曽根です。



FRI様  安心点検付きオイル交換と水路洗浄で初キャメルです。 

きれいな40thクーパーリミテットですね。

BlogPaint

仁メカが受け入れ検査中。。。



そして、最初のメニュー水路洗浄の担当曽根です。

BlogPaint

水垢洗浄に強いラジエターフラッシュいれてエンジン始動で洗浄開始です。


CIMG2244

洗浄中のミッションは3つ。。

● サーモスタットの作動
● 水温センサー精度
● 電動ファンの作動    です。


CIMG2241

キャメルに到着してあまり時間たってないので水温は下がりきってません。。

エンジン側78℃ ラジエターは74℃でほぼ同じ温度を指してます。

BlogPaint

エンジン回転を上げてもラジエターには流れ込んでこないので78℃でサーモスタットは

しっかり閉じているのが確認できます。

密閉度は良好ですね


CIMG2245

そのまま87℃まで水温上昇したところで

BlogPaint

ラジエターアッパータンクに勢いよく流れ込んできました。

サーモスタットが全開になったのがわかります。

インジェクション車は88℃のサーモスタットなので正確に動作してました。




CIMG2253

そのまま上昇させて電動ファンが回りだしたのが・・・

CIMG2256

95℃。

CIMG2257

その時の水温計はほぼ中央線のオンラインです。

これ以上上がったら100℃前後だと思ってください。


CIMG2255

電動ファンが止まったのは・・・

CIMG2254

93℃。    電動ファンの作動も良好です。



CIMG2258

サーモスタットが全開でエンジン側とラジエターが通じてる時の両方の温度は

ほぼ同じの93℃。

水温センサーの精度も良好でした。

以上、スリーチェックは合格




BlogPaint

前回の車検で冷却水を入れ替えてもらったとのことで排水はやや臭いがでてるものの

汚れはそれほどでもなく良好な状態です。


CIMG2273

水路洗浄のキモは、ラジエター口から逆流での吸い出しと


CIMG2279

バイパスホースをクリップしてヒーターコアから逆流で吸出しでのすすぎ。。


BlogPaint

右の筒はラジエター逆流

左筒はヒーターコア逆流で汚れを吸い出すことができました。

スッキリですね。


CIMG2281

クーラント入れて

BlogPaint

鉄エンジンのMINIには定番サプリのクーラントブースターは

水路の健康維持を強力にお手伝いします。


CIMG2283

リザーブタンクのクーラントも入れ替えて水路洗浄は完了です。



ここからは、メカ山田が担当します。

まだまだ作業は盛り沢山、頑張ります !


BlogPaint

まずは灯火チェックです。 左のフォグランプが切れてました・・・

まあFRI様も、ご自分でも弄られるようですから、ここは部品だけ

お渡しして、暇なときにでものんびり交換してみてください。


DSCN7807

オイルは、少しだけ減ってますね。

量にすると、200ccくらいでしょうか。


DSCN7808

燃料希釈は少ないみたいですよ !

オイルのガソリン臭は、少ないです。


DSCN7809

ECUチェックでは、クランク角センサーのフォルトがありました。

フォルトが入ったのは今回が初めて?これまでがどうなのか分かりませんからね・・・


DSCN7820

一過性のフォルトかもしれないし、今回は消去しておきますね。


DSCN7811

アイドリングは、少々低めでしょうか。 約820rpmくらいでアイドリングしてます・・・

しっかりとアイドリングの制御がされてない印象を受けました。


DSCN7818

その他のセンサー値に問題は無く、唯一怪しいのがステップ値です。

ステップ値が高いと、アイドリングの制御をやめてしまった車両を、

これまでに数台見かけました。

クーラー使用時にたまにエンストするのは、この辺りに原因があるのかもしれませんね。


DSCN7821

ステップ値の調整は、後で行いますね !

オイル交換を続けます。


DSCN7828

ドレーンは、鉄粉も少なくキレイです。

まるでPECSを装着されてるかのようですね !

PECSを装着すると、これがどのくらい減るのか見てみたいですね・・・

是非、装着ご検討ください。


DSCN7822

安心点検では、右のアッパージョイントにガタが出始めてました。


DSCN7824

DSCN7825

左右のラジアスアームにも、ガタが少々・・・


BlogPaint

BlogPaint

左右のインナーフェンダーにも、4~5cmほどのクラックが見つかりました。

大きくならないか、時々覗いてみてくださいね。 不具合は、これくらいでしょうか。 

全体的には、良くメンテナンスされてる印象を受けました。

大切にされてるのが、よく分かりますね !


DSCN7829

そんなFRI様は、もちろんSOD-1も注入ご用命です。

摩擦低減の効果もありミッションにも優しいので、これだけでもドレーンの

鉄粉は減るかも?!


DSCN7830

オイルはキャメルの一番人気、プロステージ10W-40をご選択です。


DSCN7832

今日は、エアークリーナーを純正に戻します。


DSCN7834

切れていた2本のバキュームパイプを交換し、


DSCN7835

純正エアークリーナーを装着。

仕上げは、このインジェクターボルトの取り付けです !


DSCN7836

続いては、プラスワンバルブの取り付けです。

すでにCCVSを装着されてるFRI様のミニ。

当然、ホースにはコルクが詰められるので外します。


DSCN7837

代わりにプラスワンバルブを装着。

高回転でのクランクケース減圧に期待ができます !


DSCN7838

お帰りは、高速を巡航されるんですよね。

早速その効果をお楽しみください !


DSCN7841

さらに、シガーソケットを交換。


DSCN7840

電源は、オーディオの配線から引き出されてました。


DSCN7843

新しいシガーソケットは、ソケットが3つ付いてます。

USBも付いて、さらに快適になりましたね !


DSCN7844

残る作業も、あと少しとなりました。 RECSを施工します !


DSCN7845

同時に、セラミックエアーも施工。

今回いろいろと行ったので、お車がだいぶ変わったと感じるのでは?!


DSCN7847

RECSが終わり、エンジンも充分暖まりました。


DSCN7848

最後に、ステップ値の調整です。


DSCN7861

ステップ値は、50を目安に調整しました。


DSCN7854

アイドリングも、制御されてるようで、先ほどより高い900rpm付近

まで上昇しました。

もうクーラーを使用しても、エンストすることは無いと思いますよ !


CIMG2325

FRI様、お待たせしました。

結局、丸1日かかってしまいました。

帰りの長い道のりも、変わった愛車を楽しみながら帰れば、短く感じるかも?!

気をつけてお帰りくださいね !


CIMG2326

本日は、ありがとうございました。



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002