CIMG0820

AZM様、いらっしゃいませ。

前回、インジェクターナットの取り付けで来店されたAZM様が、

オイルとタペットカバーパッキンの交換でご来店です。

三和さんのSBoMのディナークルーズパーティにお出掛けのマスターの衣装にびっくり・・

担当は、メカ山田です。


DSCN8015

以前は赤いミニに乗られてたAZM様。

今のミニに乗り換えられてから、キャメルでのオイル交換は初めてですね。

オイルはゲージの真ん中あたり、250ccくらい減ってます。


DSCN8016

ガソリン臭はあまりしませんね。  燃料希釈は少ないです。


DSCN8017

DSCN8018

ECUチェックでは、フォルトが2つ


DSCN8019

DSCN8022

DSCN8023

DSCN8024

DSCN8025

DSCN8026

DSCN8027

DSCN8032

どちらのセンサーも、今は正常に作動してますね。

過去のフォルトを消去し忘れたのかな?!


DSCN8035

フォルトは消去しました !

これで様子を見てみましょう。


DSCN8038

オートマはオーバーホールされてるそうですが、


DSCN8046

PECSを装着されてるのにこの鉄粉の量。 気になります・・・

オーバーホール後もコンバーター内部に残留した鉄粉が、ドレーンに多く

付着することがありますが、数回のオイル交換で鉄粉が減ってきます。

AZM様のミニは、今回が4回目のオイル交換ですか?!

そろそろ減ってきてもいい頃ですね。

今後も減らないようならオートマに問題が起こってるかもしれないので、

注意深く観察してくださいね。


DSCN8039

安心点検で見つかった不具合は少ないですね。

左のリヤハブにガタが少々。


DSCN8042

左のタイロッドエンドにも、少しガタがありました。


DSCN8040

ドライブシャフトブーツにグリスが付いてるので、てっきりブーツが切れてる

と思いました。 ところがグリスを拭きとってみても、切れてるところが見つからず・・・

再びグリスが付くようなら、切れてるかもしれませんね。

ここも注意深く観察してくださいね。


DSCN8037

ご用命いただいてるタペットカバーには、僅かにオイル滲みがあります。


DSCN8050

このくらいのオイル滲みでパッキンを交換されるなんて、本当に大切にされてますね !

ミニもAZM様がオーナーで幸せです。


DSCN8051

さて、パッキンを接着剤で貼り付け乾くまでの間、


DSCN8053

バルブクリアランスを調整します !

全体的にクリアランスは、大きくなってますね。

今回は、0.35mmでクリアランスを調整しました。


DSCN8054

そろそろ、接着剤も乾いてきたことでしょう。

タペットカバーを取り付けます !


DSCN8055

パッキンはコルクでできてるので、時間が経つと潰れてこのボルトも緩みます。

緩めばオイル滲みや漏れにもつながるので、時々増し締めしてくださいね。


DSCN8056

作業は、これで終了ですね。

オイルは、プロステージ10W-40をご選択でした。


CIMG0826

AZM様、お待たせしました。

経過観察の必要なところが、2つほどありましたね。

キャメルのオイル交換では毎回点検する箇所なので、分からないようなら

いらしてくださいね !


BlogPaint

本日は、ありがとうございました。



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ

キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002