CIMG2874

TUM様、いらっしゃいませ。

今日は、オイル交換で初キャメルです !

担当は、メカ山田です。


DSCF6110

初めは、ワイパーの購入で来店されたTUM様でしたが、


BlogPaint

マフラーからは黒煙が・・・


CIMG2899

マップ値が高く、バキュームに問題がありそうです。


CIMG2904

ステディーブッシュも劣化が大きく、バキュームパイプとステディーブッシュ

の交換も行うことになったとマスターからの連絡を受け、


BlogPaint

一旦、お車をお預かりすることになりました。

夜には作業は完了します、少々お待ちください・・・


CIMG2878

CIMG2882

マスターの点検では、窓の開閉、バッテリーの緩みは無かったようですね !


DSCN8248

ここから、メカ山田にバトンタッチです。

高かったマップ値は、やっぱりフォルトが入ってました・・・


DSCN8250

DSCN8252

DSCN8254

DSCN8255

DSCN8257

DSCN8258

センサーの数値は、水温センサーの数値が少し低い気もしますね。

試乗直後なので、もう少し高くてもいいと思いますが・・・


DSCN8262

エンジンを掛けながら、もう少し点検してみます。

ECUチェック中に、水温は83℃まで上昇しましたが、


DSCN8261

この時サーモケースでは90℃。 7℃ほど温度に差があります。 

水温センサー不良?水路洗浄で精査するのをお勧めします !


DSCN8264

さて、このままオイル交換を開始したいところですが、ステディーロッド

の補修した痕が気になるんですよね・・・


CIMG2942

なので、ステディーブッシュの交換を先に行おうと思います !


DSCN8265

TUM様のミニは、初期のインジェクション車です。

ECUがフェンダーの横に付いてて、作業しづらいんですよね・・・


DSCN8267

セパレーターを外してできたスペースから、取り外しに成功 !


DSCN8268

エンジン側のブッシュは、見事に切れてました。


DSCN8269

しかも取り付けボルトが、通常の物より太いものが付いてました。

恐らくシリンダーブロックも損傷し、ネジ山を修正したと思われますね。


DSCN8274

ネジに合わせて、穴を広く加工されたスリーブ・・・


DSCN8277

そのため、シリンダーブロックとブッシュの間にあるワッシャーはありませんでした。

今回、適当なワッシャーを加工して付けようと思います !


DSCN8275

加工されたスリーブを再使用するため、ブッシュは分割タイプをチョイス !


DSCN8278

少々手間取りましたが、無事ブッシュ交換は出来そうです !


DSCN8279

セパレーターを付ける前に、バキュームパイプも交換。

今なら、ECUを外さなくても交換できますからね !


DSCN8280

フューエルトラップは、加工されてませんでした。


DSCN8281

意外と汚れは少なく、これまでにも清掃されたことがあったのかな?!


DSCN8282

バキュームパイプの付け方によっては、マップ値が大気圧になることもありますからね。

フューエルトラップの加工は重要 !


DSCN8283

バキュームパイプは、ECUに付ける部分にヒビ割れがありました。

そこから二次空気を吸ってしまったのが、マップ値が高かった原因ですね。

パイプを交換し、マップ値も正常になるでしょう !


DSCN8284

セパレーターの清掃は、ステディーブッシュ交換時のお約束 !


DSCN8285

ステディーブッシュとバキュームパイプの交換、これで終了です !


DSCN8288

これで、安心してオイル交換に入れます !


DSCN8286

因みに、オイルは700ccくらい減ってました。

前回オイルを交換されてから、走行された距離が長いのか、

オイルの汚れも多めです。


DSCN8287

ガソリン臭もやや多く、燃料希釈も少々多いみたいです。

マップ値が高く、燃料は多く噴射されてましたからね、その影響も考えられます。

お車の状態が本当に分かるのは、次回のオイル交換の時ですね !


DSCN8293

今日は、オイルフィルターの交換もご用命になりました。


DSCN8294

取り付けるのは、もちろんPECS !


DSCN8310

ドレーンの鉄粉は、若干多めかな?!


DSCN8314

PECSとともに、今回ご用命になったSOD-1。

エステルの電着被膜で、エンジンとミッションを強力に保護します。

PECSとの相乗効果で鉄粉がどのくらい減るのか、今から楽しみですね !


DSCN8289

DSCN8290

さて、作業は続きます。

安心点検では、左右のボールジョイントに大き目のガタがありました。

もう少し大きくなったら、交換時期ですね。


DSCN8292

タイヤは、今にもワイヤーが出てしまいそうでした。

こちらは、早急に交換が必要です !


DSCN8302

その他、マフラーマウントも、大きくヒビ割れてます。

前側のマウントは良好なので、マフラーを落としてしまうことは無いと思いますが、

早めに交換してくださいね。


DSCN8299

ドライブシャフトブーツも切れてました。

今ならブーツ交換だけで済みます、CVジョイントを傷めてしまう前に交換しましょう。


DSCN8300

ナイロンベアリングにも大き目の摩耗がありましたが、こちらは

ドライブシャフトブーツと同時に行うのがお得ですよ !


DSCN8306

そして、ロアーステディーの取り付けボルトが無いのを発見 !

いつから付いてないのか・・・

これだと、アッパーステディーに掛かる負担が大きくなりますからね、

ブッシュの劣化もうなずけますね。


DSCN8311

DSCN8312

ボルトは、しっかり取り付けておきました !


DSCN8316

最後にオイルを入れて、作業終了です。

オイルは、プロステージ10W-40をご選択です。


CIMG2992

作業終了の少し前にTUMさまご来店、大変お待たせしました。

ドライブシャフトブーツ切れなど、早急に修理が必要な個所も幾つか見つかりました。

次回はその辺りの修理ですね、ご来店お待ちしてますね !


CIMG2993

本日は、ありがとうございました。



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002