曽根です。


いらっしゃいませCHM様 

今回は車検でご来店ですね

BlogPaint

いやぁ、途中でACC電源が落ちちゃって、ナビも使えなくて遅くなっちゃいました。

前回のオイル交換でも指摘があったヒューズボックスが怪しそうですが、

今回の車検で6連ヒューズボックスに交換するからそれで解決するといいな。


CIMG0202

それと、この前ブログでみたコレ・・・   気になってます。

CIMG5076

水に魔法。。  

水路洗浄する車検の時が注入のチャンス。。

キャメルでは、3代目曽根号しか入れてないですが

人に差をつけるには人より先にやらないと・・・ね。

ということで、今回試してみることに決定。

曽根の太鼓判つき。


CIMG5082

では、車検完了まで代車でご辛抱ください。




2月26日追記

車検の定番・・水路洗浄なんですが、

CIMG5125

去年8月にサーモ交換の前にバッチリ洗浄したので

今回は冷却水入れ替え&スリーチェックでOKですね。

CIMG5126

水の量もOK。。

CIMG5127

冷却水入れ替えの前に水温上げて

サーモスタット  水温センサー 電動ファンのスリーチェックやっておきます。

CIMG5128

水温センサーの温度を見るのにミニモニ繋ぎました。

ECUはノーフォルトですね。


CIMG5130

8月に交換したサーモスタットはバッチリ密閉してくれてます。

エンジン側が83℃まで上がってますが ラジエターはまだ20℃のまま。


CIMG5131

規格どおりの88℃でオープンしたサーモスタット。。

ラジエターに回ってすぐに87℃にダウンしたところ。

BlogPaint

ラジエターには勢いよく流れ込んでます。  開弁量もOK。


CIMG5134

95℃まで上昇したところで

CIMG5135

電動ファン回りだしました。   

フラッシュ点いちゃったんでとファンが止まって見えてますが動いてます


CIMG5136

92℃まで下がったところで

CIMG5137

ファンストップ。

スリーチェックはすべて良好でした。

ここで冷却水を抜いてリキテック注入する予定でしたが、

すみません他の作業が入っちゃったんで車検ラインから戻ってきてから入れ替えます。。




3月1日追記

車検ラインから戻ってきました

リヤブレーキは去年8月にオーバーホールしてたので今回は点検のみでOKでした。

CIMG5390

今日はミニモニでECUライブデータを取ってクーラント入れ替えながら

あのリキテック注入です。。

CIMG5391

フォルトはありません。


CIMG5397

マルチ画面です。

アイドリング855回転  アイドリング認識OK  O2センサーによる燃調補正OK

スロットル電圧0.50V  ステップ値37  すべて良好です。


CIMG5392

水温90℃

CIMG5393

吸気温 40℃

CIMG5394

電圧13.9V


CIMG5395

O2センサー稼働中。。

CIMG5396

燃調補正値  ▲1% 

実際には98~102%前後を行ったり来たりです。



CIMG5419

排水。。 去年8月にはかなり汚れた錆色の水が出てきましたが

今回は大丈夫ですね。。

CIMG5420

ラジエター逆流

CIMG5421

ヒーターコア逆流で吸出し。

CIMG5422

左がヒーターコア 右はラジエターからの逆流水

ヒーターコアが若干汚れてました。


BlogPaint

リザーブタンク内も入れ替えます 

まずはリザーブタンクから抜き取ります。

CIMG5424

前回のリザーブタンクは空っぽでしたが今回は大丈夫。。。

CIMG5425

新しいクーラント補充しておきます。

CIMG5427

クーラント原液を2リットルいれて


CIMG5429

お待ちかねのリキテック注入です。

超微粒子ですがボトルの底に溜まってるので良く振ってから入れます。

CIMG5432

液体の色は・・・・人体には毒っぽいな。。  

飲まないけど。

赤錆を黒錆に変換する効果もあるのでCHM様の場合は一石二鳥。。

CIMG5435

最後にクーラントブースター入れて完了です。



キャメルの周りを軽く一周走ってサーモスタットを開けて水路全体にリキテットを混ぜてきました。


CIMG5437

注入後のミニモニチェック。。

水温90℃


CIMG5442

燃調補正▲3%   96%~100%を行ったり来たり

CIMG5444

アイドル854回転 

スロットル電圧0.50V  ステッパー値34



リキテック注入前 ⇒ 注入後

アイドリング 855rpm ⇒ 854rpm

スロットル電圧 0.50V ⇒ 0.50V

燃調補正 99% ⇒ 97%

ステップ値  37 ⇒ 34

少ない燃料でスロットルバルブの開度は低い方向に変化してはいますが

数値的には誤差の範囲でしょうかねぇ。。

アクセルが軽くなった感じはありますが

納車後のCHM様のインプレッションを待ちましょう。。。


CIMG5436

次はヒューズボックスを4連ガラス管から6連ブレードヒューズに変更する予定です。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

CIMG5608

3/3

メカ山田です。

本日、ヒューズボックスを交換しました。


CIMG5611

これまでのヒューズボックスは、やっぱり裏の端子が腐食してました・・・

やっぱり、ブレードヒューズの方が良いですね !

接触不良の心配も、これで減りますね。


CIMG5613

本日、納車予定のCHM様のミニ。

その前に、RECSを施工します。


DSCN3461

程なくして、薬剤も無くなり施工終了 !


DSCN3462

残る作業は、スタッドレスから、


DSCN3463

夏タイヤへの履き替えです。

作業は、これで全て終了しました。


CIMG5622

夜になり、CHM様ご来店です。 CHM様、お待たせしました。

愛車に乗るのが、待ち遠しかったでしょう。

もう雪も降らないと思います。いっぱいドライブなど楽しんでくださいね !


CIMG5623

本日は、ありがとうございました。



~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

3月4日追記

CHM様からリキテックのインプレッションいただいたので転記させていただきます。


早速、リキテックの感想をメールいたします。

■走行

昨晩 中央高速→高井戸→環八→川崎

本日 中央高速→八王子

   八王子→圏央道→藤沢→国道1号→川崎


約200㎞程度走行。藤沢→川崎は大人4名乗車しました。

■所感

昨晩もエンジン始動時に感じましたが、アイドリング時の音が静かになりました。

今日も帰宅した際もエンジン音、静かでした。

走行については、アクセルを軽く踏んでも力強く走る印象です。

高速では、100㎞、エンジン3000回転前後からの加速のスムーズ差が1番印象に残りました。

大人4名での横浜新道の走行もらくらくでした。

すべて、リキテックのお陰ではないでしょうけど(笑)、

静かさ、
加速のスムーズさは、実感出来ました!


Image1 CHM様 インプレッションありがとうございます。

アクセルを軽く踏んでも力強い・・・ってのは私も同感でした。







にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002