CIMG1119

メカ山田です。

前回、RECSの施工で来店されたHDA様がご来店です。


DSCN3915

今日は、オイル交換と熱線の点検で来店されました。


DSCN3916

キャメルでのオイル交換は、今回で2回目です。

9か月振りのオイル交換、あまり乗られてないんですね・・・


DSCN3917

あれから3300kmほど走行されたみたいですが、オイルが減ってない

のは優秀ですね !


DSCN3918

ガソリン臭は、若干強めか・・・


DSCN3919

前回オイル交換では、フォルトが3つ入ってたECUチェック。

今回はノーフォルトと、こちらも優秀です !


DSCN3920

DSCN3921

DSCN3922

DSCN3923

DSCN3924

DSCN3925

DSCN3926

DSCN3930

各センサーの数値も、全て基準値内で問題ありません。


DSCN3934

前回はオイルのみの交換でしたが、今回はオイルフィルターも交換します。


DSCN3955

ドレーンの鉄粉は、PECSを装着してないオートマ車の標準的な量ですね。


カルテ

前回と比べてみても変化は見られず、前進時にオートマに若干タイムラグ

があるものの、大きな問題は起きてないことが伺えますね。


DSCN3937

装着を楽しみにされてたPECS、今回取り付けご用命です !

オートマ車には湿式多板クラッチやブレーキバンドの清浄作用と浸透作用による

表面張力で密着力よくして寿命を伸ばす効果が期待できます。

何より、ドレーンの鉄粉がどのくらい減るのか、こちらも楽しみですね。


BlogPaint

さて、リフトアップすると、ボディーに錆び止めを塗り始めたHDA様。

細かいところまで、チェックされてますね。

ピカピカのボディーからも、大切にされてることがよく分かります !


BlogPaint

点検では、リヤマフラーにクラックがあり、そろそろ交換時期でしょう。


DSCN3941

左右のデフサイドシールにオイル漏れがありますが、


DSCN3943

ヒビ割れの大きいドライブシャフトブーツと同時に、修理されるのが良いでしょう。


DSCN3946

他にもナイロンベアリングの摩耗など、不具合は幾つかありますが、

一つずつ確実に修理していきましょう。


DSCN3957

今回はPECSだけの効果が見たいということで、SOD-1の注入は見送りです。

オイルは、プロステージ10W-40をご選択になりました。


DSCN3960

さて、熱線が効かないということなので点検します。

熱線までは電気が来てるので、電源は問題無し。


DSCN3961

反対側まで電気が来るので、熱線自体も断線は無さそうですね。


DSCN3962

一度剥がれて貼り直した端子が、熱線と接触してないのが原因みたいですね。

ご自分で、ハンダで修理にチャレンジするんですか?!

頑張ってくださいね !


CIMG1118

HDA様、お待たせしました。

熱線は直るのか、次回来店されるのが楽しみになりました。

次は、ドライブシャフトブーツとデフサイドシールの交換かな?


DSCN3974

ご来店、お待ちしてますね !  本日は、ありがとうございました。



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002