( ´ー‘)ゞ 寒い冬には白身魚で海鮮キムチ鍋♪1杯やりたいですね~の石川です。

先月オイル交換とCCVS取付したOWT様から昨日ご連絡ありました。


BlogPaint


「LLCがポタポタ滴ってるのでレッカー出動でーす」


CIMG9460


っと言う事でこの方がOWT様の代わりにピース。
「俺ホントはこういうキャラじゃねーんだよな。」

まぁまぁ。固いこと言わずに♪


BlogPaint


降ろして早速ラジエーターを開けてみると。。。
少ないですですが空ではないですねー


CIMG9463


一応心配なので口までLLC入れてエンジンスタート♪


CIMG9464
CIMG9465


これはわかりやすい。
ウォーターポンプから滴っていました。

前回オイル交換の時もラジエーターの汚れが多かったので今回はヒーターコア含む水回りを一新する事に決定ヽ( ´ー`)ノ

只今少々作業が混み合っています。
作業にかかるまで暫くお待ち下さいm(_ _)m



2月18日追記


翌日、

CIMG4648

漏れてますね・・



水回りパーツ交換の前に水路をきれいにしておく必要があります。

BlogPaint

今日の洗浄仲間たち。。  順番にやるから待っててね

CIMG4673

CIMG4674

室内からヒーターコアの漏れ点検。。  大丈夫ですね


CIMG4675

ヒーターバルブを開いてヒーターコアの洗浄できるようにします。

CIMG4670

ラジエターフラッシュ入れてエンジン始動。。。

洗浄開始です。

CIMG4676

水温センサーチェックの為ミニモニ接続。。。  フォルト無しの表示


CIMG4678

まだサーモスタットが開いてないので 水温センサーとラジエターの温度計とは差があります。

今回、水回り一式交換なのでサーモスタットも交換させていただきます

CIMG4696

サーモスタットが開きエンジン側からラジエターに流れ込んできました。

CIMG4698

そこで、温度比較して水温センサーの温度精度チェック。。

エンジン側95℃ ラジエター93℃   水温センサーは良好です


CIMG4699

そのまま96℃まで上昇したところで

CIMG4700

電動ファン回り始めました。


CIMG4701

93℃まで下がったところで


CIMG4702

ストップ

スリーチェックはOKでした。




じゅうぶん洗浄できたので排水します。」

CIMG4710

何年分の汚れでしょうか・・・  スッキリ汚れが出てきました。

CIMG4711

ラジエター逆流で吸い上げ

CIMG4712

ヒーターコアも逆流で吸出します。



CIMG4713

順回転では取れない汚れが出てきましたね。

これで、水回りパーツ交換の準備OKです。

CIMG4714

作業開始までの数日間のためにクーラントは入れておきます。

CIMG4715

リザーブタンクには30%濃度のクーラント入れておきます。


( ‘ω‘ )  2/ 25 石川の追記です。( ‘ω‘ )

お待たせいたしました。
いよいよ作業開始!


DSCF9074


お疲れ様のラジエーター。


DSCF9075


残念なお知らせ。
なるべく使えるようなら再利用と考えていたファンはクラックが深くて安心オートマにするまでもちそうにもありません。。。


DSCF9078


ウォーターポンプもお疲れ様でした。


DSCF9082


きれいなポンプと青いホースはよく冷えそうです^^


DSCF9081


ヒータージョイントパイプはステンレス製に交換します。


DSCF9083


ベルトとテンショナーも新しくします。


DSCF9084


不本意ながら新旧交代の儀。
安心オートマにする時までに緑のファンをゲットしてください。


DSCF9087


ラジエーターはDoトレーディングさんの3コアラジエーターです^^


DSCF9088


作業はヒーターへ


DSCF9089


ヒーターユニットからヒーターコアはずしました^^


DSCF9090


こちら今回新しく入るヒーターコアやヒーターバルブ他。

DSCF9091


今まで出入り口が本体とは別だったのが本体と一体になってタフさアップ!
フィンの熱効率も上がって言うことなしです。


DSCF9093


ヒーターファンレジスターもダメだったので交換します。


DSCF9095


今まで室内にあったヒーターバルブをエンジンルームへ移設。
使うバルブも国産車用を流用で安心ですね。


DSCF9097


LLCを入れてさぁエンジンかけて漏れテスト。


っと思ったらかすかにファンが何かに当たる音が。。。


DSCF9098


ラジエーターブラケットの下にあるエンジンマウントのブラケットがクラック入って悲鳴をあげていました。


DSCF9099


またラジエーター外してマウントまで外し三和トレーディングさんの強化ブラケットへ交換。


DSCF9100


再度戻してLLC入れて水に魔法でおなじみのリキテック投入です♪


( ‘ω‘ )  2/ 26石川の追記です。( ‘ω‘ )


CIMG0357


最後に水の量・漏れ確認して作業完了ですヽ( ´ー`)ノ


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

3/4

メカ山田です。

本日、納車でOWT様がご来店です !


DSCN3505

お子様とお二人で来店されました。 カワイイですね !


DSCN3506

カワイイお子様と、カワイイ愛車に乗ってお帰りですか。

帰り道が、とても楽しくなりそうですね !

くれぐれも、安全運転をお忘れなく。


DSCN3507

本日は、ありがとうございました。





そして 3月15日追記

気になってたリキテックの感想をメールでいただきました。。。

忙しくて返事が遅れ申し訳ありません。

リキテックの感想です。

エンジン音が静かになりました。

これははっきりと体感できます。

お隣さんが神経質な方なので、暖気が静かになって助かってます。

走行中も静かになったため、普段街乗りで2000回転あたりを常用するのですが、

普段の感覚でアクセルを踏んでいると2300回転くらい回してることがあります。

他には、アイドリング中のステアリングの振動が減りました。

中低速のトルクも上がっているような気がしますが、

鈍感なのでプラシーボ効果かもしれません。

個人的には、トルクアップやスピードアップという本来の効果より、

騒音減、振動減の効果に満足しています。

ただちょっと高いかな(笑)

でも次も入れると思います。


Image1

パワーアップのことばかり頭にあったので、静かになるって思ってもいませんでした。

予想外の効果がわかってよかったです。

インプレありがとうございました。






にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002