曽根です


KD様、新車から乗ってる1000㏄AT。。。

えーと2年前の車検が12回目だったから、今回は13回目ね。

BlogPaint

今は毎日乗ってるから、車検でもお別れするのは寂しいわぁ~。。

CIMG2694

調子よかったんで、自分じゃなにも見てませんのでよろしくね。


CIMG2681

リフトの空きがないのでエンジンルームからだけで入庫チェックしますね。

BlogPaint

去年5月のオイル交換から約2000㎞走行。。 オイル量はOKでした。


CIMG2684

うーん、 ガソリン臭はやや強めです。

毎日乗ってるけど、チョイ乗りだけなのが原因ですね。

KD様は2000㎞毎のオイル交換がいいですね。。

CIMG2686

ブレーキオイルはあと一歩で無くなっちゃうくらい減ってました。

これはどっかから漏れてます・・

CIMG2688

ブレーキマスターからの漏れはなさそう・・

あぁ、その下の方にあるプロポーショニングバルブから漏れてました

BlogPaint

奥の方なんで写真ではわかりにくいですが漏れてます。

CIMG2695

オイル交換、水路洗浄、リヤブレーキカップ交換 とさっき見つかったPバルブ交換まではOKいただき、

リフトが空いたら下回りの点検のつづき行います。

しばらく、代車でご辛抱くださいね。。。



メカ山田です。

KD様はお帰りになりましたが、リフトが空きました。

点検の続きを始めます。


DSCN9807

ライトスイッチの交換をご用命でしたが、このスイッチではないですよね?

ディマースイッチに節度感が無く、ハイビームに切り替えることができません・・・


DSCN9808

ベルトにも、細かいヒビ割れが多いですね。


DSCN9812

タイヤのサイドも、ヒビ割れ始めてます。 写真だと分からないかな?・・・


DSCN9814

左のタイロッドにも、大き目のガタがありました。


DSCN9813

オイル漏れは、以前と同じで多めですね。


DSCN9815

穴の開いたマフラーも以前と変わってませんね。

とりあえず今回も補修しておきますね。


BlogPaint

プロポーショニングからのフルード漏れは、バルブは写ってないけど

これなら分かるかな?!  サブフレームとインナーフェンダーがフルードで

濡れてます。  不具合はこんなところですね。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

1/25

メカ山田です。

今日から、作業開始です !


DSCN9881

まずは、ご用命だったライトスイッチを交換します。


DSCN9882

よく焼けてしまうライトスイッチのカプラーに、焼けはありませんでした。

カプラーは交換しないでも大丈夫ですね !


DSCN9883

スイッチは、エクステンション付きの物をご選択でしたね。

操作しやすく、なかなかの優れものです。

ライトスイッチの交換は、これで終了しました !


DSCN9886

続いて、ディマースイッチの交換です。

ディマースイッチを交換するにはコラムカバーを外さなければいけませんが、

オーディオがあり、ネジが1本外れないんですよ・・・


DSCN9887

DSCN9888

オーディオが外れてしまえばいつもと同じ。

コラムカバー、ステアリングを外して、


DSCN9889

スイッチにアクセスできるようになりました !


DSCN9890

ワイパースイッチは再使用するので、新しいスイッチに移設します。


DSCN9892

元通りに復旧すれば、ディマースイッチの交換も終了です。


DSCN9893

ディマースイッチの交換では、オーディオの脱着が一番大変だったかな?!

狭いし、ネジ穴も見づらくて。


DSCN9972

今日はもう一つ、オイル交換も行います。


DSCN9980

ドレーンは、鉄粉も少なく良好 !


DSCN9974

オイルを抜いてる間に、マフラーの穴を補修します。


DSCN9976

DSCN9977

一応穴は塞がりましたが、また穴は開いてしまうんでしょうね・・・


DSCN9981

今回は、SOD-1の注入もご用命です。

シール材を柔らかくする効果があり、オイル漏れの低減が期待できます。

今よりも、オイル漏れが減ると良いですね !


DSCN9982

オイルは、プロステージ10W-40をご選択。

今日は、これで終了です。



1月26日追記

水路洗浄とスリーチェックです。


CIMG3761

今回は洗浄剤使わずにすすぎ洗浄になります。


CIMG2929

室内のチェック。。 ヒーターコアの漏れはありません

CIMG2931

水温上昇させて、サーモスタット、水温計、電動ファンのチェックします。


CIMG2941

75℃~86℃あたりでサーモスタットが開きました。

CIMG2950

サーモの開弁量は良好です。  勢いよく流れ込んでます。

CIMG2943

86℃の時の水温計の針は丁度真ん中でした。




CIMG2945

90℃まで上昇

CIMG2946

この位置が 90℃です。





CIMG2947

CIMG2948

そして、ここが95℃

水温計の動きは問題なさそうですね。


CIMG2949

ついに100℃突破してしまいました!

CIMG2952

しかし、電動ファンは回りません。。。

2年前の車検では、84℃で回り始めてますから明らかに電動ファンは故障です。。。

ファンスイッチなのか、電源なのか、モーター本体なのか、点検が必要です。

ファンスイッチ不良の場合はファンスイッチ付きのコア増しラジエターへの交換をお勧めします。

CIMG2953

100℃の時の水温計の針。。  

水温計は信頼できるので、真ん中より上に行ったら危険だと思ってください。





CIMG2966

排水の汚れは少なく水路は健康ですね。

CIMG2973

クーラントいれて

CIMG2974

鉄エンジンにはコレ、 クーラントブースター

強力防錆、防喰 消泡で水路の健康と冷却をバックアップしてくれます。


水路洗浄とスリーチェック完了です。。

電動ファンの故障は原因分かり次第ご連絡します。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

1/27

メカ山田です。

今日は、電動ファンの点検です。


BlogPaint

簡単なところで、電動ファンスイッチの配線を短絡させてみたいところなのですが、

ロアーホースの途中に付いてるファンスイッチは、奥まってて手が届きづらいです。


BlogPaint

車両下から見たところです。 下からでも、結構厳しそう・・・


DSCN0055

手こずりましたが、何とか配線をはずすことに成功 !

再度付けられるかは、分かりませんが・・・


DSCN0056

点検すると、ファンスイッチまでは電気が来てますね !


DSCN0059

配線を短絡させてみると、電動ファンが作動。

どうやら、電動ファンスイッチ不良が原因のようです。



2月1日追記


BlogPaint

車検終わりました。。

CIMG3464

左のタイロッドも交換済み

CIMG3462

交換した部品、並べてみました。。。

中央に鎮座してるのが前後のブレーキ油圧を振り分ける仕事してるプロポーショニングバルブです。

CIMG3473

電動ファンは夏前に対策することにして、宿題になりました。

完成連絡したら、ちょうど帰る途中だったんですぐに来店いただきました。


CIMG3474

今晩から明日にかけて雪予報が出てますが・・・・

どうか積もらないでください。。

お気をつけて・・・


ありがとうございました。



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002