曽根です。


前回はガソリン漏れで、メカポンプから電磁ポンプに交換したIKI様のキャブクーパー

クラッチが切れなくなっちゃった・・・ とご連絡ありまして


CIMG4981

任意保険のレッカーサービスで入庫です。

CIMG4983

持つべきものは、どこで故障してもキャメルまで運んでくれるレッカーサービスですね。。

これさえあれば、何が起きて何とかなります。

BlogPaint

MINIだけ搬入なので、IKI様の代わりに、

レッカーのお兄さんが、はいピース!

BlogPaint



CIMG4987

クーラー使わないから外しちゃおう・・・って、前回の納車の時に決めたIKI様

今回のクラッチ修理のついでに外しちゃいましょう。。。

BlogPaint

で、クラッチが切れなくなった原因は

マスターのタンクにフルードが入ってません。。 漏れちゃったようです。

CIMG4988

ウォッシャータンクの下にあるクラッチレリーズの周りにフルードが漏れた跡・・・

レリーズが今回のフルード漏れの主犯です。。。

CIMG4989

クラッチマスターから室内のペダル周辺に漏れるケースもあるので点検。。

室内への漏れは大丈夫ですね。


クラッチは、クラッチマスター&レリーズ、ステンメッシュホースの一式交換しましょう。。。

そして、クーラーユニット外してスッキリしちゃいます。

しばらくお預かりさせてください・・・・・


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

3/2

メカ山田です。

お預かりから、随分経ってしまいました。

IKI様、お待たせしてすみません・・・


DSCN3393

ようやく今日から、作業開始します。

まずは車両を動かせるように、クラッチから作業を開始します。

クラッチマスターとペダルを切り離し、


DSCN3394

ここからエンジンルームの作業を始めようとしたその時、ホースが

プラプラしてるのが目に入りました。

そういえば、ウォッシャーが出ないとか言ってたような・・・


DSCN3396

ホースがウォッシャーノズルから外れてたようです。

ホースを繋ぐと、ウォッシャーは元気にでるようになりましたよ !


DSCN3397

再び、作業はクラッチに戻ります。  まず、フルードを回収。 

リザーバータンクは空に近かったので、ほとんど回収できませんでしたが・・・


BlogPaint

クラッチマスターを外すには、クーラーの低圧ホースが少々邪魔ですね。

そういえば、今回クーラーも外すんでしたね !


DSCN3400

それなら、低圧ホースは先に外してしまいますか。

クーラーガスを回収し、


DSCN3403

低圧ホースが外れました。


DSCN3404

だいぶ手も入れやすくなりましたね。

おかげでマスターの取り外しも、だいぶ楽になったのですが、

いろいろ回り道したので、今日ここまでで時間切れです。

あまり進まなくてすみません・・・


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

3/3

メカ山田です。

今日も、作業は続きます・・・


DSCN3423

今日は昨日の続き、レリーズを外すのですが、コンデンサーが少々邪魔ですね・・・


DSCN3432

DSCN3433

これで、手も楽に入るようになりました !


DSCN3436

新しいレリーズは、インナーキットを日本製に組み替え。


DSCN3437

メッシュホースも、見た目がレーシーで良いですね !


DSCN3438

DSCN3466

組み付けは、これで完了 !


DSCN3467

エアー抜きも行い、これで自走で移動することができるようになりました。


DSCN3468

これまでは、中途半端に部品を外していたクーラーですが、

ここからは、本格的にクーラーの取り外しを開始します !


DSCN3469

エンジンルーム内のパイプは外し終わりましたが、クーラーのハーネスって

思ってたよりも長いんですね・・・  今日は途中までハーネスを外したところで終了。

まだまだ、先は長そうです・・・


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

DSCN3648

3/6

メカ山田です。

エンジンルーム内のハーネスが、ようやく外れました !


DSCN3649

コンプレッサーを外し、オルタネーターをコンプレッサーの位置に移設すれば、

エンジンルームの作業は終わります。


DSCN3650

まず、オルタネーターを摘出。


DSCN3651

コンプレッサーを外すには、テンショナーや、


DSCN3652

コンプレッサーの取り付けブラケットも外さなければなりません。

うーん、外しづらい・・・


DSCN3653

手こずりましたが、コンプレッサーの摘出完了 !


DSCN3657

オルタネーター、コンプレッサーが付いて無いと、実にスッキリ !

とても整備性が良さそうだけど、このままというわけにはいきませんからね・・・


DSCN3658

コンプレッサーブラケットが付いてたところに、新しくオルタネーター

ブラケットを装着。


DSCN3659

これまで2本掛かっていたベルトも、これからは1本になります。


DSCN3661

それに合わせて、オルタネーターのプーリーも変更。


DSCN3680

オルタネーターの移設が終了しました。

だいぶスッキリしましたね !  次回から、車内の作業に入ります。

あっ、電動ファンスイッチの配線を処理し忘れてた・・・・


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

3/8

メカ山田です。

今日は、電動ファンスイッチの配線の処理からスタートです !


BlogPaint

クーラーの配線を割り込ませていたので、カプラーの形状が違うんですよ。

しかも、配線の長さが短くて届かないし・・・


DSCN3710

カプラーは、クーラーの配線から外して再使用することにしました。


DSCN3711

長さが足りなかった電動ファンスイッチの配線は、新たに作り直します。


DSCN3712

ようやくこれで、接続完了 !

エンジンルーム内は、取り外しが終わりました。


DSCN3713

続いて車内です。


DSCN3726

エバポレーターとエンジンルームまでを繋ぐパイプを外せば、


DSCN3727

エバポケースも、あっさりと外れました。

ネジ2本で吊ってるだけなんですね !


DSCN3729

車内のハーネスは、エンジンルームほど長くはなく、簡単に外せました !


DSCN3731

エンジンルームにパイプを通していた穴は、グロメットで塞ぎます。


DSCN3732

クーラーのドレーンホースを通していた穴も、塞ぎ忘れてはいけません !


DSCN3733

外したパネルを戻し、


DSCN3734

クーラーの取り外しが完了しました !

クラッチの作動を点検するため、試乗に行ってきます。


DSCN3735

DSCN3736

試乗では、クラッチの切れも良好 !

各部、フルードの漏れもありませんね。


DSCN3737

気にされてたブレーキですが、外から見るかぎり、フルード漏れは

見当たりませんでした。

フルードも、リザーバーのアッパーレベルまで入っていて、減ってませんね。

ブレーキも、特に問題は無さそうですね。

これで全ての作業が終了しました。 ご来店、お待ちしてます。




3月9日追記

BlogPaint

『クーラー無くなってスッキリしたね。。』

外したクーラーはお持ち帰りしますか?

『もう夏の覚悟はできてるから要らないよ!』


CIMG6085

しかkり切れるクラッチと

クーラー取って軽くなったMINIを堪能して帰るよ。。。

CIMG6086


ありがとうございました

またのご来店をお待ちしております。





にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002