曽根です。



YMG様 車検本番でご来店です。。。

CIMG1583

なぜ本番かというと、1か月前にリハーサルで車検下見してたんですね。

オイル交換、ECUチェック、ブレーキOHもすでに完了してます。

BlogPaint

なので、今日はお預かりしてすぐに駅までお送りさせていただきました。

と、『今日は』 って書きましたが7月23日のことでした。。ブログ遅れてすみません。



~*~*~*~*~*~*~*~*~*

そして、サクッと車検ラインを先に通して車検更新は完了です。

そんなわけで、今回はブログはここからが本番です。



7月28日追記

CIMG1850

まずは車検の定番メニュー水路洗浄から。

でもYMG様は約1年前にラジエター、ウォーターポンプなどエンジンルーム内の水回りパーツ交換する前に

水路洗浄させていただいてるので1年ぶりですね。

BlogPaint

ラジエターフラッシュ入れてエンジン始動。。

洗浄開始します。


CIMG1879

水温上昇を早めるためにクーラーON  バッチリ冷えてます

ヒーターコアの洗浄のためにヒーターバルブは開けておきます。


CIMG1852

冷却水を低温から暖気しながらミニモニでインマニの下にある水温センサーの表示と

ラジエターに挿した温度計を比較しながらチェックしていきます。


CIMG1855

エンジン側hが86℃まで上がりましたが ラジエターは35℃のままを維持してます。

サーモスタットの密閉度はかなり優秀です。

水温を急上昇させないと、サーモスタットのエア抜き穴から通過する水で

ダラダラとラジエター側の水温上昇してしまうのでクーラーなどでエンジンに負荷をかけて水温を急上昇させるのがコツ。


CIMG1856

エンジン側が88℃まで上昇したところで、ラジエターの温度計も一気に上昇を始めました。

サーモスタットが開き始めたようです。

そしてエンジン側の水温も1℃下がって87℃。


BlogPaint

そのまま水温上昇。

エンジン側からラジエターのアッパータンクに勢いよく流れ込んできました。

サーモスタットの開弁量も良好です。

CIMG1861

その時の温度はエンジン側91℃  ラジエターアッパーで85℃

エンジン側が少し高いのが正解。  

水温センサーの温度精度も良好でした。


BlogPaint

92度まで上昇したところで


CIMG1863

電動ファンスタート



CIMG1864

87℃まで下がったところで


CIMG1865

ストップ。

水路洗浄しながらの以下のスリーチェックはすべて合格

① サーモスタットの密閉度 開弁温度、開弁量

② 水温センサーの温度精度

③ 電動ファンの作動





先月の車検下見で、アイドリング時に『NOT IDLE』 が出てたので再チェックしてみます。

CIMG1880

ミニモニではノーフォルト。

CIMG1884

アイドリング時のスロットル電圧0.28Vは標準よりやや低いですが

それがそのまま問題を起こすわけでありません。 状況観察です。


CIMG1886

今回はしっかりアイドリングを認識していました。

今後も継続して状況観察していくことにしましょう。





たっぷり時間かけて洗浄できたので排水します。

CIMG1902

サーモハウジングのバイパスホースを抜き

バイパスホース側に水道水を給水し、サーモハウジングから出てくる水を

クーラントチェンジャーで引き抜きます。

1年前に洗浄しましたがやはり汚れはは出てきました。

左の筒に移るころには色も透明に近づいてます。

出てくる水が透明になるまですすぎつづけます。


CIMG1906

排水が完全に真水になったところでラジエター口から逆流させて吸いだします。

コアに詰まった汚れを引き抜きます。


BlogPaint

ヒーターコアも逆流で汚れを引き抜きます。

1年前に水回りリニューアル作戦でもヒーターコアだけは交換されてないので古いまま。

サーモハウジングからエンジンとヒーターコアに分岐してるバイパスホースのエンジン側を

ホースクリップで締めてヒーターコアからだけから逆流させます。



CIMG1909

右側の筒はラジエターからの逆流水。 ラジエターは1年前に交換してるのできれいでした。

左側がヒーターコアからの逆流水

さっき、順回転で流して透明になるまで濯いだのですが、

逆流させると汚れが出てきます

CIMG1910

ヒーターコアの方が詰まりやすいのでこうして逆流させないときれいになりません。

ラジエターとヒーターコアの逆流洗浄がツボです

BlogPaint

きれいになったところでクーラントと

BlogPaint

仕上げは、鉄エンジンのMINIにはぜひ入れておきたいクーラントブースター。

強力防錆 防蝕 消泡作用で、水路の健康と冷却アップに貢献です。

これにて水路洗浄完了です。



次のメニューはバルブシール交換です。

YMG様のMINIは燃焼によるオイル消費が多いので、原因のひとつのオイル下がり対策ですね


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

7/30

メカ山田です。

車検も終わり、今日は残ってる作業を行ないます。


CIMG5658

CIMG5659

バルブステムシールの交換は、もちろん車検時に終了してます !


CIMG5661

バルブクリアランスの調整もね。


DSCN7659

すでにYMG様は、キャメルに向かってるとのこと。

これは、急がなければいけません !


DSCN7661

ドレーンは、今回もキレイでした !

今回は車検なので、安心点検はありません。


DSCN7660

SOD-1の注入ご用命、今回で3回目ですね。

摩擦低減の効果があり、ミッションにも優しいので、ドレーンがキレイなの

もうなずけますね !


DSCN7662

オイルは、プロステージ10W-40をご選択でしたね。


CIMG9452

ここでYMG様ご来店です。 ギリギリ間に合わなかったか・・・

ん?YMG様それってブリスクプラグですよね。


DSCN7663

もしかして、追加で取り付けますか?!


DSCN7664

このプラグ、電極の形状が違うんですよ。


DSCN7665

取り付ければ、勝手にプラグインデクシング !

簡単なので助かります。


DSCN7666

続いて、RECSの施工です。 施工を行いながら、


DSCN7667

大人気のセラミックエアーも施工。


CIMG2050

YMG様、もう少々お待ちください・・・


DSCN7668

薬剤も無くなり、RECSの施工が終了しましたよ !


DSCN7670

最後にワイパーを交換し、作業が終了しました。


DSCN7671

おっと、忘れるところでした。 

セラミックエアーの施工を行いましたからね、試乗をお願いします !

試乗の前から、期待に満ちたその笑顔、


DSCN7672

結果、期待を裏切ることは無かったみたいです !

乗り心地が変わったのはもちろん、ロードノイズが減ったというのが

YMG様の感想でした。


CIMG9467

お待ちいただいてる間に、32fesのチケットも無事ゲットされたYMG様。


CIMG9469

次にお会いするのは、富士スピードウェイになりそうですね。

見かけたら、声をかけてくださいね !


CIMG9470

本日は、ありがとうございました。



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002