曽根です。


いよいよ来週3月4日はSBoM第1戦ですね。

ワークスATは昨年末に発覚したエンジン油圧低下のためオーバーホール中で間に合いません。。。

やっぱりオートマ壊れちゃったの? という皆さんの心配を裏切ってオートマは無傷だったのですが

エンジンのメインメタル損傷で新エンジンに載せ替え作戦中です。


CIMG3788

油温対策の大型オイルクーラー取付けまでは決まってますが、

2019年の新レギュレーションに合わせて排気量アップしちゃおうかなぁ・・なんて考えてたら

間に合わなくなってしまいました。。 

オートマは回転数に比例して油温がドンドン上がるので、ギヤ比はノーマルのままで

トルクを太らせて回転上げずに走れるチューニングの方が向いてるんじゃないかと・・・悩み中。

な、わけで、3月4日の第1戦は 『ワークスAT代理のノーマル4F』 で参戦することにしました

BlogPaint


ノーマル4Fの3代目曽根号なんですが、ワークスATの代理なんでスプリントクラスです・・。



で、今日のスタッフミニディはレースに出られるように準備です。

CIMG0397

4点ベルト付けなきゃ・・

CIMG5278

初代曽根号からバケットシート外して付けちゃおう

CIMG5353

おぉ、なんか格好付いてきたぞ。




オイル交換は3週間前にやりました。。。

3代目曽根号を襲名して最初のオイル交換です。

CIMG3519

それまで入ってたオイルは不明・・

CIMG3524

泡が出てるのは良くないですね。  オイル以外の液体混入の可能性ありです。

燃料か水か・・ 

これは腐食摩耗の原因になります。 次回も早めにオイル交換してチェックします。


CIMG3522

ドレンボルトにも鉄粉多し・・・

ミッションはギヤ鳴り、ギヤ抜けなどの症状は出てないので

PECSで摩耗の進行を抑えてもらいます。。

CIMG3225

2次摩耗の主犯は『鉄』 です。

鉄粉をすべて食い止めることで高次摩耗を減らすことができます。。

次回のオイル交換でどのくらい鉄粉が減ってるかお楽しみ。。。


CIMG3527

チョイスしたオイルはWAKO'Sの最新レーシングオイル4CR-SR

0W30 4リットル+ 10W60 1リットルの スーパーブレンド

もちろん、SOD-1は忘れずに。。


CIMG3221

ECUに魔法もかけときます。。

CIMG3219

点火時期3°進めました。 

これは負荷がかかった時だけ進角するようになります。


CIMG3532

このオイル・・・ レスポンスだけじゃなくトルクが太った感じがします。。

前の4CRとは明らかに違います。

ミッションフィーリングも






そして、再び2月27日のスタッフミニディに戻ります。。



3代目曽根号にはセラミックエアーは3回やったし、それも3回目は濃厚なやつだったな。

CIMG5287

乗り心地が変わる・・っていうと最近はセラミックエアーが圧倒的な効果なので

その前のインジェクターナットのことを忘れてました(笑)

静電気で車が変わるのを教えてくれたトヨタのアルミテープは最近の新車に普通に貼ってありますね。。


CIMG4552

水に魔法の『リキテック』も シリンダーや燃焼室、インマニの静電気を除去することで

燃焼効率が上がって速くなる・・・のです。


CIMG5288

ショックの取付ボルトにインジェクターナット付けます。

CIMG5289

動きを止める静電気を取ることでショックアブソーバーの動き出しがスムーズになります。

CIMG5290

フロントショックにも付けて・・


CIMG5296

そうそう、忘れちゃならねー排気管も放電しなきゃ。

流れがあるところに静電気アリ。。  

高速で排気管を流れる排気ガスは静電気によって流れを邪魔されてます。


CIMG5300

早速試乗してみます

CIMG5302

おぉ、セラミックエアーで優しくなった乗り味にさらに磨きがかかった感じ。。


CIMG5303

ちょっと粗いアスファルト路面。。

CIMG5304

ちょっと堅めなビルシュタインB4ですが、

こういう超細かい振動にショックアブソーバーが動き出したような感覚。。

セラミックエアー + インジェクターナット でこんなに変わるんだねぇ。

追従性がよくなればタイヤと地面の接地時間が長くなるからグリップも良くなるってことですね。

となると、筑波のタイムも良くなるってこと・・・・・・・だよね、きっと。








ペダル2

いつもオートマで2ペダルなんで、右足アクセル、左足ブレーキでペダルの踏み替えがないので

足元は窮屈でも気にならなかったんですが、

マニュアル車はペダル操作が忙しいです。。


CIMG5281

踏みかえの時にちょっとした高さの違いで引っかかるんですね。

ブレーキペダルはもう少し奥にいてほしいのでゴム外して薄くしよう。。

ペダルワーク1

アクセル全開からブレーキに移るとき

ペダルワーク2

ブレーキングと同時にアクセル煽って回転を合わせるヒール&トゥ

ブレーキを踏み込んだところと同じくらいの高さにアクセルペダルがあってほしい。。

アクセルを踏むためにブレーキが緩んじゃったら本末転倒だからね。

CIMG0423

ブレーキの効き始める深さが手前になるように

CIMG5327

ブレーキブースターを押すロッドの長さ調整します。





そしてアクセルペダルを離した時の高さももう少し奥にしたい・・

CIMG5332

これアクセルペダルのストッパー

CIMG5336

ちょっと肉盛りして調整。。


BlogPaint


ペダル高さ調整後

ブレーキの効き始めは手前にして、アクセルペダルは少し奥に。。

イイ感じになりました。

ペダル位置変更後ヒール&トゥ

ブレーキを強く踏んだところと同じ高さにアクセルペダルがきたんでブレーキが緩まないです。

CIMG5344

こりゃぁ、本庄のタイムがまた縮んじゃうかも・・・・



CIMG5348

準備バッチリOK牧場だ。

では、3月4日筑波で会いましょう。。




3月2日追記・・・・

ストックヴィンテージさんから何か届きました。

CIMG5454

なんだコレ・・・

CIMG5456

今日の予定は・・・・・  これ取り付けちゃおうっと。






にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002