( ´ー‘)ゞ 今年の残暑はどうざんしょ?暑いの苦手な石川です。

先程お帰りになられたNKM様から「エンジン止まっちゃった」とSOSが入りました。


CIMG1725


ガソリンとハンディバッテリー持って現場へ急行します。


BlogPaint


NKM様お待たせいたしました。
危ないので車道に出ないでくださいね。

お話を聞くと調子よく走っていて何の前触れも無くストールしたそうです。
ガソリン入れてもかかりません。

ここであまり作業も出来ませんのでキャメルへUターン。


CIMG1735


原因は小一時間ほど前に話していた前期に多いコンデンサー付近の配線ショートが原因っぽいですね(汗)
まさかこんなに早く症状が出るとは思いませんでしたm(_ _)m


CIMG1736


再度お預かりの作業になっていました。
今度の代車はETC使えるのでもう暫く辛抱してください(汗)


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

9/15

メカ山田です。

NKM様、お待たせして申し訳ありません・・・

ようやく本日、作業開始です。


DSCN2066

コンデンサー付近の配線ショートが疑わしので、クーラーガスを回収。


DSCN2068

コンデンサーを外し、点検してみました。


DSCN2069

コンデンサーを外してみると、早速怪しい個所を発見 !


BlogPaint

被覆が剥がれ、むき出しになった配線が2本。

これを見た時に、てっきりここが原因だと思いました。

ところがその個所を、ボディーに直接アースさせてもエンストすることは無く・・・


CIMG2466

エンジンが始動しない症状が、出たり出なかったり。

原因が特定できないまま時間が過ぎていきます・・・


DSCN2071

そこで、他に何か手掛かりは無いのかと !

いろいろと見ていくうちに、エンジンが始動しない時はメーター内の

油圧警告灯とチャージランプが点灯しないことに気が付きました。


DSCN2074

さらにその時は、ミニモニがECUと通信できず、それらを配線図を見ながら

考えていくと、1本のヒューズにたどり着きました。


DSCN2076

ECU、油圧警告灯、チャージランプ、全ての電源はこのヒューズから

供給されてます。 実際、このヒューズホルダーを触った後からは症状

がでなくなり、ますます怪しい感じです。

もう一度症状が出てくれれば点検できるのですが、このまま出ないということも

十分考えられます。 いずれにしてもこのヒューズホルダーは、よく接触不良

を起こすので、他のホルダーも含め、ブレードタイプに交換するのが良いでしょう。

後日、再度症状が出るか点検してみます。 症状は出るのか、悩ましいです・・・


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

9/19

メカ山田です。

この数日、時々エンジンを始動してみたのですが、結局症状が出ることは

ありませんでした・・・


DSCN2117

症状が出ないということは、やっぱりヒューズホルダーの接触不良だったのかな。

できれば、原因をハッキリさせたかったんですけどね・・・

コンデンサー裏のこの配線は、エンストの原因ではなかったので、


DSCN2119

絶縁テープを巻いて補修しちゃいます。

このままだと、いずれ再発することも考えられるので、


DSCN2120

さらにコルゲートチューブで補強しました !

これで、もう大丈夫でしょう。


DSCN2300

さて、これ以上点検してても先に進まないので、ヒューズホルダーを

交換してしまおうと思います !


DSCN2301

ヒューズホルダーは、何とかバルクヘッドのこの位置に収まりそうです。


DSCN2302

ヒューズホルダーは、全部で6本。

それを一つのホルダーにまとめてしまうので、結構な大きさです。

できれば宙ぶらりんにしないで、バルクヘッドに固定したい !

ギリギリこの位置に収まりそうなので良かったです。


DSCN2306

車両とヒューズホルダーの配線の接続は、ハンダ付けで行いました。


DSCN2307

全部で配線は12本ありますからね、結構時間が掛かりました。

さらにハンダ付けした部分を、収縮チューブで絶縁もしたので・・・


DSCN2320

ヒューズホルダーのカバーには、何のヒューズか分かるように

シールを貼っておきました。 

キレイに貼れてない辺りが手作り感満載ですが、お許しください・・・


DSCN2323

これでヒューズホルダーの交換が終わりました。


DSCN2310

外したコンデンサーを取り付け、


DSCN2312

真空引きを開始。

しっかりと真空が保たれ、これならガス漏れは無さそう。


DSCN2313

そして、ガスチャージします。


DSCN2315

アイドリングでは、若干冷えがあまいけど、


DSCN2314

少しエンジン回転を上げると、風の温度も8℃を下まわります。

これなら、じゅうぶん許容範囲内ですよね、NKM様?!


DSCN2322

結局、症状を再確認することはできなかったなぁ・・・

もちろん、ヒューズホルダー交換後も、症状はでてません !

一応、これで作業は完了ですね。


( ;‘ω‘ ) 9/ 23 石川の追記です。( ‘ω‘; )


CIMG3868


NKM様ご来店ですヽ( ´ー`)ノ


CIMG3869


久しぶりに乗る愛機にうっとり♪
ヒューズ周辺の配線整理もしたので安心ですね^^


CIMG3870


今日は一般道で帰ります?
その方が色々見れて楽しいですしね♪

ありがとうございました~ヽ( ´ー`)ノ



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002