曽根です。



先月のオイル交換が初キャメルだったKNZ様

その時の点検で出てきた宿題の修理でご来店です。

CIMG7818

左ドライブシャフトのアウターとインナー交換、、

左右のタイロッドエンド交換ですね。


前回、ノッキングやランオンの対策で点火時期を少し遅らせたんですが

もう少し調整できそう・・・って宿題もありました。




CIMG7820

では、しばらく代車でご辛抱ください。

と、ここまでは12月上旬のお話しです。



そして


12月7日追記

BlogPaint

すみません、作業の写真はありませんが足回りの方は交換完了です。


CIMG8447

左のドライブシャフトブーツ と タイロッドエンド

やっぱり新しいブーツはゴムの弾力があってピチピチしてますねー。

CIMG8450

左ドライブシャフトを抜いたので せっかくなんでインナーブーツも交換しておきました。

CIMG8452

右はタイロッドエンドだけ交換です。




そして、次の宿題は点火調整・・・

CIMG8424

改めて試乗してみました。

前回最初に出た2000回転位でのノッキングはほとんど出てませんがもう少し点火遅らせてもイイ感じ

点火だけではなく、燃調も濃すぎる感じがするのであとでキャブ点検しようと思います。


CIMG8425


BlogPaint

プラグを見ると最初はカブり → 後で焼けた・・感じ。

CIMG8429

SUキャブのニードル点検・・

ニードル(針)の方は、割と太目なのでノーマルだと思います。

すみません・・・ニードルに刻んであるアルファベットがローガンズにはどうしても読めませんでした


CIMG8431

調整もだいぶ低めでかなり濃い目のセッティングでしたので

一旦、標準的な深さに戻してから再調整することにします。

CIMG8445

エンジン組み立ての時に付け忘れた?のか点火時期を見るための目盛が付いてないので、

勘ですが・・・、前回遅らせたのですがそれでも10°以上 もしかすると15°くらいかも。。

これだとアイドリングは丁度いいけど負荷かけて走ったときに点火時期が早すぎな感じがします。

(ノーマルのキャブクーパーはバキューム進角無しで5°)

このSUツインのインマニにはバキューム取り出し口がなく デスビ側のバキューム進角パイプには栓がしてありました。

バキューム進角を復活させるべく・・・対策考えます。



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

BlogPaint

12/9

メカ山田です。

今日は、この塞がれてるバキューム進角を復活させます。


BlogPaint

問題は、何処からバキューム進角用のホースを引き出すか。

意外と引き出せる場所がなくて・・・

いろいろと考えた結果、マスタバックに入るバキュームホースに

割り込ませることにしました。


DSCN7478

そのために、事前に準備したジョイント。


DSCN7479

これでバキューム進角復活です !


DSCN7481

試乗では、また少し症状が改善されましたが、2000rpm付近で時々

失火するような症状が出ます。

点火にも、問題があるのかな?・・・


つづく


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002