DSCN1989

メカ山田です。

前回もオイル交換で来店されたHRT様が、

オイルとシートクッションの交換でご来店です。


DSCN1992

DSCN1993

早速開始しましょう !

オイルは、量、臭いともに良好ですね。


DSCN1994

前回のオイル交換から10か月、久しぶりのECUチェックはノーフォルト !

前回は吸気温センサーとクランク角センサーのフォルトが入ってましたが、

一過性のフォルトだったみたいですね。


DSCN1995

DSCN1996

DSCN1997

DSCN1998

DSCN1999

DSCN2000

DSCN2001

DSCN2004

センサーの数値も前回とほぼ同じ、全て基準値内で良好ですね。


DSCN2007

前々回の車検時に、PECSを装着されたHRT様のミニ。


DSCN2022

あれ以来、ドレーンはいつもこんな感じでキレイですね !


DSCN2014

DSCN2015

不具合も、前回と大体同じで変わってませんね。

ナックルジョイントのブーツ切れや、


DSCN2012

ラックブーツも切れてます。


DSCN2013

マフラーも中が腐食し、叩くとカサカサと音がしたりして・・・


DSCN2006

その中から今日は、劣化したステディーブッシュの交換も追加ご用命

になりました。


DSCN2020

お忙しいHRT様は、ここで一旦代車でお帰りに。

作業が終わりましたら、ご連絡しますね !


DSCN2023

作業はこのまま続行します。

前回注入したSOD-1、今回も注入ご用命いただきました !

オートマ車には湿式多板クラッチやブレーキバンドの清浄作用と、浸透作用による

表面張力で密着力よくして、寿命を伸ばす効果が期待できます。

前進に若干タイムラグがあるもののその他は良好なオートマ、これからも

継続的にSOD-1を注入していきましょう。


DSCN2024

オイルは前回と同じ、プロステージ10W-40をご選択です。


DSCN2026

それでは、ステディーブッシュの交換を開始します !


DSCN2028

HRT様が乗られてから、ステディーブッシュを交換されるのは今回が初めて

なのかな?!


DSCN2029

以前乗られてたご友人も、メンテナンスはしっかり行ってたみたいですね。

ステディーブッシュも、過去に交換された形跡がありました。


DSCN2030

ブッシュを交換、ステディーロッドを付けます。


DSCN2031

エンジンとボディーを繋ぐアース線は、ステディーロッドと共締めされてる

この1本だけです。

エンジンにはオルタネーターも付いてるし、このアース線はとても重要です !

外したついでに、接触が良くなるよう端子を磨いて接点グリスを塗布します。


DSCN2032

清掃する機会の少ないセパレーターも、清掃してから取り付けました。


DSCN2035

ECUを付けて、ステディーブッシュの交換は終了。


CIMG3320

残る作業は、シートクッションの交換だけとなりました。


CIMG3321

ここで作業は、石川さんにバトンタッチです !

切れてると思われたシートクッションは、切れてなく両端のフックが外れてる

だけのようです。


CIMG3324

ただ、このフックを付けるのが大変なんですよねぇ・・・


CIMG3328

メカ山田は何度やっても慣れることが無く、1時間くらいは掛かってしまう

苦手な作業。

それが石川さんの手に掛かれば・・・


CIMG3330

あっという間に完了です !

多めにみても、掛かった時間は15分くらいでしょうか。

いつ見ても、本当にビックリさせられます。


CIMG2446

少ししてから、HRT様ご来店です。

HRT様、お待たせしました。

マフラー交換など、その他の作業までできなくてすみません。

時間を調整し、日を改めて作業しましょう !


BlogPaint

本日は、ありがとうございました。



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002