( ´ー‘)ゞ つぼ鯛の塩焼きで芋焼酎♪いいですね~の石川です。


一昨年の10月より久しぶりにTKZ様ご来店ですヽ( ´ー`)ノ
その後異音はありませんか?


BlogPaint


「今回は車検なのだ。よろしくね。」
承知しました。


CIMG0296


とは言え結構車検対策が必要そうですね。。。


CIMG0298


オリジナリティー溢れる排気なので触媒の付け方も苦労しそうです(汗)


CIMG0303


とりあえずハミタイなのでオバフェン貼り付け。
・・・あっサイドマーカーもつけなきゃダメですね(*_*;


2月27日追記

CIMG4086

2週間前の車検下見の時の写真です。

クラッチレリーズから漏れてたので、クラッチマスターと併せて交換です。

Image_c08f72e

右ドライブシャフトブーツはグリスが出てきてしまってました。。。

交換させていただきます。。




3月1日追記


車検ラインから戻ってきたので水路メンテナンスです。

BlogPaint

スリーチェックしながらの冷却水入れ替えのメニューです。

水路洗浄との違いは洗浄剤を使うか使わないか・・です。

ラジエターに温度計を挿してエンジン回して水温上昇させます。

CIMG5380

センターメーターの左側が水温計

キャブ車なので、水温表示はこの水温計だけです。

CIMG5379

ヒーターファンを回すと、エチレングリコールの香りがぷ~んとするのでヒーターコアからの漏れは

始まっているようですが、下から覗いた限りではまで外には漏れてきてないようです。

今後の注意が必要です。


CIMG5381

水温計の針がピクリとちょっとだけ動いたところ

CIMG5383

ラジエターの温度計も少し上昇を始めました。


CIMG5385

 1/5ほど動きました。



CIMG5384

ラジエター側も引きずれてどんどん上昇してます。

サーモスタットの密閉は良くないですが、ラジエターに勢いよく流れ込んできてなので

まぁ、容認できる範囲でしょうか


CIMG5398

ラジエターの温度計が80℃になった時

CIMG5400

アイドリングでもわかるくらいラジエターに流れ込んできました。

サーモスタットの開弁量は大丈夫そうです



CIMG5402

そのまま上昇させて90℃

CIMG5403


水温計の針は半分よりちょっとあがったところ。

このあたりがちょうどいいところです。

CIMG5408

これ以上の温度はキャップを締めない溢れてきます。




更に水温上昇させて

CIMG5411

左フェンダーの隙間からラジエターフィンの温度をみると・・・

103.℃。。。。  

CIMG5413

それでもまだ電動ファンは回りません。

CIMG5417

サーモハウジングあたりで106℃

まだ電動ファン回りません。

もう少し高い温度で作動するのでしょうか・・・ちょっと危険なのでこれ以上のテストは中止しました。

2年前の車検でも同様の指摘されてました。。

ファンスイッチ不良です。  


CIMG5446

キャブ車はインジェクション車と若干ホースの取り回しが違います。

ヒーターに入るホースから給排水して循環させます。

BlogPaint

クーラントに臭いは出始めてましたが錆の色は出てきませんでした。

CIMG5448

ラジエターとヒーターコアは逆流させて引き抜きます。

CIMG5450

右がラジエター  左がヒーターコア

割ときれいでした。 

ただヒーターコアは漏れが始まってるので要注意。。



CIMG5451

クーラント入れて

BlogPaint

鉄エンジンの水路サプリメント クーラントブースター入れて完了。。


BlogPaint

おっと、リザーブタンクに入れなきゃ。。

これで完了。。  

電動ファンスイッチだけ宿題です。




3月3日追記

CIMG5604

お待たせしました。

電動ファンは夏までに何とかしましょう。。。。


CIMG5605

ありがとうございました。













にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002