BlogPaint

HDA様、いらっしゃいませ。

以前にセラミックエアーを施工されたHDA様が、

3回目のご来店です。

担当は、メカ山田です。

IZM様
BlogPaint

クーラーを使用すると、ベルト鳴きするとのこと。

他にも、時々クランキングが弱くなるんですか・・・

クランキングが弱い現象は、この場でも確認できました。

まずはクランキングから点検しましょうか !


DSCN1784

まるでバッテリーが弱い時のようなクランキング。

でも現象は時々で、いつもではないんですよ・・・

バッテリーは12.8Vと、電圧は良好です !


BlogPaint

疑わしいのは、配線もしくはスターターモーター本体でしょうか。

スターターのB端子には、腐食が見られますね、怪しい・・・


DSCN1786

B端子の電圧は、ほとんど電圧降下も無く12.7Vと良い数値です。


DSCN1787

ただ配線が細くても電圧降下することはありません。


DSCN1788

問題は配線の太さです。

クランキングのような大電流が流れるには、配線が太くないと !

当然端子が腐食して一部しか接触してないのは、配線が細いのと同じことです。


DSCN1789

端子を磨いて、接触面を確保します。


DSCN1790

さらに接点グリスを塗布 !

同じことを、バッテリーのターミナルにも行いました。

これでプラスの配線は大丈夫でしょう。


DSCN1792

続いてマイナスの線です。

マイナスは、簡易アーシングを付けて対処します。


DSCN1793

各端子には、接点グリスを塗布。

これでもクランキングが弱い時があるなら、スターターモーター不良かもしれませんね。

ただ先ほどまで頻発してた現象は、この後から出ることはなくなりました。

やっぱり、配線の接触不良だったのかな?!

クランキングは、これで様子を見てください。


DSCN1794

続いてはベルト鳴き。

こちらも現象は確認できました。


DSCN1795

ベルトが劣化すると、緩みが無くてもベルト鳴きすることがあります。


DSCN1796

新品と比べると、少し細いように見えるのは気のせい?


BlogPaint

でも内側は、一部が剥がれて劣化した痕跡がハッキリと !


DSCN1798

ベルト鳴きも、ベルトを交換して止まりました !


DSCN1801

3か月ほど間が空きましたが、2回目のセラミックエアーの施工ご用命です !


DSCN1803

試乗では、1回目の時ほどの感動はなかったみたいですが、

今回もしっかりと効果が分かったみたいですね。

ロードノイズが減って、路面からの突き上げも小さくなったとのことでした。


BlogPaint

HDA様、キャメルをごひいきいただきありがとうございます !

また何かありましたらご連絡ください、ご来店お待ちしてますね。

本日は、ありがとうございました。

IZM様

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002



IZM