曽根です。



SBT様、中央高速を走行中にオーバーヒート・・・・

八王子インター降りて、どうしようと思いながらゆっくり走ってたら

あった! MINI専門店だ。

BlogPaint

たまたま通りがかったところにキャメルオートがありました。

いらっしゃいませ。。。

CIMG4594

レーシンググリーンの外装に、アーモンドグリーンの内装にアレンジされてます。

こういう組み合わせもアリですね♪

CIMG4586

水温計はレッドゾーンまで振り切っちゃったとのこと。。。

なんとか乗って帰れるかなぁ・・・

CIMG9533

ちょっと見てみますね。。

CIMG4592

激しくオーバーヒートした形跡。。。   

途中で水は補給したそうですがキャップを開けても水は見えません。



CIMG4587

あぁ~、 ファンベルトが切れちゃってます。

これじゃぁ ウォーターポンプもクーリングファンも回らないからこれが原因でしょうね。


CIMG4588

ベルトが切れた勢いでファンブレードも破損してました。

この時点で応急修理は無理なので、お預かりさせていただくことになりました。

ラジエター脱着するので、ウォータポンプまで含めて水回りパーツの交換するのがよさそうです。

ヘッドガスケット抜けも含めて他にダメージが無いかの点検も必要です。


CIMG4590

ヒータージョイントパイプは純正の樹脂製のままでしたので

今回ステンレス製に交換しましょう。






CIMG4597

すみません。。着工まで少々お時間下さい。。

2週間後の納車を目指します・・・

しばらく代車でご辛抱ください・・・



2月18日追記


水回り交換メニューでご承諾いただきました。

パーツ交換の前にまずは水路洗浄。。。


BlogPaint

今日は洗浄仲間がほかに3台。。。

順番にきれいにしてもらうのを待ってます・・・

BlogPaint

やっと順番が回ってきたぞ・・

BlogPaint

ベルト切れで、ウォーターポンプが回らないので自力では水を循環することが出来ません。

CIMG4723

洗浄剤を入れ、エンジン回して温めながら、少しづつ給水&吸水して強制循環させて洗浄しました。

オーバーヒート後の給水でかなりの冷却水は入れ替わっているはずでしたが、汚れた水が出てきてました・・。

CIMG4725

ラジエター、ヒーターコアから逆流で吸引。。


CIMG4726

ヒーターコアは予想よりは汚れが少なかったですね。

過去に交換歴あるかも。


CIMG4727

リザーブタンクに補水して


CIMG4728

薄めですがクーラント入れておきます。

このあと、圧縮点検などしていきます。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

DSCN2615

2/19

メカ山田です。

今日は、圧縮を点検します。


DSCN2617

1番。


DSCN2618

2番。


DSCN2619

3番。


DSCN2620

4番。

圧縮の抜けてるシリンダーは無く、大事に至らなくて良かったです。


DSCN2627

切れていた黄色のバキュームパイプを交換。


DSCN2628

他のバキュームパイプは切れて無さそうでしたが、しばらく交換されて

ないみたいなので、交換されたほうが良いかもしれませんね。

今日は、これで終了です。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

2/20

メカ山田です。

今日は、オイル交換を行います !


DSCN2667

窓の開閉は良好でした。


DSCN2668

オイルを交換されてから、あまり経ってないのかな?!

汚れは少なく、量もしっかり入ってますね。

しかしオーバーヒートさせてしまったオイルは一気に劣化してますので交換します。


DSCN2669

ガソリン臭も弱く、燃料希釈も少ないですね。


DSCN2679

DSCN2681

ドレーンは、PECSを装着してるかのようにキレイです !

鉄粉が少ないのは、エンジン、ミッションが良好な証。

今回はオイルのみの交換ですが、良好な状態を保つためにも、

次はPECSの装着を検討されてみてはいかがですか?!


DSCN2671

安心点検では、幾つか不具合が見つかりました。

ブレーキマスターからフルードが漏れてますね。

ブレーキだけに、早急に修理したいところです。


DSCN2672

不具合ではありませんが、ヒータージョイントパイプも純正のままのようです。

劣化して時々破裂することがあり、ここも水漏れの多い個所です。

金属製のパイプに交換しておけば安心ですね !


DSCN2673

電動ファンを効率的に作動させるのに、ストーンガードは重要です。

SBT様のミニには、ストーンガードが付いてませんでした。


DSCN2675

右リヤに、少々ハブガタがあります・・・


DSCN2677

右のデフサイドシールにも、結構なオイル漏れがありますね。

ここも、いずれ修理したいところです。

不具合はこんなところでした。


DSCN2685

最後にオイルを入れて、今日は終了です。

オイルは、プロステージ10W-40をご選択です。




2月25日追記


入庫時はベルト切れとオーバーヒートで見れなかったECUデータを見ておきます。

BlogPaint


CIMG5100

吸気温センサーにフォルトが入ってました。  

後ほどリセットして消しておきますので、次回またフォルト入ってたら交換になるかも。

CIMG5101

マルチ画面で5項目チェック

アイドル875回転   アイドル認識OK  O2センサーによる燃調補正OK

スロポジ電圧0.50V  ステップ値56

すべて良好です。

CIMG5103

インマニのバキュームを見てるMAPセンサー

36kpaは許容値ですがやや高めです。

2次エアを吸ってる様子はないです。

タペット音が静かかな・・って気もしますのでバルブクリアランスが少し狭いのかもしれません。

CIMG5104

水温は87℃

CIMG5105

フォルトだった吸気温は35℃を指してますが

35℃はフェールセイフ値でもあるので、今後の状況観察が必要です

CIMG5106

電圧13.9V  

ベルト交換でオルタネーターが復活しました。

CIMG5108

O2センサーは反応してます

CIMG5107

O2センサーの情報から燃調補正は ▲4%

先ほどのMAP値がやや高いのでマイナス方向に補正してる可能性があります。


CIMG5110

最後に、吸気温センサーのフォルト消しておきます。

CIMG5111

次回までノーフォルトが持続してれた良いのですが・・。




そして、SBT様ご来店です。

CIMG5142

リフレッシュした水回りを確認していただきました。

CIMG5114

これで安心。。 

また撮影旅行で日本中行けますねー。


CIMG5144

ありがとうございました。


CIMG5145

またのご来店をお待ちしております。















にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002