CIMG0842

メカ山田です。

前回、オイル交換で来店されたKBY様。

2年に1度の車検の時期がやってきました。


DSCN3744

早速、入庫チェックします。

車高は、余裕でクリアのとても良い子です !


DSCN3741

灯火は、リヤフォグランプが点灯しませんね・・・


DSCN3745

ECUチェックは、今回もノーフォルトです !


DSCN3746

DSCN3747

DSCN3748

DSCN3749

DSCN3750

DSCN3751

DSCN3752

DSCN3755

センサー値も、依然良好な状態が続いてますね。

お車は、とても調子良さそうです !


DSCN3760

前回のオイル交換から、あまり乗られてないんですね。

不具合は、その時とあまり変わらず、右アッパージョイントにガタが少々。

右フロントショックからも、依然オイル漏れは続いてます・・・


DSCN3762

今回、新たに見つかったのは、エンジンからのオイル漏れです。

1番シリンダーの横辺り。

シリンダーヘッドとブロックの間からでしょうか、そこそこの量のオイルが漏れてます・・・


BlogPaint

お車を大切にされてるので、不具合は全体的に少ないですが、

ここはKBY様も気になるご様子・・・


DSCN3767

点灯しなかったリヤフォグランプは、使用されてないそうなので外すことになりました。


CIMG6082

ヘッドガスケットの交換をすぐに決断される辺り、とても大切にされてるのが分かります。

愛車としばらくお別れなのは寂しいでしょうが、元気になって戻ってくる愛車を

楽しみにおまちくださいね。  お車、お預かりします。








まずは車検の定番メニュー水路洗浄から開始です。

CIMG6089

一本 飲っちゃいます

CIMG6090

その前に室内のヒーターユニットを下から覗いて漏れチェック。。。

大丈夫ですね。


CIMG6091

ヒーターコアの洗浄するのにヒーターコック開けます

CIMG6093

さっきのラジエターフラッシュ。。 まぁまぁ 1杯やろうや。。♪♪

メカに優しく汚れに強いヤツです。



そしてエンジン回して洗浄開始。

CIMG6098

スリーチェック項目の一つ目  サーモスタットチェック。

エンジン側が85℃まで上昇しても ラジエターは18℃のまま。。

サーモスタットの密閉度は超優秀。。


CIMG6100

そして規定温度の88℃でキチッとサーモオープン

CIMG6101

ラジエターに流れ込む水量も充分で サーモスタットの開弁量も良好


CIMG6103

水温センサーの温度精度もバッチリ。。


CIMG6104

そして95℃まで上昇したところで

CIMG6105

電動ファンスタート


CIMG6106

90℃まで下がったところで

CIMG6107

電動ファンストップ

サーモ  水温センサー 電動ファンの スリーチェックはすべてOK!


CIMG6109

前回の車検でも水路洗浄行ってるので水の臭いも少なく

汚れも最小限。。

水路メンテナンスがいいと鉄エンジンでもきれいに保つことが出来ます。

CIMG6110

ラジエター口から逆流で吸出し

CIMG6111

バイパスホースの流れを止め、ヒーターコアだけから吸い出して汚れを出します。


CIMG6112

左はヒーターコア逆流水   右がラジエター

若干、ヒーターコアからは汚れが出ました。

これからも、定期的な洗浄で水路の健康守っていってください。

CIMG6113

原液のクーラントを2リットル

CIMG6114

クーラントブースターは忘れず入れます。

強力防錆 防蝕  消泡作用で 水路の健康と冷却力アップ

CIMG6115

リザーブタンクにもクーラント入れて水路洗浄は完了です。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

DSCN4086

3/15

メカ山田です。

今日は、オイル交換とPECSを清掃します !


BlogPaint

以前から、ドレーンの鉄粉は多めのKBY様のミニ。


DSCN4099

依然、鉄粉の多い状態は続いてます・・・


DSCN4091

早めのPECS清掃をお勧めしていて、今回PECSの清掃を行うことになりました。

分解してみると鉄粉の量はそれほど多くありませんが、装着後2500kmで

この量と考えるとやっぱり多めでしょうか・・・

今後PECSの清掃は、6000kmおきには行う必要があるでしょう。


DSCN4092

PECSは清掃したので、次回の清掃は6000km後までには行いたいところです。


DSCN4097

次のオイル交換では清掃しなくても良さそうですが、その次の

オイル交換では清掃を行いましょうか。


DSCN4101

オイルは前回と同じ、プロステージ10w-40です。


DSCN4104

最後にワイパーを交換し、本日は終了です。

この後、車検に出発します。



ヽ(*´ω`*)  3/ 18 石川の追記です。 (*´ω`*)ノ


BlogPaint
BlogPaint


車検証はまだですがミニが車検工場から戻ってきたのでチェックします(`・ω・´)ゞ


CIMG1616


その前に。
忘れるといけないのでフューエルワン積んでおきます(`・ω・´)ゞ


CIMG1619


今度の車検の時にはダウンパイプも交換するようですねー


CIMG1620


ヘッドからの漏れが無くなってスッキリ綺麗ですね~(*´ー`*)

それは良いんですがなんだかさっきからエンジン回転数が高いです。。


BlogPaint


1553rpm!
スロットル電圧が1.02Vと高い数値を出しています。。
(通常0.46~0.50V0.40V台付近)


CIMG1624


水温も十分上がっていますしおかしいですねー


BlogPaint


コネクター外して接点お掃除します。


BlogPaint


ついでにステッパーモーターの方も掃除してみます。
これで直ってくれれば嬉しいんですけどねー


BlogPaint


スロットル電圧が0.80Vまで下がりましたがまだまだ高いです。


CIMG6835


う~ん。
アイドリングは下がりましたがまだまだ電圧の高いポテンショ。
KBY様に連絡したら「んじゃー替えといて♪」


CIMG1638


早速交換します。
こちらお疲れ様のポテンショ。


CIMG1644


こちらはカーセールアオキさんで作ってくれたニューポテンショ。
通称お尻ペンペン(笑)


CIMG1650


一応ECUはフルリセットします。


CIMG1652


エンジンかけて水温が十分に上がったら。。。


CIMG1655


電圧の調整します。
これでまた暫く様子見ましょう^^


ヽ(*´ω`*)  3/ 19 石川の追記です。 (*´ω`*)ノ


CIMG1662


最終チェックします。


BlogPaint


十分に水温を上げてからチェック。


BlogPaint


エンジン回転数 846rpm アイドリング状態で学習中。
スロットル電圧 0.42Vでステッパー値26

問題ないですねー^^
車検証も届きましたのでRECSを除いて全て完了です。

ご来店の日程がわかりましたら教えてください。
そこに合わせてRECS施工します(`・ω・´)ゞ


ヽ(*´ω`*)  3/ 22 石川の追記です。 (*´ω`*)ノ


BlogPaint


本日ご来店になるとのこと!
朝からMCZ様と並んでRECS施工ですヽ( ´ー`)ノ


CIMG1911


KBY様ご来店ですヽ( ´ー`)ノ
雪が降った昨日じゃなくって良かったですね♪

CIMG7069


今日はもちろん少し遠回りしてお帰りですよね~
久しぶりの愛機をタップリ堪能してくださいね^^

CIMG7070


ありがとうございました~ヽ( ´ー`)ノ



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ


キャメルオート オンラインショップ






ニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002