DSCN7745

DSCN7746

では、外す物は全て外しちゃいましょう。


DSCN7747

そして、再び清掃・・・

チェストカバーと、メカポンプの取り付け面を面研します。


DSCN7748

さあ、これで組み付けの準備はOK !

メカポンプの付いてた穴を、このブランキングプレートで塞ぎます。


DSCN7751

チェストカバーも、パッキンを交換して組み付け完了 !


DSCN7752

LCBとキャブが外れてる今なら、マニホールドガスケットも簡単に交換できます。

外してみると、排気漏れの形跡あり !


DSCN7753

ガスケットを交換するには、ちょうど良かったですね。


DSCN7756

それでは、復旧開始します。

LCBとインマニを付け・・・


DSCN7758

キャブはリンケージの取り付けで少し手間取りましたが、取り付け完了。


DSCN7761

ようやく、電磁ポンプにホースを付けます !


DSCN7763

ガソリンをタンクに戻したら、エンジンは無事掛かりました !

電磁ポンプの取り付けもこれで終了したかと思っていたら、フューエル

ストレーナーを付け忘れてました。 作業指示をしっかり確認しないといけませんねぇ・・

まぁ、ストレーナーの取り付けは簡単なので良かったです。

取り付けは、また後日に・・・


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

DSCN7865

8/3

メカ山田です。

本日、昨日付け忘れてしまったフューエルストレーナーを、


DSCN7866

付けました !


DSCN7867

今日は、オイル交換を行います !


DSCN7868

前回、PECSを装着したTKH様のミニ。

ドレーンの鉄粉も、減ってきたようですね !


DSCN7870

前回に続き、今回もSOD-1を注入します !

今後、ドレーンの鉄粉が減るのに、一役かってくれるでしょう。


DSCN7871

オイルは前回と同じ、プロステージ10W-40を入れさせていただきました。


DSCN7873

ワイパーを交換し、


DSCN7874

DSCN7876

本日は、ここまでです・・・


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

DSCN7878

8/4

メカ山田です。

今日は、タイヤをもとに戻すのですが・・・


DSCN7879

先日、山を切り直したホイールナットとスタッドボルト、


DSCN7880

トルクを掛けることができず、交換することになりそうです・・・


DSCN7881

とりあえず、スタッドボルトは交換させていただきます !

ナットが締められないのでは、危険ですからね。

納車直前だと、慌ててしまいそうだし・・・


DSCN7883

ナットは、今のところそのままにしてあります。

ただ、ナットも2つは締め付け出来ない状態です。

今付いてるナットは取り扱いが無く、交換する場合、全てのナットを

交換することになりますね。 納車までには、交換させていただく予定です。

それまでに、ご連絡いただければ助かります !


8月5日追記

全部のナット交換で了解いただきました。

DSCN7970

左側のナットに統一です。

DSCN7971

キチッと トルクで締めます!


DSCN7972

最後の仕上げはエンジンコンディショナー

インジェクション車だとインマニからのバキュームで液剤を吸い込んで燃焼室洗浄するRECSが定番ですが

キャブ車、特にSUはサクションピストンなど動く部分があるのでキャブの洗浄も兼ねたいので

キャブから吹き込むエンジンコンディショナーを使います。

DSCN7974

燃えやすくなった汚れは排気と一緒に出てきます。。。

これは定期的にやることをお勧めです。。


CIMG9920


TKH様ご来店です。


CIMG2584

 
次回はオイル交換かな?
またのご来店お待ちしております。


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002