曽根です



CHM様 初めまして、

95年式 メイフェア4速ですね。 

CIMG9856 - コピー

新車からお乗りのワンオーナーだそうです。

CIMG9858 - コピー

だから42681kmは実走行です!!



息子さんと一緒に休日はずーっと野球で過ごしてた10年にひと区切りついて

これからまたMINIで楽しもうかな・・・と

CIMG2484 - コピー

久しぶりに乗ったら足回りからキコキコ音。。 

新車から22年交換してないショックアブソーバーがダメかなって思い

足回りリニューアル大作戦の相談でご来店です。

CIMG9859 - コピー

ラバコンもショックも新しくなったらどんな乗り心地になるのか・・・・

おとーと君で体感していただきましょう

CIMG9860 - コピー

行ってらっしゃい。。




試乗に出かけてる間に少しみさせてください

BlogPaint

コイルサスに純正ショックですね。。

ちょっと動かしたけどクラッチの切れが悪いです。。

何度も踏みなおすと踏み代でてくるからエア噛んでるようですよ

エンジンの吹けも良くないです。

CIMG2486 - コピー

エンジンルームは・・

CIMG2487 - コピー

動きの悪そうなヒーターバルブ

CIMG2489 - コピー

クラッチオイルは黒く変色。そしてだいぶ少ないです。

レリーズのゴムキャップが濡れてるのでレリーズから漏れてます。

クラッチマスターも交換歴なさそうなので、両方同時に交換がイイですね。

CIMG2493 - コピー

オイルはアッパーレベルからだと700㏄ほど減ってます。

今後オイル交換させていただきながら状況観察していきたいです。


BlogPaint

ベルト緩いです。 これだとオルタネーターがスリップして電圧低いかも・・・


BlogPaint

ラジエターの中に何かセラミック系?の器具がはいってますが、

水が見えません・・・・・

BlogPaint

1リットル近く入っちゃいました・・・・



CIMG9863 - コピー

これは・・・ちょっと心配です。  

もう少し点検させていただきたいなぁ・・・





おとーと君の試乗から戻ってきたCHM様

CIMG2496 - コピー

やっぱりラバコンと新しいショックはイイですねぇ。

と、にこやかにお帰りでしたが・・・・・

CIMG9864 - コピー

ちょっと点検させていただいたんですが、〇〇△△□□〇△□でして、

もう少し詳しく診させていただけないでしょうか・・・?

CIMG2501 - コピー

じゃ、ちょっと用事があるんで点検してもらってる間、外出してきますね。。

で、CHM様、いったん代車でお出かけです。。



~*~*~*~*~*~*~*~*~


ではミニモニでECUチェックから始めます

CIMG2507 - コピー

クランク角センサー フォルト

CIMG2506

マップ(負圧)センサー フォルト


CIMG2509 - コピー

そのMAP(負圧)は 基準値よりだいぶ高め。。

二次エア吸ってる可能性大。。

エンジン不調はこのあたりが原因かな。

CIMG2510 - コピー

スロポジ電圧は正常

CIMG2511 - コピー

ベルトが緩かったので電圧は予想通り低いですね。

調整してから再チェックします。
  

CIMG2513 - コピー

O2センサー  

現在は動いてますが燃調が濃いようで出力電圧が高いです。

CIMG2514 - コピー

O2センサーの情報を受けてECUが燃調を二次補正してます。

本来の100%に対して81%まで薄く調整してます・・・

しかし、この補正は80%までが限界のはず。。


CIMG2515 - コピー

やはり、燃調が濃すぎるようでO2センサーから『!』 マークで測定ストップ。


CIMG2516 - コピー

案の定、補正値の限界 80%以下になったようです。

補正をあきらめてオープンループになってしまい、燃調100%。

ということは少なくとも20%以上濃い燃調でアイドリングしてることになります。


CIMG2519 - コピー

原因はMAPセンサーのラインのエア混入か・・

バキュームホース触って点検したら、

CIMG2521 - コピー

L字パイプに亀裂で、完全にエアを吸い込んで大気圧とほぼ同じ。

バキュームホースは後ほど全部交換します。

とりあえず、フェールセーフでアイドリングはできるので先に進みます。








CIMG2525 - コピー

水が少なかった原因追及も兼ねて水路洗浄やります。


BlogPaint

ラジエターフラッシュ入れてエンジン始動

水温上昇させて洗浄しながら、水漏れ、サーモスタット、水温センサー、電動ファン、

の確認していきます。

CIMG2548

室内のヒーターユニットの下から覗いて漏れがないのを確認。

CIMG9886 - コピー

状況を観察しながら水温上昇させていきます。




CIMG2532

エンジン側の水温80℃


BlogPaint

ラジエターに不穏な湧き水の気配。。



CIMG2535

エンジン側90℃ 標準の88℃のサーモスタットはそろそろ開くはずですが

CIMG2534

下から湧いてきちゃいました。 

サーモスタットが開いてないか、かなり開度が狭いと思われます。

BlogPaint

エンジン側92℃まで上昇

サーモスタットの通路は狭いもののわずかに通じてるようで

ラジエター側も90℃くらいまで上昇してます。

BlogPaint

このあたりからラジエターキャップを開けたままの観察は危険なので締めて、

非接触温度計の出番。。

エンジンの水温センサーは99℃まで上昇してます。


CIMG2546

102℃

CIMG2544

左フェンダーからラジエターの温度を見ると102.9℃

ラジエターの下から上がってる温度かもしれないですがほぼエンジンと同じ温度まで上がってますが

CIMG2545

電動ファンは回る気配なし。。

ファンスイッチ、ファンリレー、電源など精査する必要あります。

CIMG2547

102℃の時の水温計の針はこのあたりです。

インジェクション車の水温計は低めを指すので真ん中だからと言って安心しちゃだめですね。


● サーモスタットはおそらく少し口をあいた状態で固着

● 水温センサーの精度は良さそうです。

● 電動ファンは作動不良 (後ほど原因追及)


うーん、これは確実にオーバーヒートしてたと思います。

冷却水が少なかったのはオーバーヒートで湧き出ちゃったんですね。




スリーチェックも終わり洗浄も十分できたので排出します。

CIMG2550

わぉ~  まっ茶!



CIMG2554

2本目の筒でもまだ茶色です。 だいぶ錆が進んでるようですよ。


CIMG2556

3本目・・・・ まだ茶色。。


CIMG2558

これは洗浄のやりがいあるけど、汚れが詰まってて漏れが止まってた・・

ってケースだとこの後漏れが出てこないか心配です・・・

CIMG2560

排水がだいぶきれいになったところで、ラジエターから逆流させて

コアに詰まった汚れを吸い取ります。


CIMG2561

同様にヒーターコアを逆流させて汚れを引き抜きます。

CIMG2562

右がラジエター  左がヒーターコア

さっきのエンジン内の錆に比べれば大したことない汚れ?かも。

これでスッキリ。。






ここでCHM様 戻ってきました。

CIMG2567

下回り一緒にみましょうか。。。


CIMG2565

チェンジシールから漏れがありますが他からはそれほどオイル漏れはないです。

ということは、オイルが800㏄減ってたのはオイル下がりかオイル上がりで燃焼してるのでしょう。

オイル下がりの修理からやってみたいですね。


もう一つ大事なところの写真撮れてないのですが

フロントブレーキホースのひび割れからブレーキフルードの漏れがありました。

CHM様とは一緒にご覧いただき確認していただき、ステンメッシュホースでの交換の了解いただきました。

CIMG2568

来店するきっかけになったショックアブソーバーの点検。。。

タイヤが簡単に持ち上がっちゃうよ~。。

完全に抜けちゃってました。




8月27日、富士スピードウェイの32Fesにお嬢さんと一緒に行く予定だったので

その前に悪いところがわかってよかったですねー。


CIMG2575


下記のメニューで緊急入院が決まり

● クラッチマスター&レリーズ交換

● 前後ブレーキホースをステンメッシュに交換

● サーモスタット交換 電動ファンスイッチなどの修理

● バキュームパイプ交換 

● ショックアブソーバー交換 など・・

お預かりさせていただくことになりました。

CIMG2576

申し訳ありませんが、8/8~14は夏休みなので休み明けの着工になってしまいます。

もちろん32Fesには間に合うように仕上げますのでしばらく代車でご辛抱ください。




8月17日追記


夏休み明けて作業開始させていただきます。

本日お電話でご報告させていただいた追加提案の分です。。。


Image_aa0d903

リヤドラムを開けたらホイルシリンダーからブレーキオイルが漏れ漏れで、

Image_8e9c10a

ブレーキシューも濡れてしまってたので交換させてください。


Image_e48c7bb

ステアリングを左右にいっぱいに広げたところ

左右のラックブーツがパッカリ切れてました。  こちらは右側

Image_02cf992

こちらは左側。


Image_08961b0

これはCHM様にもご覧いただきましたがチェンジシールからの漏れ。

あと、写真では撮れませんでしたがフロントパッドがあと2㎜。。

32Fes往復くらいは大丈夫でしょうけど、次の車検までは持ちそうもないので交換しちゃいましょうか。。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

8/19

メカ山田です。

今日は、サーモと電動ファンスイッチを交換します。


DSCN8537

早速、サーモ交換開始 !


DSCN8538

サーモにも、サビがガッツリ付着してます・・・

ガスケットも張り付いて、なかなか剥がれませんでした。

恐らく純正と思われるこのガスケット、これまでサーモを交換されたことは

無かったのかな?!


DSCN8539

そのためか、サーモケース、サンドイッチプレートともに面の荒れは少なく、

面を出すのも楽で助かりました !


DSCN8540

これでしばらくは、サーモを交換することも無いでしょう。


DSCN8541

ただ、定期的に水路洗浄は行ってくださいね。

クーラントに含まれる防錆や消泡効果のある添加剤は、早いものでは

2年以内にその効果が無くなります。

何よりスリーチェックで作動不良を早期発見することにより、オーバーヒート

を未然に防ぐことにもつながりますからね !


DSCN8543

続いて、電動ファンスイッチの交換。


DSCN8544


DSCN8545

電動ファンスイッチも、もしかして過去に交換されたことが無い?!


DSCN8546

クーラントを入れてエアー抜きしたいところですが、まだヒーターバルブ

の交換がありました・・・ なのでエアー抜きはまた後日。

今日はここまでです。


つづく


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002